FC2ブログ

これから東京に行ってきます

これから飛行機に乗って東京に行ってきます。

お目当ては東京モーターショーとハローウィンです。

鉄撮りは少しぐらいはできるかなあ~


071665_1.jpg

東京メトロ丸の内線/JR中央線・御茶ノ水(2007.11.28撮影)
スポンサーサイト



京阪・大和田、「洛楽」まで粘ります

撮影日記10月20日(日)その2、京阪電鉄・大和田駅

大和田駅下りホーム京橋寄りでの撮影が続きます。

京阪ファミリーレールフェアは9時30分にオープンするので、
時間つぶしも兼ねて1本目の「洛楽」まで粘ります。


196508_1.jpg

京阪電鉄・大和田駅

「樟葉行き準急」

9000系、形式番号がインフレになっています。


196510_1.jpg

「中之島行き普通」のヨコを「淀屋橋行き特急」が追い越していきます。

萱嶋までは複々線です。


196511_1.jpg

「出町柳行き普通」

10000系、形式番号が一桁あがりました。


196512_1.jpg

「出町柳行き特急」

3000系、今日はカンがついていません。


196513_1.jpg

「枚方市行き準急」

6000系、どんな車両でも前パンはカッコイイものです。


196515_1.jpg

「淀屋橋行き普通」を「淀屋橋行き特急」が追い越していきます。

ダイヤの都合からか、このパターンが多いようです。

196517_1.jpg

「淀屋橋行き準急」

9000系です。

ここ大和田駅下りホームでは出町柳行上り列車はS字カーブ、
淀屋橋行き下り列車はアウトカーブで撮ることができます。


196520_1.jpg

「区間急行」

13000系、「関西ラーメンダービー」のヘッドマーク付きです。


196525_1.jpg

3000系と6000系が並びました。


196530_1.jpg

「出町柳行き特急・洛楽」

本日1本目の「洛楽」、このあと30分間隔で「洛楽」が運行していますが、

ファミリーレールフェアの会場へ向かいます。


京阪・大和田、京阪電車を特急から普通まで

撮影日記10月20日(日)その1、京阪電鉄・大和田駅

今週、来週と鉄道会社のイベントが続きます。

今日は京阪ファミリーレールフェアに行く前に、
大和田駅で特急から普通まで京阪電車を撮りました。


196496_1.jpg

京阪電鉄・大和田駅

枚方市行き準急

5扉車の5000系です。


196497_1.jpg

出町柳行き普通

1000系です。


196498_1.jpg

淀屋橋行き準急

丸いヘッドライトが可愛い2200系です。


196500_1.jpg

普通、液晶が切れているので行先がわかりません。

6000系です。


196501_1.jpg

枚方市行き準急

2400系です。

2200系とデザインはあまり変わりません。


196502_1.jpg

淀屋橋行き特急

3000系です。


196504_1.jpg

中之島行き普通

VVVFの7000系です。


196505_1.jpg

出町柳行き特急

8000系です。

プレミアムカーもダブルデッカーもついています。


196506_1.jpg

淀屋橋行き急行

6000系です。


196507_1.jpg

萱嶋行き区間急行

5扉車の5000系です。

京阪電車の撮影はまだまだ続きます。

近鉄大阪線・大和八木、特急から普通まで

撮影日記10月19日(土)、近鉄大阪線・大和八木

「きんてつ鉄道まつり」の団体旅行「あおぞら」を撮りに近所の大和八木駅近くの踏切へ。

特急から普通まで近鉄電車を全部撮りです。

早朝の展示車両の送り込みには間に合いませんでした。


196478_1.jpg

近鉄大阪線・大和八木~耳成

「快速急行」

五位堂から鶴橋まではノンストップです。

土曜日なので10両編成ではありません。


196480_1.jpg

「区間準急」

五位堂以東はぼほ各駅停車です。

シリーズ21です。


196482_1.jpg

「鮮魚列車」

まだ方向幕は修理ができていないようで、上本町寄りはカンをつけています。


196483_1.jpg

「急行」

桜井以東はほぼ各駅停車です。


196484_1.jpg

「普通」

準急と停車駅がほぼ同じなので、意外と運用は少ないようです。


196485_1.jpg

「特急」

リニューアルエースです。

今ではリニューアルと呼ばなくなっています。


196487_1.jpg

「アーバンライナー」

こちらはプラスではなくネクストです。


196489_1.jpg

「特急」

リニューアルビスタです。

この形式以降、ダブルデッカーは製造されていません。


196490_1.jpg

大和八木駅に到着・発車する電車が頻繁にやってきますが、
意外と並ぶことはありません。


196492_1.jpg

「あおぞらⅡ」

「きんてつ鉄道まつり」の団体旅行です。

今日は「まつり」に行けないので、明日に行く予定です。


近鉄南大阪線、二上山と稲穂です

撮影日記10月16日(水)、近鉄南大阪線・二上山

朝からポカポカ陽気、チャリ鉄日和です。

二上山麓の田んぼは稲刈り間際です。


196445_1.jpg

近鉄南大阪線・坊城~浮孔

二上山に行く前に坊城近くの田んぼに寄り道しました。

線路際の雑草が伸びて撮影には向きません。

平日の朝限定の8両編成特急だけ撮って二上山へと向かいます。


196450_1.jpg

二上神社口~当麻寺

朝の快晴、スッキリと二上山が抜けています。

麓の田んぼは黄金色です。


196451_1.jpg

雲ひとつない気持ちのいい青空です。


196453_1.jpg

周辺の田んぼでは稲刈りが始まっています。

そろそろコンバインが動き出します。


196458_1.jpg

二上山から当麻を経て葛城山へと連なる山脈です。

トレッキングコースとしても人気があるそうです。


196459_1.jpg

南大阪線で唯一の混色特急が駆け抜けていきます。

来年の秋には見ることができなのでしょう。


196460_1.jpg

「あすか万葉トレイン」が来ました。

なぜか吉野線で撮ったことがありません。


196464_1.jpg

線路際に近づいてみました。

軽快に2両編成の特急が駆け抜けていきます。


196472_1.jpg

秋の光をたっぷり浴びて稲穂が輝いてきます。

実りの秋です。


196474_1.jpg

阿部野橋から「あすか万葉トレイン」が折り返してきました。

順光側で撮りたかったのですが雑草が伸びていて断念しました。


196476_1.jpg

サイドのイラストです。

里中満智子氏のデザインです。


近鉄橿原線・石見、稲刈りの季節です

撮影日記10月15日(火)、近鉄橿原線・石見

奈良盆地の田んぼでは稲刈りの季節を迎えています。

お天気のいい日に近鉄沿線をチャリ鉄してきました。


196422_1.jpg

近鉄橿原線・石見~田原本

いつもの石見の田んぼです。

赤い伊勢志摩ライナーが来ました。


196423_1.jpg

ラグビーワールドカップのラッピング編成です。

日本代表は終わりましたが、準決勝、決勝と試合は続きます。


196428_1.jpg

「吉野連絡」のカンを付けた原色スナックが来ました。

スナックの終焉とともにカンもなくなるのでしょう。


196429_1.jpg

今年も災害の多い年ですが、奈良の田んぼは豊作のようです。


196430_1.jpg

田んぼでは稲刈りの真っ最中でコンバインの音が響き渡っています。

邪魔をしないように鉄撮りしています。


196431_1.jpg

空は晴れたり曇ったり。

落ち着きのない空模様です。


196432_1.jpg

久々の「しまかぜ」です。

座席は取りやすくなったのでしょうか。


196433_1.jpg

朝イチは快晴だったのですが、西からだんだんと曇ってきました。

移ろぎやすい秋の空です。


196434_1.jpg

橿原神宮前行きの赤幕特急が来ました。

今日は橿原線で運用しているようです。


196438_1.jpg

踏切を渡って線路の西側に移動です。

こちらの田んぼはこれから稲刈りのようです。


196440_1.jpg

「楽」が来ました。

団体旅行の回送のようです。


196443_1.jpg

先ほど撮った赤幕特急が京都行きとなって行きます。

IRいしかわ鉄道・津幡、三セクの電車です

撮影日記10月10日(木)その5、IRいしかわ鉄道・津幡

津幡付近でJR七尾線の電車を撮りながら、
すぐ近くを走るIRいしかわ鉄道の車両も撮っています。


196393_1.jpg

IR石川鉄道・津幡~倶利伽羅

あいの風とやま鉄道の電車が来ました。

IRいしかわ鉄道の路線は金沢から倶利伽羅までで、
倶利伽羅から以東はあいの風とやま鉄道となります。

電車は相互に乗り入れています。


196392_1.jpg

強烈な逆光ですが、移動する時間がありません。

七尾線側が順光なので止む無しです。


196398_1.jpg

日本海縦貫の貨物列車が来ました。

今日はダイヤどおりです。


196403_2.jpg

三セクでも朝のラッシュ時は4両編成です。

パソコンの画像処理で逆光を補正していますが、これが限界です。


196404_1.jpg

全車ステンレス車ですが、カラーリングが施されています。

順光側で撮れればよかったのですが。


196407_1.jpg

後ろにムドの青いゴトーさんをつけてきました。


196409_1.jpg

閑散期は2両編成になるローカル三セクです。

北陸新幹線はJRに譲り三セクの運営は大丈夫でしょうか。


196414_1.jpg

今回の鉄撮りは終了、タイムアップです。

家族の待っている金沢駅に戻ります。



おまけです。

PA100629_1.jpg

石川県庁展望ロビー

帰りのサンダーバードまで少し時間があったので、
歩いて石川県庁の19階展望ロビーに行ってきました。

日本海が近くに見えます。


PA100634_1.jpg

海から山まで360度を見渡せる展望です。


PA100640_1.jpg

金沢駅から続いているイチョウ並木です。

残念ながら駅は見えないので鉄分はありません。


PA100644_1.jpg

これにて全ての日程を終了しました。


帰りもサンダーバードと近鉄特急で余裕の帰宅となりました。



JR七尾線・津幡、置き換え間近の赤い電車です

撮影に10月10日(木)その4、JR七尾線・津幡

金沢旅行の2日目です。

今日は朝から自由行動なので家族と別行動をとって、
置き換えの決まった七尾線の413系・415系を撮りに出かけました。

撮影地は金沢駅から近くの津幡駅東の田んぼです。


196385_1.jpg

JR七尾線・津幡~中津幡

ダイヤどおり赤い電車が来ました。

来年秋に512系に置き換えられます。


196388_1.jpg

元「しらさぎ」カラーの「能登かがり火」です。

わずか3両編成です。


196390_1.jpg

朝のラッシュ時は6両編成です。

ローカル線なので、ほとんどの乗客は学生です。

学校の最寄り駅を過ぎると車内はガラガラです。


196395_1.jpg

この撮影地は片持ちの架線柱なので、サイドからすっきり撮れる人気の場所です。

踏切が鳴るたびに上下の列車が来るたびにウロウロして撮影しています。


196396_1.jpg

2本目の6両編成です。

数年前まではカラーリングした編成があったのですが、
当時は撮影する機会がありませんでした。

かろうじて置き換え前の赤い電車に間に合いました。


196399_1.jpg

同じ形式の電車を同じ場所で撮っています。

移動する時間がもったいないは貧乏性の証です。


196401_1.jpg

今年はここでも線路際に雑草が伸びています。

鉄撮りには残念な状況ですが、自力で草刈りすることもできません。


196405_1.jpg

リニューアル「サンダーバード」の「能登かがり火」です。

しかも5両編成です。


196410_1.jpg

七尾線は朝は30分に1本程度運行していますが、
ローカル線なので日中は1時間に1本です。

効率よく撮るなら朝が一番です。


196412_1.jpg

再び「能登かがり火」です。

今日は木曜日なので残念ながら「花嫁のれん」は運行していません。

次は、七尾線と掛け持ちしながら撮っていたRいしかわ鉄道の車両です。


北陸鉄道浅野川線・内灘、元京王電鉄の車両です

撮影日記10月9日(水)その3、北陸鉄道浅野川線・内灘

金沢市内の観光が終わり夜まで自由時間です。

北陸鉄道浅野川線の撮影に足を延ばすことにします。


196340_1.jpg

北陸鉄道浅野川線・粟ヶ崎~蚊爪

浅野川線で最も有名な撮影地の大野川鉄橋です。

元京王電鉄3000系が来ました。


196342_1.jpg

ちょっと引いて一枚。

この鉄橋は下路式ガーターですが中央部分だけ形が異なっています。


196344_1.jpg

2本目は「鉄道の日」のカン付きです。


196347_1.jpg

ワイドで一枚。

浅野川線は昼間は2編成で北鉄金沢と内灘の間を運行しています。


196352_1.jpg

内灘駅

内灘駅の構内に歩いて来ました。

先ほど撮ったカン付き編成が発車待ちです。


196356_1.jpg

ゆっくりと内灘駅を発車していきます。

途中の三ツ屋駅で交換します。


196360_1.jpg

内灘~粟ヶ崎

歩道橋からの俯瞰ポイントです。

以前は手すりだけの歩道橋でしたが、
現在はサイドに有色フィルムが貼ってあるので撮影には向きません。

自宅のパソコンで修正しています。


196361_1.jpg

内灘側に振り向いて一枚。

こちらは透明のフィルムなので撮影可能です。


196364_1.jpg

再び内灘駅からの発車シーンです。

駅到着後、数分で折り返し発車してきます。


196367_1.jpg

10月14日は鉄道の日です。

各鉄道会社では盛沢たくさんのイベントが開催されます。


196371_1.jpg

左側の車両は狭幅車の8800系、右側が広幅車の8900系です。

昼間の狭幅車の運用はなさそうです。


196375_1.jpg

内灘駅から金沢へ戻って家族と合流します。


ところで内灘と言えば五木寛之の「内灘夫人」を連想するのですが、
駅周辺にはなにも面影はありません。


金沢の観光地めぐりです

撮影日記10月9日(水)その2、金沢市内観光

金沢駅に到着後、まずは家族で金沢市内の観光です。

歩いて行ける範囲内の近江町市場から金沢城、兼六園、石浦神社、ひがし茶屋街、主計町茶屋街まで、
グルっと回ってきました。


PA090085_1.jpg

金沢城・石川門

紅葉の季節はもう少しあとです。


PA090084_1.jpg

金沢城には立派な門はありますが、天守閣は残っていません。


PA090083_1.jpg

城址は芝生の広場となっており、地元の人の散歩コースです。

平日の朝なので観光客はまばらです。

日差しを避けながらのんびり散策しています。


PA090081_1.jpg

城内を抜けて兼六園へと向かいます。


PA090089_1.jpg

兼六園

お庭のことは何も知りませんが、有料です。

冬のほうが見どころがあるようです。


PA090090_1.jpg

賑やかな外国の観光客が増えてきました。

再び歩いてひがし茶屋街に向かいます。

今日はたっぷり歩くぞ~


PA090095_1.jpg

ひがし茶屋街

お茶屋街は美しく整備されて、すっかり観光地になっています。


PA090098_1.jpg

京都・祇園とは異なった趣のある街です。


PA090093_1.jpg

着物姿が似合う街並です。

周りは外国の観光客ばかりですが。


PA090104_1.jpg

主計町茶屋街

こちらは観光客はほとんどいません。

昼間のお茶屋はひっそりとしています。


PA090106_1.jpg

ひととおり歩いて回りました。

まだ時間はたっぷりあります。

どこに行こうか。

金沢旅行のスタートです

撮影日記10月9日(水)その1、JR京都駅、金沢駅

1泊2日の金沢旅行です。

撮影行ではなくて、ほぼ家族旅行です。

朝イチのサンダーバードに乗って京都駅からスタートです。


196308_1.jpg

JR京都駅

サンダーバードの発車時間まで余裕があったので、
通勤で混雑する朝の京都駅を撮っています。

通勤電車の隙間にコンテナ貨物が通過してきます。


196316_1.jpg

京都駅名物の「0」番線ホームです。


196319_1.jpg

多くの人が京都駅に降り立ち仕事場へ向かいます。

朝イチの京都駅は観光客は少ないようです。


196324_1.jpg

では、サンダーバードに乗って金沢へ向かいます。


196330_1.jpg

JR金沢駅

金沢駅名物の「鼓門」です。

観光客の皆さんはココでスマホを向けています。

インスタにアップするのでしょうか。


196383_1.jpg

こちらも金沢駅名物の「もてなしドーム」です。

快晴で太陽の光がいっぱい降り注いでいますが、それほど暑くはありません。


196415_1.jpg

金沢駅東口の「金沢フォーラス」の展望しペースから「もてなしドーム」を見下ろしました。


では、金沢市内の観光地へと向かいます。

近鉄橿原線・郡山、稲刈り間近の田んぼです

撮影日記10月6日(日)、近鉄橿原線・郡山

近鉄沿線の田んぼでは稲刈りの季節を迎えています。

今年は台風、豪雨と全国的にはあまり天気に恵まれませんが、奈良県では豊作のようです。

日曜日の朝にロードでチャリ鉄してきました。


196284_1.jpg

近鉄橿原線・近鉄郡山~筒井

お天気だと思ってロードバイクで走ってきたのですが、曇天です。

赤幕の鳥羽行き特急が来ました。


196286_1.jpg

空は白い曇り空です。

すっかり諦めて田んぼの稲をメインに撮っています。


196287_1.jpg

今年は天候の影響も少なく豊作のようです。

美味しい新米が楽しみです。


196292_1.jpg

春の水鏡から夏の緑の絨毯、秋の黄金色と
今年も四季折々の田んぼの表情を撮ることができました。


196288_1.jpg

来週には稲刈りが始まっていることでしょう。

いつでも撮れそうで撮れない稲穂です。


196294_1.jpg

今年は残暑厳しく雑草が伸び放題です。

セイタカアワダチソウにピントを合わせてみました。


196295_1.jpg

近鉄電車と田んぼの撮影ポイントに立ち寄りながら帰宅します。

空は晴れそうにありません。


196297_1.jpg

近鉄橿原線・ファミリー公園前~結崎

ファミリー公園前駅に広がる田んぼも稲刈り間近です。

太陽の光は期待できませんが、黄金色の絨毯です。


196299_1.jpg

稲穂をアップで。

ここの田んぼも豊作です。


196301_1.jpg

6両編成のリニューアルエースが来ました。

昨年はまだ原色が走っていたのですが、時が過ぎるのは早いものです。


196303_1.jpg

ここの線路端も雑草が伸び放題です。

鉄撮りには厳しい状況です。


196306_1.jpg

雨が降りそうな天気になってきました。

濡れネズミになる前に帰宅します。

京阪と近鉄の鉄道まつりに行ってきました

京阪と近鉄のイベントに行ってきました。

昨日は所用があり天気もイマイチだったのでパスしたのですが、今日は朝からお天気です。

朝イチから京阪・大和田駅で「洛楽」を撮った後、
寝屋川車両基地の京阪ファミリーレールファアを見てきました。

10年ぶりですが、京阪電車はすっかり変わってしまい、
「びわこ」号だけが昔のままで展示されていました。


午前中で京阪から撤収し、近鉄・関屋駅で「かぎろひ」を撮った後、
五位堂検修車庫のきんてつ鉄道まつりを見てきました。

恒例の並びですが、今年は阪神10周年記念、田原本線復刻色が2編成、志摩線90周年復刻色、はかるくん
と、特急はないもののレアな車両ばかりでした。

なんといっても、田原本線復刻色についている「特急」のカンが見どころでした。


撮った写真はボチボチ整理しますが、とりあえず、ワンカットづつです。


PA200431_1.jpg

京阪ファミリーレールフェア、寝屋川車両基地


PA200649_1.jpg

きんてつ鉄道まつり、五位堂検修車庫

信楽高原鉄道、NHK「スカーレット」号です

撮影日記10月5日(土)その2、信楽高原鉄道・信楽

現在NHKで放映中の漣読テレビ小説「スカーレット」のラッピング車が運行しています。

放映期間中の3月までの運行だそうです。


信楽の陶芸を題材にしたドラマなので、一度見てみようと思っていますが。


196250_1.jpg

信楽高原鉄道・信楽~玉桂寺前

朝イチの単行「忍トレイン」に替わって、2両編成が運行につきます。

信楽寄りが「スカーレット」、貴生川寄りが普通の抹茶色です。


196251_1.jpg

ワイドにズームして一枚。

気持ちのいい秋晴れになってきました。


196253_1.jpg

振り向いてもう一枚。

ススキのなかを「スカーレット」が走り去っていきます。


196255_1.jpg

河原におりて撮影です。

貴生川から折り返してきました。


196257_1.jpg

信楽からの折り返しは川の対岸から撮影です。

自動車を駅に置いて歩いて撮影しています。


196270_1.jpg

朝イチに撮った鉄橋です。

2両編成がピタリと収まります。


196271_1.jpg

サイドで一枚。

大きな文字で「スカーレット」、宣伝効果バツグンです。


196274_1.jpg

再び信楽駅からの折り返しです。

今日は一日中、この編成が信楽と貴生川を往復しています。


196276_1.jpg

振り向いて一枚。


196278_1.jpg

さらにもう一枚で撮り納めです。

自動車に乗って帰宅します。



信楽高原鉄道、タヌキの里の忍者です

撮影日記10月5日(土)その1、信楽高原鉄道・信楽

数年ぶりに信楽高原鉄道に行ってきました。

自動車で。

NHK連続テレビ小説のラッピング車が運行しているとのことです。

まずは忍者列車から撮影開始です。


196231_1.jpg

信楽高原鉄道・信楽~玉桂寺前

「忍」トレインが単行で信楽駅を発車です。

早朝だけの運行です。


196234_1.jpg

ワイドで一枚。

架線のない非電化路線を撮るのは久しぶりです。


196236_1.jpg

SHINOBI-TRAINです。

信楽って忍者の里でしたっけ?


196239_1.jpg

貴生川駅から折り返してきました。

信楽と貴生川の間を1両だけが行ったり来たりしています。


196241_1.jpg

ススキの季節です。

颯爽と走る忍者も気持ちよさそうです。


196243_1.jpg

サイドで一枚。

このあと忍トレインは信楽駅の車庫に入ってしまいました。


196265_1.jpg

信楽駅車庫

次の列車まで1時間。

駅付近をウロウロしています。

忍トレインは2両あります。


196267_1.jpg

手を変え品を変え、ローカル地鉄は頑張っています。

乗客が増えるといいのですけど。


196268_1.jpg

駅前には電話ボックスのタヌキが鎮座しています。

今日はEV自動車も展示しています。

そろそろ次の列車の発車時間となりました。


四日市のDFとDDです

撮影日記10月1日(火)その7、JR関西本線・四日市

JR関西本線・四日市での撮影、DF200とDD51をたっぷり撮りました。


196155_1.jpg

JR関西本線・四日市~富田浜

DF200牽引の石灰トレインがやってきました。

機関車の番号を見ると朝に末広橋梁で撮った機関車と同じです。

四日市と富田を行ったり来たりしています。


196157_1.jpg

太陽の光を浴びてギラり!

カッコイイ!


196159_1.jpg

後ろ姿もかっこいい。


196180_1.jpg

DD51牽引の石油トレインがやってきました。


196183_1.jpg

ワイドでもう一枚。

残念ながら重連運用はありません。


196184_1.jpg

凸型機関車もかっこいい。


196187_1.jpg

ダイナマイトボディの石油タンカーです。


196191_1.jpg

太平洋セメント四日市工場からDF200牽引の石灰トレインがやってきました。

帰りはカラのタンカーなので軽快に走っていきます。


196195_1.jpg

遠い昔にDF50はなくなっています。

まさか令和の時代にF級ディーゼル機関車が撮れるとは想像できませんでした。


196198_1.jpg

気分を変えて特急「南紀」です。

平日なので増結のない編成です。


196226_1.jpg

本日、最後のDF200牽引の石油タンカーです。

置き換え前はDD51重連でしたが、DFは1両だけでもパワーがあります。


196228_1.jpg

アップで撮って撮影終了です。

レンタサイクルで近鉄四日市に戻って帰宅します。

再び、四日市コスモ石油製油所のスイッチャーとDEです

撮影日記10月1日(火)その6、四日市コスモ石油製油所

JR四日市近くの線路端から撮影が続きます。

本日、2回目のコスモ石油製油所引込線のスイッチャーとDEです。


196215_1.jpg

四日市コスモ石油製油所引込線

スイッチャーが引込線を出入りしながら入換作業中です。


196220_1.jpg

手前のレールは関西本線で、スイッチャーは引込線のみ走行します。

信号も踏切もありません。


196162_1.jpg

JRの四日市ヤードからDEが精油所内へタンカーを迎えに行きます。

わずかな区間ですがDEの活躍の場です。


196167_1.jpg

スイッチャーと交換して発車準備完了です。


196168_1.jpg

煙突がそびえたつ製油所構内はどんなものなのでしょうか。

関係者以外は立ち入り禁止です。


196170_1.jpg

DEがタンカーを牽引して製油所から出てきました。


196175_1.jpg

作業員を乗せてJR四日市ヤードへと向かいます。


196201_1.jpg

タンカーをヤードに送り届けたあと、再びタンカーを牽引して製油所に戻ってきました。


196203_1.jpg

望遠からワイドにズームしてもう一枚。


196206_1.jpg

ゆっくりと製油所内に進入します。


196210_1.jpg

タンカーが製油所内に入ると門が締まります。

再び、JR線の撮影を続けます。


再び、JR関西本線・四日市を走る車両たちです

撮影日記10月1日(火)その5、JR関西本線・四日市

JR四日市付近の線路端で撮影が続きます。

線路際には背丈ほどのフェンスがあり、脚立があったほうが良いのですが、
レンタサイクルなので持参できません。

道路隅に転がっている石やブロックに乗って撮影しています。


196120_1.jpg

JR関西本線・四日市~富田浜

四日市駅からDF200牽引の石油タンカーが来ました。

冬の需要期ではないので短めの編成です。


196121_1.jpg

ディーゼル音を響かせてF級機関車のお通りです。


196124_1.jpg

RED BEAR、ECO- POWERです。


196134_1.jpg

JR東海の電車が2両編成で来ました。

ひいき目で見ても近鉄には負けているように思います。


196138_1.jpg

振り向けば特急「南紀」です。

近鉄特急にも負けているようで、キハ85は置き換えのようです。


196139_1.jpg

またまた振り向けば快速「みえ」です。

こちら電車ではなくて気動車です。


196140_1.jpg

コンテナを牽引してDF200が来ました。

北海道以外で走っているのはココだけです。


196142_1.jpg
ワイドでもう一枚。

サイドの逆光は已む無しです。


196144_1.jpg

一概にコンテナと言っても、形や色はいろいろがあります。

ポリスチレンのタンクです。


196148_1.jpg

お目当てのDD51牽引のコンテナ列車が四日市ヤードから発車です。

グネグネと渡り線を通って本線へと入線します。


196150_1.jpg

F級のDF200とは違った魅力のある凸型DDです。


196200_1.jpg

上下線の電車が並びました。

まだまだ撮影が続きます。

四日市コスモ石油製油所のスイッチャーとDEです

撮影日記10月1日(火)その4、四日市コスモ石油製油所

JR四日市付近での撮影が続きます。

駅の北側、富田浜寄りにコスモ石油製油所があり、駅ヤードから引込線が出ています。

スイッチャーとDE10がタンカーを牽引してウロウロしています。


196110_1.jpg

四日市コスモ石油製油所引込線

製油所の構内からスイッチャーがタンカーを牽引して入換作業しています。


196113_1.jpg

構内から引込線に出てきました。

ただしスイッチャーはJRの本線を走ることができないようです。


196115_1.jpg

煙突をバックに、可愛いライトのスイッチャーです。


196131_1.jpg

再び構内に入っていきました。


196132_1.jpg

関係者以外は構内に入ることはできません。

JR線のそばから見えるだけです。



196087_1.jpg

四日市駅からDE10が単機で製油所構内のタンカーを迎えに来ました。


196090_1.jpg

作業員を満載して軽快に走っていきます。

もちろんJR本線ではなく引込線です。


196092_1.jpg

入換作業の終わったタンカーを牽引して構内から出発です。


196095_1.jpg

手前のレールはJR本線です。

向こう側に回ればスッキリ撮れるのですが、
JR線の撮影と兼ねているので止むを得ません。


196097_1.jpg

ゆっくりとタンカーを牽引して駅ヤードへと向かいます。

DEの役目は構内からヤードまでです。

JR関西本線、四日市を走る車両たちです

台風19号が昨夜に通過しました。

奈良ではほとんど影響はなかったのですが、
朝のテレビニュースを見ていると、東海から東北にかけては大災害のようでした。

被害に遭われました方々にお見舞い申し上げます。

JR線など鉄道にも被害が出ていたようで、北陸新幹線の車両も水没していました。


撮影日記10月1日(火)その3、JR関西本線・四日市

レンタサイクルに乗ってJR四日市駅付近に戻ってきました。

踏切近くで上下線から次々にやってくる車両たちを撮っています。


196002_1.jpg

JR関西本線・四日市~富田浜

DF200牽引のタンカートレインがやってきました。


196005_1.jpg

石油タンカーに交じってフライアッシュもついています。


195998_1.jpg

JR東海の車両は国鉄型の置き換えが終わり、すべてJR化後の車両になりました。

撮影意欲が沸きません。


196008_1.jpg

四日市ヤードの端にたたずむDF200。

昔のSL時代を彷彿させるような光景です。


196079_1.jpg

めっきり少なくなったDD51がコンテナを引いてきました。

SL時代には憎い相手だったのですけどね。


196082_1.jpg

コスモ石油製油所を横目で見ながらJR線が走っています。


196083_1.jpg

唯一の特急「南紀」です。

キハ85の置き換えが噂されています。


196085_1.jpg

新しくなっても伝統的な東海型の顔です。

できるなら湘南色にすればよかったのに。


196099_1.jpg

DF200牽引のセメント列車が来ました。

AF-Cで追いかけます。


196101_1.jpg

メモリーのバッファがいっぱいになるまで連写です。


196102_1.jpg

F級機関車のパワフルなこと。

迫力たっぷりです。


196104_1.jpg

巨大なラジエターはディーゼル機関車の証です。

熱気が感じられます。


196106_1.jpg

コンテナと違ってタンカーは重厚でメカニカルです。


196107_1.jpg

次々とタンカーが通っていきます。縦イチで一枚。


196119_1.jpg

JRの快速「みえ」のヨコをコスモ石油のスイッチャーが稼働を始めました。


196125_1.jpg

こちらは電車ではなく気動車です。

おなじデザインなのでパンタグラフの有無だけが異なります。

四日市港線、DF200とスイッチャーの交換です

撮影日記10月1日(火)その2、四日市港線

JR四日市から四日市港線を通り太平洋セメント四日市工場への送り込みです。

DF200牽引のセメント列車は末広橋梁を渡って、太平洋セメントのスイッチャと交換します。


196042_1.jpg

四日市港線・末広橋梁

DF200牽引のセメント列車が静々と橋梁を渡っていきます。


196044_1.jpg

長いセメント列車がゆっくりと渡り、橋の途中で一旦停止です。


196046_1.jpg

末広橋梁を渡ったDF200のセメント列車は待避線で切り離します。

セメント工場内にはDF200は入りません。


196048_1.jpg

待機しているスイッチャーと交換です。


196051_1.jpg

帰りのセメント列車を牽引したスイッチャーが来ました。


196052_1.jpg

DF200が牽引してきたセメント列車と入換です。

スイッチャーはJR線には入りません。


196055_1.jpg

スイッチャーを見送ってから、


196057_1.jpg

ポイントを切り替えてDF200がセメント列車に向かいます。


196060_1.jpg

DD51が牽引していた時代は終わりましたが、
重量級のDF200は間近で見ていると迫力があります。


196063_1.jpg

空のセメント列車を牽引して四日市から富田へと向かいます。

富田から東藤原までは三岐鉄道のED重連が牽引します。


196067_1.jpg

RED BEAR。

北海道専用だと思っていたら、まさか四日市で運用につくとは想像できません。


196071_1.jpg

再び末広橋梁を渡って四日市に向かいます。


196072_1.jpg

スイッチャーは石灰石を積んだセメント列車を工場内まで運びます。


196077_1.jpg

見ているだけでも楽しい入換作業です。

では四日市に戻ることにします。


太平洋セメント四日市工場のスイッチャーです

撮影日記10月1日(火)その1、太平洋セメント四日市工場

ひさびさにDD51のタンカー列車を撮りに四日市に行ってきました。

お目当てのDD51はDF200への置き換えが進んでおり、すでに重連仕様はなさそうです。

始発の近鉄で四日市まで行って、レンタサイクルを借りて四日市付近をウロウロと。


まずは末日橋梁に向かい、太平洋セメント四日市工場のスイッチャーから撮影スタートです。


196014_1.jpg

太平洋セメント四日市工場

スイッチャーがセメント列車の入換作業の準備中です。


196017_1.jpg

スイッチャーは小さくても力持ちです。

DFやDD、さらにED重連に負けずに重いセメント列車を押したり引いたりします。


196011_1.jpg

小型の赤いスイッチャーは予備機でしょうか、車庫の中でお休みです。


196012_1.jpg

三岐鉄道の東藤原から石灰石を運んできます。

東の秩父と西の三岐です。


196020_1.jpg

入換作業が始まりました。


196024_1.jpg

スイッチャーが行ったり来たり。

撮り鉄には楽しい時間です。


196025_1.jpg

構内には道路が横断していますが、踏切はありません。

関係者以外は立ち入り禁止です。


196026_1.jpg

出発準備完了。

DF200の到着を待ちます。


急いで末広橋梁まで自転車を走らせます。


196035_1.jpg

JR四日市港線・末広橋梁

貴重な開閉式橋梁、今も昔も変わらない風景です。

ただ以前と違って工場側の橋梁近くに近づくことができなくなっています。

ヨコを通る臨港橋から撮っています。


196033_1.jpg

朝イチは鳥たちが行動する時間です。

道路のヨコを通りすぎるトラックの騒音が気になりますが。


196036_1.jpg

今日は橋の開閉作業を動画で撮る予定です。

カメラは1台しか持ってきていないので、写真は諦めざるを得ません。


196038_1.jpg

係員が詰め所に来ました。

橋はゆっくりと動き出します。


196039_1.jpg

橋がつながりました。

まだセメント列車は来ません。

ただいま金沢から帰ってきました

ただいま金沢から帰ってきました。

台風が接近していますが、2日とも快晴でした。

金沢城、兼六園、ひがし茶屋街など金沢の有名観光地をたっぷりと見て回り、
ついでに北陸鉄道浅野川線、JR七尾線、IRいしかわ鉄道の電車たちもしっかり撮ってきました。

とりあえず、置き換えが決まったJR七尾線の413・415系です。


PA100393_1.jpg

JR七尾線・津幡~中津幡(2019.10.10撮影)

家族旅行で金沢に行ってきます

これから1泊2日で金沢に行ってきます。

今回は家族旅行なので金沢観光が中心です。

ほとんど鉄分はなさそうですが、時間を見つけて少しでも北陸の鉄道を撮れればと思っています。


写真は5年前、北陸新幹線延伸の直前に行ったものです。

新幹線の開通によって北陸の鉄道状況は大きく変わっています。

往時を懐かしめるような景色が見られるでしょうか。


151592_1.jpg

JR金沢駅(2015.2.28撮影)

近鉄吉野線・市尾、曼殊沙華の秋です

撮影日記9月30日(月)その2、近鉄吉野線・市尾

近鉄吉野線・市尾付近の田んぼで曼殊沙華が満開のときを迎えています。

彼岸花とも呼びますが、できれば「まんじゅしゃか」と呼びたいものです。

紅い花ですが、白い品種もあるそうです。

♪ 曼殊沙華、恋する女は~ (百恵ちゃんです)


195988_1.jpg

近鉄吉野線・市尾~壺阪山

まずは前ぼかしで撮ってみました。

寄っても引いても絵になる花です。


195986_1.jpg

棚田の畔に沿って曼殊沙華が咲いています。

植えられたものではなく自然に生えたものです。


195989_1.jpg

ひとつひとつの花は繊細な形です。

ちょっと毒々しい色でもあるので、ありがたくないイメージもあります。


195990_1.jpg

曼殊沙華は秋の花、空も秋の雲です。


195991_1.jpg

バックの葛城山と金剛山には夏の雲、棚田には秋の雲が広がっています。


195993_1.jpg

美しい花ですが、稲刈りの前にはすべて刈り取られてしまいます。

稲には邪魔な雑草です。


195996_1.jpg

今年は残暑が厳しく、曼殊沙華の開花が遅れているのでしょうか。


195997_1.jpg

今年の最初で最後の曼殊沙華の撮影になりそうです。

近鉄吉野線・市尾、田んぼは稲刈り間近です

撮影日記9月30日(月)その1、近鉄吉野線・市尾

秋晴れの朝、近鉄吉野線・市尾の田んぼへチャリ鉄です。

今年は線路際の雑草が伸び放題で、撮影できる場所があまりありません。

田んぼの稲は順調に育っており、稲刈り間近です。


195978_1.jpg

近鉄吉野線・市尾~壺阪山

葛城山バックの市尾の田んぼです。

秋に訪れるのは久しぶりです。


195979_1.jpg

少し前まで素晴らしいうろこ雲が広がっていたのですが、
太陽が昇るにつれて消えていきました。


195980_1.jpg

西向き、順光側は秋の雲と夏の雲が残っています。

今日は鉄撮り日和です。


195981_1.jpg

田んぼの稲は収穫間近です。

稲刈りまで天気が良いことを祈っています。


195982_1.jpg

まだまだ夏の雲が元気です。

今年は残暑が厳しく10月になるとは思えないような暑さです。


195983_1.jpg

自転車を押しながらブラブラと線路際を歩いてみます。

それにしても良い天気だこと。


195984_1.jpg

いつもの棚田です。

畔の彼岸花が満開です。

秋本番です。


195985_1.jpg

1年に1度だけの撮影機会です。

これから彼岸花をたっぷりと撮るつもりです。


JR和歌山線・新庄、105系の撮り納めです

撮影日記9月29日(日)、JR和歌山線・大和新庄

JR和歌山線・桜井線の105系が置き換わる最後の日曜日です。

いつも行く玉手付近ではなく、大和新庄付近で狙いました。


195960_1.jpg

JR和歌山線・大和新庄~高田

葛城山バックの定番ポイントを行く221系。

置き換え後も残っているのでしょうか。


195957_1.jpg

すでに運用の大半が227系に替わっています。

秋の空、これからの主役が駆け抜けていきます。


195962_1.jpg

4両編成の227系。

あまり好みでないステンレス車ですが、意外といい感じに映っています。


195963_1.jpg

跨線橋からの俯瞰撮影です。

新庄付近は田んぼが広がっていますが、高田付近は住宅地の中を走っています。


195967_1.jpg

田んぼは稲刈りの季節を迎えました。

秋晴れの日曜日、多くの撮り鉄の姿を見かけました。


195968_1.jpg

秋の空は次々と雲の形を変えていきます。

列車が通過するときに、いい感じになるかどうかは運次第です。

それにしても105系が来ません。


195969_1.jpg

105系4両編成のスジでしたが、すでに227系に置き換わっていました。

撮り鉄の皆さん、がっかりの空気です。


195970_1.jpg

227系も通常は2両編成の運用です。

未だに乗ったことはありませんが、105系と違って快適のようです。


195971_1.jpg

ようやく105系が来ました。

葛城山バックの撮り納めです。


195972_1.jpg

青い空と白い雲にスカイブルーのボディが映えます。

見納め、撮り納めです。


195974_1.jpg

撮り鉄には新型より旧型のほうが撮影意欲が沸くのですが、
地元の方には特に人気はないようです。

新型の電車を撮っているのですか?と聞かれてしまいました。


195975_1.jpg

かろうじて稲刈りの季節まで残っていてくれました。

105系ラストショットとなりました。

近鉄南大阪線、畝傍山バックの田んぼです

撮影日記9月28日(土)その2、近鉄南大阪線・坊城

奈良盆地の田んぼでは、ようやく稲刈りの季節を迎えています。

今年は台風や大きな災害もなく豊作となりそうです。

畝傍山近くの田んぼで近鉄電車を撮りました。


195948_1.jpg

近鉄南大阪線・坊城~橿原神宮西口

定番、畝傍山バックです。

美しい田んぼが広がっているところです。

最近は資材置き場などが出来たため、撮影できる場所が限られるようになりました。


195949_1.jpg

まだ稲穂は緑色が残っているので、稲刈りはもう少しあとになりそうです。


195950_1.jpg

「さくらライナー」が駆け抜けていきます。

今日は曇り空、スッキリと青空を撮りたかったのですが。

お天気だけは思うようになりません。


195951_1.jpg

遠くにボケていても原色は目立ちます。

と思っているのは撮り鉄だけでしょう。


195953_1.jpg

ラッピングが来たと思ったらKIPSでしT。

「あすか万葉トレイン」にはなかなか出会えません。


195956_1.jpg

もう少し畝傍山付近をウロウロします。


195944_1.jpg

坊城駅寄りの踏切から車両撮りです。

2両編成の特急がぶっ飛んできます。

車齢にかかわらず元気です。


195945_1.jpg

3両編成の橿原神宮前行き「準急」。

ラッピング編成は南大阪線の運用についていないようです。


195946_1.jpg

4両編成の吉野行き「急行」。

これもラッピング編成ではありませんでした。


195947_1.jpg

3両編成の橿原神宮前行き「普通」。

今日はまったくラッピング編成に遭遇できませんでした。

信楽高原鉄道、NHK連続テレビ小説「スカーレット」です

NHKの連続テレビ小説「スカーレット」が10月からスタートしました。

焼き物の里・信楽を舞台に、女性陶芸家の波乱万丈な人生を描き、
ヒロインは「戸田恵梨香」さんです。

信楽高原鉄道で「スカーレット」のラッピング車が運行しているので、
早速、自動車で撮影に行ってきました。

秋晴れの空、2両編成のディーゼルカーがのんびり走っています。


運行はドラマが終わる来年3月までのようです。


PA050159_1.jpg

信楽高原鉄道・信楽~玉桂寺前(2019.10.5撮影)

近鉄大阪線・松塚、コスモスの季節です

撮影日記9月28日(土)その1、近鉄大阪線・松塚

近鉄大阪線・松塚駅近くの曽我川公園です。

線路際のお花畑では四季折々いろいろな花が咲いています。

今はコスモスの季節です。


195932_1.jpg

近鉄大阪線・松塚~真菅

薄紅色と黄色のコスモスが満開です。

まだまだ暑い日が続きますが、ようやく季節は秋になりました。


195929_1.jpg

線路際に近づいて近鉄電車。

花より団子ではなくて電車です。


195930_1.jpg

木々にも美しい花が咲いています。

種類は知りません。


195934_1.jpg

ようやく雲が夏の入道雲から秋の薄雲になってきました。

今年は残暑が厳しかった。


195935_1.jpg

♪ 薄紅のコスモスが秋の日の~

こんな小春日和の穏やかな日は鉄撮りです。


195938_1.jpg

リニューアルと原色の混合編成は来春のダイヤ改正には終了しているはずです。


195936_1.jpg

花壇のコスモスは、わずかに数本だけ植わっています。

お花畑に行ってみたい気分です。


195939_1.jpg

最近ではいろいろな色のコスモスが増えてきました。

品種改良が進んでいるようです。


195941_1.jpg

「5151」でコイコイ、なんのこっちゃ。


195943_1.jpg

おなじみ「鮮魚列車」です。

今日は四角い「行先表示板」と丸い「貸切」のダブルです。

ランキングに参加しています
鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 近鉄線へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
プロフィール

まほろばyagi

Author:まほろばyagi
奈良在住の撮り鉄&チャリ鉄です。88(ハチハチ:だいたいとか、よい加減とかの意味)気分で、撮影日記を中心に(できるだけ)毎日更新しています。SINCE 2012年3月