京都鉄道博物館、京都市電もたっぷりと

撮影日記7月3日(日)その9、京都鉄道博物館

京都鉄道博物館の撮影も最終回です。

屋外から屋内へ、さらに扇形庫を回った後、
博物館の外に保存している京都市電を撮影です。


162675_1.jpg

京都鉄道博物館外

屋根はありませんが、総合案内所として美しく保存されています。

現役の京都市電を見たければ広島に行けば会えます。

もう一度、広電に行きたいなあ~


162846_1.jpg

形式の異なる4両の市電も保存展示されています。

一部は店舗となっているのですが、
典型的なおさがりの車両の活用方法です。

ちょっと痛々しい気がしますが・・・


162847_1.jpg

京都市電といっても形が異なるようです。

現役時代はまったく意識したことはなく、どれも同じ形式だと思っていました。

根っからの車両鉄ではないので・・・


162850_1.jpg

室内に入ることができる車両もあります。

木製の床がいい雰囲気です。

有機物に愛着がわくのは人間も生物だからでしょうか。


162852_1.jpg

京都市電が全廃になってから何十年たったことでしょう。

遠い昔のことを記憶している人も少なくなりました。

再び京都の街に路面電車が走る時代が来てほしいものです。


162835_1.jpg

最初に登場した路面電車の復元車両です。

てっきり展示保存だと思っていたら、発車の合図です。

どうやらお客さんを乗せて動くようですが、架線がないのですが。


162838_1.jpg

チンチン電車の乗り場です。

わずが数分の乗車ですが、気分は明治時代にタイムスリップできるようです。


162840_1.jpg

こちらは現存車両の静態保存のようです。

自転車で走ったほうが早いような気もします。


162843_1.jpg

架線のない路線を路面電車がやってきました。

バッテリーとモーターで動いているようです。


今日は半日かけて、たっぷりと京都鉄道博物館を堪能できました。

今度、来るときには新しい展示車両が入ったときになりそうです。

やっぱり現役で働く鉄道が好きです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ランキングに参加しています
にほんブログ村 鉄道ブログへ
鉄道コム
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
プロフィール

yakuちゃん

Author:yakuちゃん
奈良在住の撮り鉄&チャリ鉄です。88(ハチハチ:だいたいとか、よい加減とかの意味)気分で、撮影日記を中心に(できるだけ)毎日更新しています。

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる