JR予土線、再び第一三島沈下橋に戻ってきました

撮影日記9月10日(土)その5、JR予土線・土佐昭和

屋敷峠での撮影のあと、
たっぷり1時間歩いて再び朝イチに撮った第一三島沈下橋に戻ってきました。

ここで2本の列車を撮る計画です。

一日に数本しか撮影機会のないローカル線なので、綿密に撮影計画を立てました。

いつもの近鉄沿線なら、通過時間を気にしなくてもよい反面、集中力も低いのですが、
ここでは1発必中で集中しています。


163522_1.jpg

JR予土線・土佐昭和~土佐大正

第一三島沈下橋を上の道路から撮影します。

お目当ては「しまんトロッコ」です。

黄色い車体が自然の景色のなかで映えています。


163524_1.jpg

無蓋車改造のオープンカーにはたくさんの乗客

気持のいい風を受けているのでしょうね。

撮っているほうは強烈な太陽の下でヘトヘトです。


163526_1.jpg

あと1本撮るチャンスがあります。

もうしばらくここで粘るのですが、日陰を探して一時退散します。

今年は9月になっても熱中症が心配な天気です。

雨で悲惨な撮影になることを思えば晴れの日に感謝です。


163530_1.jpg

単行のキハがスピードを上げて駆け抜けていきました。

聞くところでは、予土線は地元の人の利用が少なく、観光路線で生き残るしかないそうです。

撮り鉄も自動車で移動するだけでなく、列車に乗ってほしいものです。


163531_1.jpg

鉄橋の下ではラフティングの準備

水を浴びながら急流下りは気持いいのでしょうね

撮り鉄は炎天下の下でカメラを構えています。

好きなこと、楽しいことは人それぞれです。


163532_1.jpg

鉄橋を渡りキハがトンネルへと消えていきました。

あっと言う間の四万十の撮影も終わりです。

列車を待っている時間のほうが長かったようで、
いつもの時間に追われたあわただしい撮影ではありません。

ローカル線はこれでなくっちゃね


163534_1.jpg

土佐昭和駅

やってきた列車は「かっぱうようよ号」です。

これに乗って次の撮影地に向かいます。

さて、どんな車内でしょうか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ランキングに参加しています
にほんブログ村 鉄道ブログへ
鉄道コム
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール

yakuちゃん

Author:yakuちゃん
奈良在住の撮り鉄&チャリ鉄です。88(ハチハチ:だいたいとか、よい加減とかの意味)気分で、撮影日記を中心に(できるだけ)毎日更新しています。

最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる