JR山陽本線・上郡、俯瞰撮影が続きます

撮影日記8月2日(水)その4、JR山陽本線・上郡

上郡中央公園ウラの展望台からの俯瞰撮影が続きます。

1本の列車で何度もシャッターチャンスがあるので、楽しさ倍増です。


173105_1.jpg

JR山陽本線・上郡~有年

有年から貨物列車が来ました。

数か所のシャッターチャンスを連写します。

やってくるのは桃ばっかりですけど。


173106_1.jpg

鉄橋を渡ります。

この鉄橋は撮影によさそうな場所なのですが、
両側に電線が張ってあるので、サイドからの撮影に向きません。


173107_1.jpg

線路の両側は昔は田んぼだったのでしょう。

今では住宅と太陽光パネルができています。

自然たっぷりの美しい景色が無くなりつつあります。


173109_1.jpg

連写が続きます。

ワンチャンスにかける撮影は緊張感があってよいのですが、
何度も連写できる撮影はおいしさたっぷりです。


173111_1.jpg

カーブを曲がれば、まもなく上郡駅に進入です。


173140_1.jpg

相生から湘南色が折り返してきました。

山よりも海が似合うカラーだとおもうのですけど。


173143_1.jpg

一世を風靡した湘南色の電車はどれだけ残っているのでしょうか。

東海道本線を走っていたころの長大編成の面影もなく、

山陽本線のローカル区間を3両編成で走っています。

栄枯盛衰です。


173148_1.jpg

スーパーはくとが来ました。

唯一の優等列車です。

智頭急がんばれ


173150_1.jpg

「瑞風」通過まで、まだまだ展望台で粘ります。


スポンサーサイト

JR山陽本線・上郡、もうひとつの俯瞰ポイントです

関西では連日の猛暑日が続きます。

朝の空気は少し冷たくなってきましたが、日中は解けるような暑さです。

今日は朝イチにチャリ鉄してきましたが、
午後からはエアコンの効いた部屋でパソコンのモニターを見ながら過ごしています。


撮影日記8月2日(水)その3、JR山陽本線・上郡

ミツカミ大俯瞰の撮影を終えて、上郡のもうひとつの俯瞰ポイントへ来ました。

ネットで検索していたら偶然に見つけた展望台です。

上郡中央公園の駐車場入口の道路から展望台への登山道が整備されています。

登山道への入口が少しわかりにくかったのですが、
フェンスのドアを開けて(鍵はかかっていません。)入ることができます。

登山道は整備されており、険しい場所はなんなく登ることができますが、
本日、二つ目の俯瞰ポイントなので、結構ハードでした。


173093_1.jpg

JR山陽本線・上郡~有年

展望台からは上郡駅を挟んで、有年側と三石側の両方を撮ることができます。

さっそく、湘南色がやってきました。

先日のイベントでは湘南色2編成で運行したそうですが、

現在はそれぞれの編成ごとに運用しています。


173095_1.jpg

湘南色と黄色が離合します。

223系軍団は相生以西には進出していません。


173097_1.jpg

普通電車は朝イチは6両編成で運用していますが、
乗客の少ない日中は3、4両編成です。

大動脈の山陽本線ですがローカル線並みです。


173098_1.jpg

貨物列車が来ました。

ここでの撮影目的は「瑞風」ですが、通過まで時間があります。

せっかく登った俯瞰ポイントなのでしっかりと撮っておきます。


173101_1.jpg

上郡~三石

有年側で撮ったあと、
展望台の反対側に回れば三石に向かう列車が再び撮ることができます。

大カーブを回って三石へと向かいます。


173102_1.jpg

有年側と違って、こちら側は沿線に田んぼが広がっています。

以前は線路端から貨物列車を撮っていたのですが、
最近は俯瞰撮影ばかりになってきました。

決して車両撮りに飽きてきたのではないのですが、
やってくる機関車が桃ばっかりでは興ざめです。


173104_1.jpg

もう一度大カーブを回ってS字カーブポイントへと向かいます。

上郡~三石は峠越えとなりますが、
できるだけ山を避けるように線路が走っています。


173113_1.jpg

お昼の時間が次々と貨物列車が通過します。

どちらから来るのか、さっぱりわからないので、後追いとなってしまいました。

次回に来るときは、しっかりダイヤを確認したいと思っています。


173116_1.jpg

どうも空模様が安定しません。

雲の動きに合わせて太陽が出たり入ったり

線路には光が当たったり、影になったり


173136_1.jpg

上郡~有年は30分に1本、上郡~三石は1時間に1本のダイヤです。

上郡から三石に行く乗客は少ないようです。

黄色い電車が相生に向かっていきました。


173139_1.jpg

「瑞風」通過まで、まだまだ時間があります。

展望台でまだまだ粘ってみます。


JR山陽本線、ミツカミ大俯瞰で貨物撮りが続きます

撮影日記8月24日(水)その2、JR山陽本線・上郡

せっかく苦労して登ってきたミツカミ大俯瞰です。

貨物列車を2本撮っただけで山を下りるのはもったいないので、
もう少し粘ってみます。


173071_1.jpg

JR山陽本線・上郡~三石

朝の10時ごろは上りの貨物列車が次々とやってきます。

この区間の電車は3、4両編成ばかりなので、
コンテナフル搭載の長い貨物列車を撮るのは大俯瞰のだいご味です。


173072_1.jpg

昔、鉄道模型をやってきたころ、
レイアウトに高い山を表現するのが難しいでした。

列車の小ささに比べて山がいかに大きいことかと、実感です。


173074_1.jpg

コンテナと言っても、大きさもデザインもさまざまです。

昔、2軸貨車が走っていたころは、ワム、トキ、タキ・・・とさまざまな貨車の編成でした。

貨車からコンテナに車両は変わっても同じように楽しいものです。


173076_1.jpg

先ほどの貨物列車を上郡側に移動して再び撮影です。

あわただしい撮影です。


173077_1.jpg

レンズはフルサイズ換算で420mmです。

夏場の気温の高い時期なので、もやってしまいます。

冬のすっきりした空気のときに来たいものです。


173079_1.jpg

続けて来た貨物列車も桃がけん引です。

JR貨物の機関車は桃に統一されそうです。

ゼロロクが人気なのも当然です。


173083_1.jpg

S字をクネクネと、コンテナ列車が走ります。

動画向きですが、なぜかシャッターを押してしまいます。


173087_1.jpg

山と山の間に田んぼが広がっています。

少ない平地でも有効に利用しようとした先人の努力です。

最近では、休耕田だけでなく太陽光発電パネルが目につくようになってきました。


173088_1.jpg

ワイドにしてみると山の広さと大きさがわかります。

あの山の向こうはどこになるのでしょうか。


173092_1.jpg

俯瞰ポイントに1時間あまりの滞在で数本の貨物列車を撮ることができました。

これから下山して、もう一か所の俯瞰ポイントに移動します。

上りの苦労とは一変して、下りは自転車で超快適です。

青春18きっぷでプチ遠征、5回目はEVA撮りです

今年の夏も青春18きっぷを使ってプチ遠征をしました。

JR山陽線・和気と上郡、JR紀勢線・岩代、福井鉄道
で、最終回は山陽新幹線となりました。

十数年ぶりに東岡山の俯瞰から、赤穂の大津トンネルまでグルッと回ってきました。

たっぷり乗り鉄もしてきたので、少し腰が痛くなっています。


P8180047_1.jpg

山陽新幹線・岡山~相生(2017.8.18撮影)

近鉄橿原線・郡山、曇り空に緑の田んぼです

撮影日記7月29日(土)その1、近鉄橿原線・郡山

久々にロードバイクを持ち出してチャリ鉄です。

長距離ランもヒルクライムも体力不足なので、自宅から大和郡山まで往復しました。

早朝から走り出したのですが、それにしても暑かった!


173013_1.jpg

近鉄橿原線・近鉄郡山~筒井

天候は悪くないのですが、青い空がありません。

スカッと夏の空を撮りたかったのですが、さてどうしたものかと・・・


173012_1.jpg

沿線の田んぼは緑一色です。

白い空がダメなら緑の田んぼがあるさ。


173015_1.jpg

特急が来ると、つい車両撮りになってしまいます。

優等列車の魅力には敵いません。


173016_1.jpg

ちょっとだけ青い空と白い雲が現れました。

雲が発達して入道雲になるのは午後からです。


173018_1.jpg

東日本は長雨と冷夏でお米の出来具合がよくないようですが、
関西は台風の直撃もなく猛暑のおかげで今年も豊作のようです。


173022_1.jpg

新旧エースに新旧カラー

近鉄橿原線の特急は混色編成が多いです。


173023_1.jpg

緑の田んぼが黄金色になるは10月に入ってからです。

いいお天気が続くことを祈っています。


173024_1.jpg

今日は天理教おぢばがえりの臨時列車が運行されるようです。

平端付近で狙ってみることにします。

JR山陽本線、今年も来ましたミツカミ大俯瞰です

撮影日記8月2日(水)その1、JR山陽本線・上郡

昨年の夏に初めて訪れて大変気に入ったので、今年もミツカミ大俯瞰にきました。

昨年は上郡駅から歩いて撮影地に行ったのですが、
今年は上郡駅前からレンタサイクルを借りました。

高峰神社への登り坂までは軽快に走ったのですが、
坂道はほとんど自転車を押して歩きました。

結局、到着時間は歩いてもほとんど変わりません。
ただ、帰りの下り坂は快適でした。


173050_1.jpg

JR山陽本線・上郡~三石

今年も来ましたミツカミ大俯瞰のS字カーブ

昨年はあまり天気が良くなかったのですが、今年はどうでしょうか。

さっそく、フル搭載のコンテナ貨物がやってきました。


173053_1.jpg

この撮影地のおいしいところは2ヶ所で撮影できることです。

S字カーブで撮った後、少し移動すれば上郡の田んぼを撮ることができます。


173055_1.jpg

岡山色の黄色い電車が山々に映えます。

空は雲が出ては動いているので、山に雲の影が出ています。

スカッと晴れないかなあ~


173058_1.jpg

赤いゴトーさんが来ました。

山陽本線の貨物は青い桃ばっかりなので、ちょっと嬉しいです。


173060_1.jpg

築堤からS字カーブへと、ゆっくりと列車が来るので、何度もシャッターチャンスがあります。

SDカードのバッファーがいっぱいになるまで連写をします。


173062_1.jpg

以前、S字カーブの線路際から列車を撮ったことがあるのですが、
今でも撮影できるのでしょうか。

俯瞰撮影もいいですが、大迫力のアップもいいものです。


173066_1.jpg

移動して田んぼ側で再び赤いゴトーさんを狙います。

今日は水曜日、撮り鉄は私一人だけです。

広い俯瞰ポイントを独り占めですが、ちょっと寂しい気もします。

ところで山道を歩いていたら鹿に出会って、びっくりしました。

この付近ではクマはいないのでしょうか。
ちょっと不安になってしまいます。


173067_1.jpg

田んぼの緑の季節です。

稲刈りのころには黄金色になっているのでしょうが、
その時期は青春18きっぷが使えないので訪れることができません。


173068_1.jpg

せっかく登ってきた俯瞰ポイントです。

もう少し粘ってみます。


近鉄橿原線・尼ヶ辻、近鉄撮りのシメはしまかぜで

撮影日記7月21日(金)、近鉄橿原線・尼ヶ辻

平日の仕事帰りにちょっとだけ近鉄撮りです。

連日の猛暑日だったので、
夕方になれば少しは涼しくなると思ったのですが、
強烈な夕日を浴びて頭クラクラです。


172927_1.jpg

近鉄橿原線・尼ヶ辻~西ノ京

尼ヶ辻駅から徒歩数分のお手軽な定番撮影ポイントです。

強い日差しの下、しまかぜ通過まで頑張ります。


172928_1.jpg

沿線の田んぼは数筆あるだけの短い区間ので、
6両編成では後ろの車両が隠れてしまいます。


172929_1.jpg

前回、来たときは田植え直後だったと記憶しています。

今度、来るときは稲刈り前だと思います。


172930_1.jpg

黄色い伊勢志摩ライナー通過

いつも露出を失敗して白トビしてしまいますが、
RAW現像のおかげで破たんしていません。


172931_1.jpg

原色特急もだんだんと少なくなってきました。

すっかりレトロ感が出てきました。

なんとなく懐かしい感じです。


172933_1.jpg

雲一つない青空です。

田んぼには日陰がなく、夕日が直接に顔や体に当たります。

暑い~


172934_1.jpg

しまかぜ通過までもう少しです。


172937_1.jpg

近鉄撮りのシメはしまかぜです。


JR山陽本線・和気、お立ち台に瑞風が来ました

撮影日記7月26日(水)その3、JR山陽本線・和気

和気~熊山のお立ち台、足場の悪い斜面で待機すること1時間あまり

ようやくお目当ての瑞風がきました。


172994_1.jpg

JR山陽本線・和気~熊山

瑞風を初運行から撮ること3回目です。

山の緑に溶け込んで撮りにくい色は、トワイライトエクスプレスの時代と同じです。

ゆっくりと通り過ぎていきました。


172995_1.jpg

先頭車両をアップで。

展望デッキに出ることができるのはどんな時なのでしょうか。

お金と時間がある者だけの特権です。


172998_1.jpg

10両編成の各車両にはそれぞれ特徴があるそうです。

窓の配置は車両によって異なりますが、遠目ではよくわかりません。

車内に入って見ることは永遠にないのでしょう。


173001_1.jpg

瑞風のあとは貨物列車が続行でやってきます。

機関車は桃ばっかりですが、コンテナフル搭載なのでヨシとします。


173002_1.jpg

黄色い電車ばっかりだと思っていたのですが、こんな形式も運用についています。

気分転換にはちょうど良いタイミングです。


173003_1.jpg

線路沿いを走る道路から目をそらせば自然たっぷりです。

都会の鉄撮りもいいですが、やっぱり自然のなかでの鉄撮りは気分がいいです。


173004_1.jpg

次の貨物はサメちゃんで、ムドのDEが付いていました。

ちょっと得した気分です。


173005_1.jpg

その次の貨物はやっぱり桃でした。

もう一本、貨物が来るのですが、
帰りの電車の時間が気にかかるので和気駅に戻ります。


173007_1.jpg

和気駅

レンタサイクルを返却して和気駅の待合室で待っていると、
鮮やかな電車がホームに入線してきました。

カメラを持って近づいてみると広島カープのラッピング車です。


173008_1.jpg

がんばれカープ、今年も首位を独走中です。

今年も広島電鉄で花電車が走るのかなあ~


ちなみにカープを応援するのは力舞吼(かぶる)というそうです。


福井鉄道・フクトラムを撮ってきました

お盆休み3連休の最終日になって、
ようやく重い腰を上げて鉄撮りに行ってきました。

貨物列車の俯瞰撮影がマイブームなのですが、お盆中はほとんどの貨物列車がウヤです。

そこで青春18きっぷを使って数年ぶりに福井鉄道へプチ遠征です。

福井鉄道では200形がすでに運用を外れ、低床車のフクトラムが導入されています。

車両は大きく変わっていますが、沿線の景色は昔のままです。


あまり天気は良くなかったので、青空の下の田んぼで写真は撮れませんでしたが、

小さな車両とローカル地鉄をたっぷり撮ることができました。


P8130124_1.jpg

福井鉄道・鳥羽中~三十八社(2017.8.13撮影)

JR山陽本線・和気、瑞風通過まで貨物と電車撮り

今日も猛暑日のようです。

お盆休みの3連休、今日こそは鉄撮りに出かけようと思っていたのですが、

朝イチに出かけるタイミングを逃したので、
今日も一日中、自宅でのんびりしていました。

明日こそは出かけよう!



撮影日記7月26日(水)その2、JR山陽本線・和気

和気~熊山のお立ち台で瑞風狙いです。

ゼロロク貨物が通過したあと、ほとんどの撮り鉄が撤収されました。

ひとり猛暑の下、電車や貨物を撮って時間つぶしをしています。


172975_1.jpg

JR山陽本線・和気~熊山

やってくるのは黄色い電車

三石以西は30分間隔で電車が来ますが、
三石~上郡間は1時間に1本のダイヤです。

青春18きっぷでもなければ、わざわざ普通電車で来ることはありません。


172972_1.jpg

唯一の特急です。

わずか2両編成なのがローカルです。

ここは天下の大動脈の山陽本線なのですが、
旅客の中心は新幹線に譲っています。


172976_1.jpg

今日は水曜日なのでコンテナ貨物はフル搭載です。

空コキでは撮影意欲が減退します。


172980_1.jpg

お立ち台に登って撮影開始です。

登り口はちょっとわかりずらいのですが、2ヶ所あります。

一つは石垣を3段超える場所で、石垣には足場かわりに犬釘がところどころに打ち込んであります。

もう一つは木々の間を抜ける場所で、こちらにはロープがあります。

お立ち台は坂の斜面の木々が伐採されています。


172978_1.jpg

「吉備之国」のラッピング車が戻ってきました。

まだまだ瑞風は来ません。


172981_1.jpg

上りの貨物列車が通過していきます。

後追いの貨物列車では撮影する気にならないのですが、

フルコンテナなので撮っておきます。


172984_1.jpg

続けて上り貨物列車が来ました。

通いなれた撮影場所なら正確な貨物のダイヤがわかるのですが、
初めての撮影場所なのでいつ来るかわかりません。

ちょっとハラハラ、ドキドキです。


172985_1.jpg

誰が撮っても同じようなお立ち台です。

坂の斜面の上の方にも撮り鉄の姿があります。

どこで撮ってもいいのですが、人それぞれ好みの場所が一番です。


172987_1.jpg

線路の横を道路が走っているので、ちょっと雰囲気を変えてみました。

何かしていないと間が持ちません。


172990_1.jpg

ゆっくりとした速度で貨物列車がやってきました。

先の列車が混んでいるのでしょうか。

鉄撮りにはありがたい抑止です。


172991_1.jpg

せっかくなのでワイドでもう一枚


172993_1.jpg

次がようやく瑞風です。

後ろの道路に自動車が走って来ないことを祈るばかりです。



JR山陽本線・和気、桃貨物と黄色い電車とラッピング車

今年も連日のように真夏日が続きます。

朝イチに家を出る機会を逃すと、
一日中エアコンの効いた部屋から出ることができません。

無理して線路端で熱中症で倒れてニュースにでもなったら大変です。

今日はゆっくり自宅で休養です。

明日こそはどこかへ出かけようかと・・・


撮影日記7月26日(水)その1、JR山陽本線・和気

山陽本線を下る瑞風を撮るべく青春18きっぷを使って、
和気~熊山の定番ポイントに行ってきました。

熊山から歩ける距離なのですが、
和気駅にレンタサイクルがあるので、これを利用しました。

ママチャリですが一応無料ですが、いくらかの寄付金を出しました。


172961_1.jpg

JR山陽本線・和気~熊山

瑞風通過まで時間があるので、貨物や電車を撮っています。

平日にもかかわらずチラホラと撮り鉄の姿がありました。

何かネタ車でもくるのでしょうか。


172962_1.jpg

岡山の電車は黄色に単色化が完了したようです。

湘南色も2編成が残っているようですが、出会えますでしょうか。


172963_1.jpg

イラストのラッピング車が来ました。

あとで自宅のモニターで拡大してみると
「吉備之国 くまなく旅し・隊」だそうです。

走っている車両から読むことはできません。


172965_1.jpg

やってくるコンテナ貨物は桃ばっかりです。

よほど性能がよいようですが、鉄撮りにはいささか飽きてしまいます。


172967_1.jpg

撮り鉄の皆さんが狙っていたのはゼロロクでした。

機関車好きの人気ナンバーワンです。

いつまでも現役で活躍してほしいものです。


172971_1.jpg

天気は曇り空ですが、山も田んぼも緑一色です。

電車は黄色一色ですが・・・


172969_1.jpg

もうひとつのラッピング車です。

「ひるね姫×くらしき」のアニメのようです。

ラッピング車もだんだんと派手になってきました。


172970_1.jpg

せっかくワイドレンズを持ってきたので、もう一枚

すっきと晴れていたらよかったのですが、
表情のある雲も良いものです。

瑞風通過までまだまだ時間があります。


近鉄吉野線・市尾、いつもの田んぼは緑の絨毯です

撮影日記7月15日(土)その3、近鉄吉野線・市尾

吉野口のチャリ鉄、最後はいつものように市尾の田んぼです。

一か月前に来た時は田植え直後だったのですが、
稲はスクスクと育ち、田んぼは緑の絨毯になっていました。

季節が移ろうスピードは早いものです。


172813_1.jpg

近鉄吉野線・市尾~壺阪山

丸~るい田んぼは緑色

周辺の田んぼでは休耕田が増えてきているのですが、
この付近で最も鉄撮りに向いているこの田んぼは、
今年も秋には黄金色になることでしょう。


172814_1.jpg

葛城山も金剛山もスッキリ見えます。

奈良盆地のなかで最も好きな景色です。


172815_1.jpg

丸~るい田んぼの田植えは手間がかかります。

丸~るい畦の草刈りも手間がかかります。

手間をかけてお米ができます。


172816_1.jpg

夏は田んぼの稲も元気ですが、
それ以上に周辺の雑草が元気いっぱいです。

鉄撮りには邪魔な雑草ですが、
自然の力に脱帽です。


172817_1.jpg

益々、暑くなってきました。

チャリ鉄では午前中が限界です。

早々に撤収して、シャワーを浴びたいものです。


近鉄吉野線・吉野口、線路端の雑草は伸び放題

撮影日記7月15日(土)その2、近鉄吉野線・吉野口

真夏のチャリ鉄、JR和歌山線の次は近鉄吉野線です。

早朝から走り出したのですが、9時を過ぎると猛烈に暑くなります。

チャリ鉄は風を受けて気持ちいいのですが、
真夏はエアコンの効いた自動車の車内のほうが快適です。


172810_1.jpg

近鉄吉野線・吉野口~薬水

おなじみ石仏ポイントから近鉄吉野線の撮影です。

線路端の雑草が伸び放題です。

なお、このお寺は浄土寺といいます。


172806_1.jpg

リニューアル車が増えていますが、今だ古豪健在です。

来年の夏まで残っているのでしょうか。

172807_1.jpg

吉野線は単線なのですが、架線柱はしっかり線路の両側にあります。

しかも無粋なコンクリート柱です。

周辺の景色が自然たっぷりなので、なおさら残念です。


172809_1.jpg

いいお天気で撮影日和、チャリ鉄日和です。

30℃超える気温さえ大丈夫ならね。


172811_1.jpg

じっとしているだけで汗が噴き出てきます。

たとえしんどくても自転車に乗っているほうが快適です。

もう少しチャリ鉄してみます。


JR和歌山線のスカイブルーの電車たちです

撮影日記7月15日(土)その1、JR和歌山線・吉野口

JR西日本の単色化計画により、和歌山線や桜井線の電車はスカイブルー一色になりました。

塗り分けは費用がかかるので赤字路線の車両では難しいのですが、
せめてライン一本でも入れてもらえたらと思っています。


172802_1.jpg

JR和歌山線・吉野口~掖上

朝1本だけ和歌山から王寺にやってくる117系です。

王寺で昼寝をしてから夕方に和歌山に帰るようです。

ひそかなマイブームの列車です。


172799_1.jpg

105系は基本2両編成ですが、朝の数本は4両編成になります。

通勤通学ラッシュ対応なのですが、満員になっている車内ではありません。


172801_1.jpg

105系はすべてスカイブルーになりました。

以前はそれほど好きでなかった春日色が懐かしく思ってしまいます。


172800_1.jpg

221系は近畿のローカル線で勢力拡大中です。

いずれ117系も105系も駆逐していくのでしょう。


172803_1.jpg

JR和歌山線・吉野口~北宇智

チャリ鉄で吉野口へ移動してきました。

青い空と緑の田んぼ

意外とスカイブルーの車両が似合うような気がします。


172804_1.jpg

都会の鉄道を駅撮りするよりも
自然たっぷりのなかでローカル線を撮影するほうが気持ちいいです。

普段あくせくしている仕事から開放されて、心が穏やかになります。


172805_1.jpg

和歌山線は1時間に1本です。

次の列車まで炎天下の下で待っている気力はありません。

チャリ鉄で近鉄吉野線をブラブラしてみます。

嵐電・山ノ内、ホーム幅は約50cmです

今日は午後から奈良でも台風直撃となりました。

幸いなことに警戒していたほど雨も風もひどくなく、
近鉄のダイヤも通常運行でした。

聞いたところでは、東の小田急と西の近鉄は、
よっぽどのことがない限り運行中止にならないことで有名だそうです。

撮影日記7月16日(日)その5、嵐電・山ノ内

猛暑の嵐電の撮影です。

西大路三条から山ノ内の道路併用区間を歩きながら鉄撮りしましたが、

突き刺すような直射日光と焼けるようなアスファルトの熱射で、
熱中症の一歩手前の状況でした。


172900_1.jpg

京福電鉄嵐山線・山ノ内

おなじみ道路併用区間です。

道幅は昔と変わっていないので、自動車が走る幅が狭い道路です。


172904_1.jpg

ホーム幅は50~60cmの狭さです。

すぐ横を自動車が走っています。

体に触れそうなぐらいに電車がやってきます。

ちょっとしたスリルです。


172902_1.jpg

道路沿いにはビルが増えてきましたが、
昔ながらの住宅も残っています。

ポール式の電車が走っていた時代と変わらないのでしょう。


172906_1.jpg

電線の地下埋が観光地では進んでいますが、
立ち並ぶ電柱と張り巡らされた電線には生活感が感じられます。

なんでも小ぎれいで整いすぎているのが良いとは思いませんが。


172909_1.jpg

京都の夏といえば「鱧(はも)」です。

聞くところではハモの骨切が機械でできるようになったそうです。

職人技も大切にしたいと思うのですが。


172910_1.jpg

京都市電の雰囲気を唯一残している区間です。

鉄道も車両も変わりました。

沿線の建物も変わりました。

当時の記憶だけがそのまま残っています。


172917_1.jpg

嵐電の車両はこの紫色に統一されるようです。

コスト重視の単色化は好きではないので、
せめてラッピング車でも増やしてほしいものです。


172918_1.jpg

危険なホームに立って電車がやってくるのを待ちます。

ホームから落ちれば、左は電車、右は自動車でアウトです。


172922_1.jpg

四条大宮駅

山ノ内から嵐電に乗って終点の四条大宮にきました。

外国の観光客が多くて、いつの間にか国際的な電車になったようです。


172925_1.jpg

さて、本日の鉄撮りは終了です。

これから阪急に乗って祇園祭先祭を楽しんで来ようと思っています。

三脚FOTOPRO X-6CN購入しました

最近、俯瞰撮影の機会が増えてきました。

チャリ鉄のときやブラリ鉄のときは三脚を使うことはないのですが、
望遠レンズを使ってガチ撮りで俯瞰撮影するときは三脚が必須です。

山登りに大きな三脚を担ぐ体力がないので、
コンパクトなベルボンのウルトラを使っていたのですが、
まったく安定性に欠けています。


ジッツオ、シルイ、ベンロとあれこれ迷ったのですが、
結局、最近発売されたフォトプロを購入しました。


P8060008_1.jpg

FOTOPRO X-6CN

4段カーボンで28mm径
最伸長が1710mm
反転式折り畳み式で475mm
重量が1660g

リュック型カメラバックにセットして持ち運べる限界です。


P8060006_1.jpg

三脚の足を反転してセットします。

ちょっと面倒ですが、止む無しです。


P8060007_1.jpg

初めてアルカスイス式の雲台です。

使い勝手は問題ないのですが、
調整用のダイヤルがあちこちについているので、
とっさの時に迷ってしまいます。


P8060001_1.jpg

持っている三脚を並べてみました。

左から、マンフロット カーボンONE443
フォトプロ X-6CN
ベルボン ウルトラLuxiF

格納長はそれぞれ異なります。


P8060003_1.jpg

三脚の足を広げました。

気が付けば雲台はすべて自由雲台です。

3ウェイ雲台は私の撮影スタイルでは使いづらいようです。


P8060004_1.jpg

三脚の足をすべて伸ばしてみました。

高さはそれほど変わりません。


P8060005_1.jpg

センターポールも伸ばしてみました。

三脚沼にハマってしまいそうで、ちょっと恐ろしいです。

「パンダくろしお」誕生です

今日から「くろしお」にパンダのラッピングが運行を始めます。

明日からは通常の運用となりダイヤが発表されないので、
今日が確実に撮影できるチャンスです。

せっかくなので青春18きっぷを使って、紀勢線・岩代の海バックに行ってきました。

定番の小山の上俯瞰なのですが、
数年ぶりに訪れたので、あやふやな記憶を頼りにやぶの中を登りました。

台風5号が接近中なので、天気はあまり良くなかったのですが海は大荒れです。

雄大な太平洋を堪能できました。


大サロの運行とは違って沿線では撮り鉄の姿がほとんど見かけません。

ラッピングをよく見ると面白そうなのですが、
電車は人気がないのでしょうか。


ところで、上野動物園のパンダ誕生は話題になりニュースにもなっていますが、
白浜のアドベンチャーワールドのパンダたちは間近でお手軽に見ることができます。



P8050012_1.jpg

JR紀勢線・岩代~南部(2017.8.5撮影)

嵐電・西大路、京都唯一の道路併用区間です

撮影日記7月16日(日)その4、嵐電・西大路

阪急梅田駅で駅撮りのあと京都へ

祇園祭を見に行くのは少し早いので、
西院で途中下車して久しぶりに嵐電を撮りました。


172867_1.jpg

京福電鉄・西院駅

嵐電と阪急の西院駅が地下道で連接されました。

駅の雰囲気も少し変わったようです。


172872_1.jpg

西大路三条~山ノ内

嵐電と台湾とのコラボラッピングです。

高雄メトロは地下鉄なのでしょうか。

なぜ嵐電とのコラボなのか、
山陽電鉄でも台湾ラッピングがあるので、キャンペーンでしょうか。


172870_1.jpg

西院は阪急は「さいいん」、嵐電は「さい」と呼びます。

子どものころは「さいん」と呼んでいたと記憶しています。


172874_1.jpg

猛暑の昼下がり

強烈な照り返し

焼け着くアスファルト

道路併用区間の撮影も厳しいものです。


172877_1.jpg

西大路名物、道路併用区間のS字カーブ

広い道路なのになぜS字なのでしょうか。


172881_1.jpg

「西院」ラッピングにはヘッドマークもついています。

阪急でもヘッドマーク付きが走っていましたが、
現在は取り外されているようです。


172886_1.jpg

暑いなあ~

帽子をかぶって、水分取って、熱中症に注意が必要です。


172892_1.jpg

「北野天満宮・七夕」のラッピングです。

無印の車両が少なくなりました。

紫色の車両ばかりになりました。

往時の面影を残す嵐電が少なくなりました。


172893_1.jpg

勾配の向こうは道路併用区間で有名な山ノ内です。

日陰を探しながらブラブラ歩いてみます。


阪急電鉄・梅田駅、京都線ホーム端で鉄撮りです

撮影日記7月16日(日)その3、阪急電鉄・梅田駅

今年も阪急電鉄では「祇園祭」と「天神祭」のヘッドマークが掲げられました。

デザインは昨年と同じなので、あえて撮りに行かなくてもよかったのですが、
祇園祭の宵山に行く途中、梅田駅の京都線ホームで鉄撮りしました。

2時間近く粘ったのですが、ヘッドマーク付きが来たのはわずか2本だけでした。


172839_1.jpg

阪急電鉄・梅田駅

今年も昨年と同じデザインです。

来年こそは新しいデザインを期待しています。


172845_1.jpg

京都線のホーム先端です。

次々に発着する列車をワイドから望遠までレンズを使って撮ってみます。



172847_1.jpg

「京とれいん」が来ましたが、祇園祭HM付が来ません。


172849_1.jpg

もっとも阪急らしい形式のひとつです。

京阪や近鉄のように大胆なデザインの変更はなさそうですが、
少しづつ変わっていくのでしょう。


172850_1.jpg

「京とれいん」が発車してきました。

神戸線や宝塚線の列車ではヘッドマーク付きが頻繁にやってくるのですが、
肝心の京都線には来ません。


172853_1.jpg

宝塚線の「宝夢」が来ました。

少し前には神戸線の「涼風」も来ました。

京都線のホーム端では撮ることができません。


172854_1.jpg

まだまだ現役です。

いつまでも現役でいてほしいものです。


172858_1.jpg

「古都」が来ました。

祇園祭HM付が来ません。

いったいどうなっているのでしょうか。



172861_1.jpg

2時間待ってようやくHM付が来ました。

ホッと一息です。

こんなに大変な撮影になるとは思ってもみませんでした。


172865_1.jpg

もう1本撮ろうと少し粘ったのですが、
相変わらず来ません。

阪急電車に乗って京都へ向かいます。

JR山陽本線・上郡、俯瞰で瑞風を撮りました

今日も夏季休暇と青春18きっぷを使って山陽本線で瑞風を撮ってきました。

先週は和気俯瞰だったので、今日は上郡俯瞰です。

朝はミツカミのS字大俯瞰で貨物を撮ったあと
上郡駅前の展望台俯瞰で瑞風を狙いました。

駅前でレンタサイクルを借りたのですが、登坂や登山道は徒歩です。

1日2回の俯瞰撮影はちょっときつかったです。


P8020513_1.jpg

JR山陽本線・上郡~有年(2017.8.2撮影)

阪神電鉄・尼崎、出屋敷、いつもの駅でいつもの電車

撮影日記7月16日(日)その2、阪神電鉄・尼崎、出屋敷

祇園祭先祭の宵山の日、朝イチに阪神電車を駅撮りしました。

いつもの駅でいつもの電車の撮影です。


172819_1.jpg

阪神電鉄・尼崎駅

尼崎駅のホーム端でいつものように鉄撮りです。

待機中の阪神電車の横を梅田行き急行が駆け抜けていきます。

バックの鳥居は尼崎戎神社です。


172820_1.jpg

一部の列車は尼崎駅で折り返しなので、
一度引き上げ線に入ってから、再びホームへ進入します。

渡り線をグネグネと横切る車両を見ていても楽しいものです。


172824_1.jpg

近鉄奈良線の復刻車はいまだ健在です。

通常の塗装にいつ戻されるのでしょうか。


172828_1.jpg

新型5700系が来ました。

待機線の2両編成の車両は増結用です。


同じような写真ばかり撮っていても仕方ないので、
次の出屋敷駅へ移動して、もう少し駅撮りします。


172830_1.jpg

阪神電鉄・出屋敷駅

いつものように三ノ宮寄りホーム端で駅撮りです。

ラッピング車かHM付か、6000系試運転でも来ないかなあ
と、淡い期待をしたのですが。


172835_1.jpg

やってくるのはいつもの電車ばかり

夏場は朝イチでもサイドに光が当たりません。


172833_1.jpg

梅田寄りを向いて、屋根付きホームです。

直射日光が当たらないので駅撮りしていても、猛暑をしのぐことができます。

阪神電車は昼間はライトをつけないようです。


172836_1.jpg

何度も撮っているんですけどね。

いつもの近鉄電車なら撮ることはないのですけどね。


172837_1.jpg

いずれリニューアルされる運命にあります。

今のうちに撮っておかねば
という、使命感はありませんけど。


172838_1.jpg

ようやく山陽電鉄が来ましたが、ラッピングもヘッドマークもありません。

梅田へ戻ることにします。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 鉄道ブログへ
鉄道コム
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
プロフィール

yakuちゃん

Author:yakuちゃん
奈良在住の撮り鉄&チャリ鉄です。88(ハチハチ:だいたいとか、よい加減とかの意味)気分で、撮影日記を中心に(できるだけ)毎日更新しています。

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる