FC2ブログ

四日市港線、DF200とスイッチャーの交換です

撮影日記10月1日(火)その2、四日市港線

JR四日市から四日市港線を通り太平洋セメント四日市工場への送り込みです。

DF200牽引のセメント列車は末広橋梁を渡って、太平洋セメントのスイッチャと交換します。


196042_1.jpg

四日市港線・末広橋梁

DF200牽引のセメント列車が静々と橋梁を渡っていきます。


196044_1.jpg

長いセメント列車がゆっくりと渡り、橋の途中で一旦停止です。


196046_1.jpg

末広橋梁を渡ったDF200のセメント列車は待避線で切り離します。

セメント工場内にはDF200は入りません。


196048_1.jpg

待機しているスイッチャーと交換です。


196051_1.jpg

帰りのセメント列車を牽引したスイッチャーが来ました。


196052_1.jpg

DF200が牽引してきたセメント列車と入換です。

スイッチャーはJR線には入りません。


196055_1.jpg

スイッチャーを見送ってから、


196057_1.jpg

ポイントを切り替えてDF200がセメント列車に向かいます。


196060_1.jpg

DD51が牽引していた時代は終わりましたが、
重量級のDF200は間近で見ていると迫力があります。


196063_1.jpg

空のセメント列車を牽引して四日市から富田へと向かいます。

富田から東藤原までは三岐鉄道のED重連が牽引します。


196067_1.jpg

RED BEAR。

北海道専用だと思っていたら、まさか四日市で運用につくとは想像できません。


196071_1.jpg

再び末広橋梁を渡って四日市に向かいます。


196072_1.jpg

スイッチャーは石灰石を積んだセメント列車を工場内まで運びます。


196077_1.jpg

見ているだけでも楽しい入換作業です。

では四日市に戻ることにします。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ランキングに参加しています
鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 近鉄線へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター
プロフィール

まほろばyagi

Author:まほろばyagi
奈良在住の撮り鉄&チャリ鉄です。88(ハチハチ:だいたいとか、よい加減とかの意味)気分で、撮影日記を中心に(できるだけ)毎日更新しています。SINCE 2012年3月