南海高野線、大和川鉄橋での撮影が続きます

撮影日記9月24日(日)その4、南海電鉄高野線・浅香山

南海高野線の大和川鉄橋での撮影が続きます。

ここまで来る機会がないので、撮れるだけ撮っておくつもりです。


173925_1_201710090804475a5.jpg

南海電鉄高野線・浅香山~我孫子前

鉄橋の下に降りて見上げるように撮影です。

どこから撮っても絵になる鉄橋です。

それにしてもハッピーベアルが来ません。


173926_1.jpg

地元の南海ファンにとっては見慣れた車両ばかりですが、
近鉄ファンにとっては撮影意欲が湧く車両です。


173927_1_201710090804526f3.jpg

地元の近鉄電車だったら、撮り尽くした感があるのですが、
南海電車では、まだまだ撮り足りない気分です。


173928_1_20171009080454bf6.jpg

あまり好みではないステンレス車ですが、
こうして撮ると、結構イケている車両です。


173929_1_20171009080455852.jpg

見上げれば青い空と赤い鉄橋

今日は撮影日和です。


173930_1_20171009080452b34.jpg

次は、どこで撮ろうかな?

と言っても、鉄橋ネタ以外に撮影ポイントがありません。

再び土手に戻ります。


173931_1_201710090804585ec.jpg

標準6両編成に2両の増結で8両編成。

乗客の規模から考えると妥当な編成なのでしょう。

首都圏と違って、大阪と言えども長大編成が必要なほどの人口がありません。


173932_1_20171009080455147.jpg

2両×4=8両編成

編成の組み合わせが面白いのは、南海も近鉄も同じです。


173933_1.jpg

萩ノ茶屋駅で撮った泉北ライナーが、和泉中央駅で折り返して難波へ向かいます。

難波折り返しまで、待つことにします。



南海高野線・浅香山、大和川を渡る南海電車です

撮影日記9月24日(日)その3、南海電鉄高野線・浅香山

南海電車&泉北高速鉄道のヘッドマーク撮り、

萩ノ茶屋の後は、定番の大和川鉄橋です。


173907_1.jpg

南海電鉄高野線・浅香山駅

「前方後円墳型」ヘッドヘッドマーク付きの電車を浅香山駅で下車。

駅から徒歩10分余りで大和川鉄橋に着きます。


173908_1.jpg

浅香山~我孫子前

まずは、鉄橋を見通せる土手から撮影開始です。

天気がいいので、ここでヘッドマーク付きや泉北ライナーなど、たっぷり撮る予定です。


173913_1.jpg

バックの高圧線鉄塔がネックです。

できるだけ架線柱で隠すのがポイントです。


173920_1.jpg

天気のいい日はステンレスカーが映えます。

コルゲートの波板がレトロ感いっぱいです。


173915_1.jpg

雲一つない快晴の空です。

なにをしても気持ちのいい日です。

スポーツでもハイキングでも鉄撮りでも、
好きなことは人それぞれです。


173917_1.jpg

美しいレトロな鉄橋なのですが、黄色い待避所が目障りです。

長い鉄橋を渡る鉄道の作業員用なので、やむ得ません。


173909_1.jpg

「こうや」通過

橋本以南の高野山付近で撮るのとは違った印象です。

赤と白のツートンカラーが鮮やかです。


173914_1.jpg

次々と電車が鉄橋を渡ってきます。

ひたすらシャッターを切るだけです。


173923_1.jpg

11000系泉北ライナーが難波に向かっていきました。

折り返しを撮る計画です。


173918_1.jpg

何か同じような車両を同じような構図で撮っているような気がします。

まだまだ大和川鉄橋での撮影は続きます。

南海電鉄・萩ノ茶屋、ナンバ折り返しを待ちます

撮影日記9月24日(日)その2、南海電鉄・萩ノ茶屋駅

萩ノ茶屋駅ホーム端での駅撮りが続きます。

難波駅に行ったお目当てのカン付きが戻ってくるまで、しばらく待ちます。

ラピートのラッピングやリバイバルカラーの電車が走っていたころの賑わいはありません。

静かな朝の駅です。


173896_1.jpg

南海電鉄・萩ノ茶屋駅

泉北高速鉄道の電車もナンバまで乗り入れています。

ここのホームでは正面編成が撮れないので後追いです。


173897_1.jpg

朝のラッシュなので電車は頻繁にやってくるのですが、
ダイヤの都合なのか並走することはほとんどありません。


173891_1.jpg

暇なので難波のビル群をバックに縦イチで。


173898_1.jpg

「古墳型」ヘッドマークです。

本線では何編成かに付いているようです。


173901_1.jpg

「コレ なんかいいネ!号」カン付きです。

車内にも何かネタがあるそうですが、乗っていないので知りません。


173902_1.jpg

ようやく泉北ライナー12000系がやってきました。

朝日にゴールデンカラーが輝いています。

8月の増発で11000系も運用しているのですが、
こちらは浅香山で撮る予定です。


173903_1.jpg

7000系のフォーバーは遠い昔です。

7100系は今でもがんばっています。


173904_1.jpg

高野線の「古墳型」ヘッドマークがナンバから折り返してやってきました。

これに乗って浅香山に向かいます。

南海電鉄・萩ノ茶屋駅、古墳型カンなどなど

撮影日記9月24日(日)その1、南海電鉄・萩ノ茶屋駅

関西の私鉄は近鉄だけでなく、阪急、阪神、京阪、南海と、
撮りごたえのある車両が走っています。

いつもはお手軽な近所の近鉄電車ですが、
カン付きやラッピング車などのネタ車のときは、他の私鉄を撮るようにしています。

で、
最近は、南海電鉄では多くのカン付き編成が運行しています。


173880_1.jpg

南海電鉄・萩ノ茶屋駅

いつもの駅撮り定番ポイントです。

早朝7時代なのでビルの影が路線に落ちており、撮影には厳しい状況です。

影の隙間、太陽が当たっているところでワンショット。


173884_1.jpg

先頭車両、左下の小さなカンは「前方後円墳型ヘッドマーク」です。

「百舌鳥・古市古墳群」の世界文化遺産国内推薦決定記念号です。

1月31日まで付いているそうです。

南海高野線や阪堺電車にもついています。


173888_1.jpg

後追いですが、泉北ライナー12000系です。

ゴールドに輝く美しいボディですが、
毎朝の通勤には刺激的なカラーです。

難波駅折り返しを狙います。


173882_1.jpg

縦イチ先頭車両4連ちゃん

まずは南海電車伝統のステンレス車6300系です。

サイドの波板がちょっとレトロで好きな車両です。

まだまだ現役です。


173885_1.jpg

次は切妻型の6500系です。

流線形は遠い昔ですが、切妻型も少なくなってきました。

ひと昔前に流行したデザインです。


173889_1.jpg

泉北高速鉄道の車両も乗り入れています。

今日の目的のひとつはラストランの「ハッピーベアル」ですが、
この駅ではやってきませんでした。


173890_1.jpg

高野線のカン付きを待っているのですが、なかなかやってきません。

今日はあちこち回る計画なので、あまり粘っても仕方ありません。


173893_1.jpg

6300系の「古墳型」カン付きがやってきました。

とてもちっちゃなヘッドマークなのですが、
聞くところでは、昔の行先表示板のサイズだそうです。

大きくしても支障がないと思うのですが。


173894_1.jpg

難波行きを見送って、折り返しを待つことにします。

近鉄吉野線・市尾、台風が過ぎ去った日です

台風が過ぎ去った日

天空へ黒の大王が帰り、

土砂降りの雨は止み、暴風は治まり、
空には雲の隙間から青空が見えはじめ、

川の濁流は再び清らかな水が流れ、
田畑や住宅の水がひき、

太陽の日差しを浴びて、
人々は日々の暮らしを始めました。


撮影日記9月18日(月・祝)その1、近鉄吉野線・市尾

台風が近畿地方から通り過ぎた日、

いつもの市尾の撮影地に出かけました。


173867_1.jpg

近鉄吉野線・市尾~壺阪山

台風一過の青空とはならず、空には雲が覆っています。

抜けるような青を期待したのですけど。


173868_1.jpg

台風の影響が一段落したら稲刈りの準備が始まります。


173869_1.jpg

薄っすらと金剛山と葛城山が見てきました。


173870_1.jpg

台風の風にも負けず稲が倒れることはありませんでした。

よかった!


173872_1.jpg

青空が見えてきました。

午後から晴れてきそうです。


173874_1.jpg

田んぼの畦を見ていると曼珠沙華が咲いています。

今が満開のようです。
ランキングに参加しています
にほんブログ村 鉄道ブログへ
鉄道コム
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
プロフィール

yakuちゃん

Author:yakuちゃん
奈良在住の撮り鉄&チャリ鉄です。88(ハチハチ:だいたいとか、よい加減とかの意味)気分で、撮影日記を中心に(できるだけ)毎日更新しています。

最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる