JR山陰線・船岡、第二大堰川橋梁です

撮影日記7月22日(土)その3、JR山陰線・船岡

コイケヤストレートで瑞風を撮ってから第二大堰川橋梁へ移動しました。

河原に降りて定番どおり鉄橋を絡めた撮影です。


172951_1.jpg

JR山陰本線・船岡~日吉

大堰川は京都へ入ると保津川に名前を変えて、さらに淀川に合流して大阪湾にそそぎます。

このあたりは、自然たっぷりの景色とともに、水の流れも清い美しい川です。

172949_1.jpg

園部からは単線ですが電化しています。

SL時代と変わらない鉄橋ですが、架線柱が無理矢理つきました。


172952_1.jpg

緑豊かな山々です。

京都市内から1時間も電車に乗れば、こんな景色が迎えてくれます。


172953_1.jpg

強烈な日差しと暑さです。

少しだけ川に足を浸けると気分爽快です。

気持ちいい~


172955_1.jpg

左下の水面の波紋は鯉のようです。

釣り人は誰もいないので、魚たちものんびり泳いでいます。

のどかで平和です。


172958_1.jpg

もう少し鉄橋で粘っても良かったのですが、船岡駅に戻ってきました。

次の上り列車で京都へ戻って祇園祭の後祭に行きます。


172959_1.jpg

装い一新となった元タンゴディスカバリー

民間企業が手を入れると同じ車両でも大きく変わります。

新しい鉄道会社では繁盛してほしいものです。

スポンサーサイト

JR山陰線・船岡、コイケヤストレートの瑞風です

撮影日記7月22日(土)その2、JR山陰本線・船岡

6月17日にデビューしたトワイライトエクスプレス瑞風は、
一度だけ荒天でウヤになった以外は順調に営業しているようです。

運行初日に八木千代で撮って以来、様子見だったのですが、
園部船岡のコイケヤストレートで撮ってみました。

ネタ車が少なくなった関西の鉄道ですが、
これからも機会を見つけて各地に繰り出したいと思っています。


172939_1.jpg

JR山陰本線・船岡駅

瑞風の船岡駅通過が11時半ごろなので、
今日はゆっくり自宅を出たので、船岡駅に着いたのは10時前です。

山の谷間にある船岡駅を白い特急が通過していきます。


172940_1.jpg

船岡~園部

船岡駅から歩いて10分余りでコイケヤストレートに到着です。

やってくる普通電車は2両編成の新快速と同じようなステンレス車です。

雲が面白かったのでワイドで撮ってみました。


172941_1.jpg

やってくる特急は白いヤツばかりになりました。

数年前には国鉄色の381系が走っていましたが、
新型に置き換わってから再びここに来るとは思いませんでした。


172942_1.jpg

ここコイケヤストレートは架線柱が被らない単線区間で人気だったのですが、
線路沿いに電柱が立ってしまいました。

バックの山には高圧線の鉄塔が立ち並びました。

撮影しづらくなりました。


172943_1.jpg

沿線をあちこち歩いてみたのですが、
結局この位置で瑞風を待つことにします。

線路際の雑草が目障りなのですが、
刈り取りに行くわけにもいかず、止む無しです。

数名の撮り鉄がそれぞれお気に入りの撮影ポイントで待っています。

カメラの数だけ撮影スポットがあるはずです。


172944_1.jpg

瑞風の通過前に普通電車をワイドで一発


172946_1.jpg

瑞風通過

10両編成って長いものです。

それにしてもトワイライトカラーは撮影しにくいものです。


172948_1.jpg

船岡駅で交換したタンゴディスカバリー車両がやってきました。

某バス会社の経営になってから以前のカラーはなくなりました。

それにしてもこのカラーも撮影しにくいものです。

近鉄大阪線・松塚、朝の快速急行10連など

祇園祭が終わり、ツール・ド・フランスも終わり、いよいよ夏本番です。

今年のツールは予想どおりスカイのフルームの総合優勝となりました。

キンタナもコンタドールもボロボロでした。

やっぱりロードレースはチーム競技なんですね。

自転車に興味のない方には、なんのこっちゃ、さっぱりわからないですけどね。


撮影日記7月9日(日)、近鉄大阪線・松塚

曇り空の朝、なんとなく近鉄大阪線で鉄撮りです。

快晴の日ならチャリ鉄で田んぼで撮るのですが、
こんな日は車両撮りにピッタリの空模様です。


172749_1.jpg

近鉄大阪線・松塚~大和高田

リニューアル特急8両編成

♪ 時代は変わってゆく~


172748_1.jpg

朝の大阪発のアーバンライナーは6両編成

乗客の多少で車両数が変わります。

やっぱり車両が多くなると電気代がかかるのでしょうか。


172750_1.jpg

朝の快速急行10両編成

下り線の列車とかぶってしまいました。


172751_1.jpg

原色特急8両編成

変わるのもよし、変わらないのもよし。

♪ 回る、回るよ時代は回る~


172752_1.jpg

曇天ですが、
ときおり、うっすらと太陽が顔を出します。

太陽の光がなくても暑い一日になりそうです。


172753_1.jpg

朝の快速急行10両編成

大阪線では10両編成は少ないのですが、奈良線では頻繁に走っています。

乗客数が違うのでしょう。


172754_1.jpg

復刻色編成のスジなんですが、今日は普通の電車でした。


172757_1.jpg

朝の大阪行きアーバンライナーは8両編成

10両編成にはできないようです。


172758_1.jpg

ネクストは6両固定です。

増車できないのでしょうか。


172759.jpg

8両編成でした。

蒸し暑くなってきました。

非鉄です。京都祇園祭・後祭の宵々山です

撮影日記7月22日(土)その1、京都祇園祭・後祭

今年の京都祇園祭は、先祭と後祭とも出かけました。

昼間に鉾町をウロウロしていると、日没まで体力・気力が持ちませんでした。

それしても京都の夏は暑いです。


P7160024_1.jpg

後祭では屋台もホコ天もありません。

観光客は少なく、じっくりゆっくりと山鉾の見学ができます。

昔ながらの祇園祭の風情が楽しめます。


P7220257_1.jpg

山鉾町の方は祇園祭には多くの時間と費用がかかっています。

タダで見せてもらっているのが申し訳ない気分です。

帰りに厄除けちまきを買う予定です。


P7220261_1.jpg

鯉山は登竜門だそうです。


P7220266_1.jpg

数年前に再登場となった大船鉾です。

蛤御門の変で焼失したそうですが、
日本史で習った事変が急に現実的になってきました。

京都は幕末の歴史そのものです。


P7220268_1.jpg

大船鉾の新旧の龍

じっと見ていると圧倒されるパワーです。


P7220274_1.jpg

色っぽい、エロっぽいのはご愛敬

じっくり山鉾の飾りつけを見ていられるのが後祭の良いところです。


P7220279_1.jpg

京都だなあ~、となんとなく思っています。

小生は京都生まれですが、残念ながら鉾町ではありません。

コンチキチンの音色を聞かないと夏が来た気になれません。


P7220286_1.jpg

日が暮れて提灯に灯りがともる時間まで、まだまだあります。

もう一回りしてから帰宅します。

非鉄です。京都祇園祭・先祭の宵山です

撮影日記7月15日(土)その1、京都祇園祭・先祭

毎年、恒例なのですが、今年も京都祇園祭の宵山です。

朝イチは山陰線で瑞風を撮った後、午後から鉾町をウロウロしました。

予定では四条通が歩行者天国になり、提灯が灯るまでいるつもりでしたが、

午後3時すぎに突然に豪雨となったので、少し早めに帰宅しました。

宵山には夕立がつきものなんですけどね。


P7160001_1_2017072719231311c.jpg

まずは四条通の函谷鉾からスタートです。

狭い通りを山鉾を見ながらウロウロします。


P7160004_1.jpg

カマキリのからくりが人気の蟷螂山です。

祇園祭の山鉾では珍しいからくりものですが、
他地方の山車では、いろいろな仕掛けがあるそうです。


P7160009_1.jpg

土曜日なので昼過ぎから狭い路地は人でいっぱいです。

しかも猛烈に蒸し暑いのが祇園祭です。


P7160013_1.jpg

先祭では露店が出ています。

ゆっくり山鉾を見学するより、買い食いのほうが子供に人気があるのでしょう。


P7160015_1.jpg

船鉾などは鉾の内部に入ることができます。

もちろん有料です。

当然、入ったことはありません。


P7160019_1.jpg

先祭は船鉾、後祭は大船鉾

だんだんと山鉾が復活していくのはうれしいものです。


P7160020_1.jpg

船鉾の先頭を飾る架空の鳥、名前は知りません。

先人は鳳凰や龍など空想が豊かだったのでしょう。


P7160023_1.jpg

観光客が増えたとしても祇園祭は地元鉾町のお祭りです。

しっかりと地域に根付いています。


P7160024_1_20170727192325411.jpg

鉾町の知人に聞くところでは、1ヶ月以上も仕事が手につかないそうです。

どんなお祭りも同じなのでしょうが、地元の人にとって1年1度の一大イベントです。


P7160032_1.jpg

鉾町の路地を一歩入れば、静かな京都が迎えてくれます。

喧噪を離れてゆっくり山鉾を楽しみたいものです。


P7160034_1.jpg

大きな鉾に比べて小さな山の人気はいまひとつですが、

しっとりと祇園祭の風情を楽しむのはこちらのほうが一番です。


P7160036_1.jpg

なんとなく外国の観光客が少ないような気がします。

ゆかた姿の地元の若者と小さな子供の家族連れ、
カメラを抱えたおじさんが目につきます。


P7160038_1.jpg

格子戸の建物はなんと旅館です。

こんな部屋に泊まって夜の祇園祭を楽しんでみたいものです。


P7160042_1.jpg

鉄分が全くないので、地下鉄の入口表示板です。

雨が降ってきました。
帰りの電車が混雑する前に帰宅します。

山陽本線・和気俯瞰で瑞風を撮ってきました

今日は、夏季休暇+青春18きっぷで朝から遠征してきました。

水曜日は「瑞風」が山陽本線を下って山陽・山陰を一周する日です。

どこにしようかと迷ったのですが、
すっきりと抜けのよい撮影ポイントとして和気の大谷山俯瞰を選択しました。

和気駅でレンタサイクルを借りて撮影地付近をウロウロしたのですが、
俯瞰撮影のお立ち台には3名の方だけでした。

夏休みといっても平日はこんなもんでしょうか。

それにしても暑かった。


P7160001_1.jpg

JR山陽本線・和気~熊山(2017.7.26撮影)

近鉄・鶴橋駅、「鮮魚列車」の送り込みです

撮影日記7月14日(金)その4、近鉄・鶴橋駅

山陽電鉄の110周年ラッピング車をはずしたあと、帰りの近鉄鶴橋駅で駅撮りしました。

平日の夕方、ラッシュアワーなので並走・離合が撮れると思ったのですが、
今日はまったくついていません。


172793_1.jpg

近鉄鶴橋駅

夕方の「鮮魚列車」、上本町駅への送り込みです。

もちろん表示は「回送」です。


172786_1.jpg

復刻色は4両編成で運行するとき以外は、
普通色2両が上本町寄りについています。

先頭車両を撮るならば下り列車を待てばいいんですけど。


172787_1.jpg

なんとなく、先頭2両のリニューアル車が機関車のように見えてきます。

最近、貨物列車を撮っていないので、機関車に飢えています。


172789_1.jpg

ラッシュアワーなので4線の並走を期待したのですが、
4線どころか2線でも並んでくれませんでした。

わずか数秒のタイミングなんですけど。


172791_1.jpg

近鉄大阪線は6両編成が標準ですが、
奈良線では10両編成が頻繁に走っています。

近鉄にとっては奈良線がドル箱路線で、大阪線はあまり儲からない路線のようです。

橿原線や吉野線は赤字なのでしょうか。


172797_1.jpg

リニューアル車が増えてきました。

1年前ならリニューアル車を狙って撮りにきたのですが、
今では原色車を狙う時代になりました。

時が過ぎるのは早いものです。


172798_1.jpg

阪神電鉄「夢を走らせよう」ラッピング+ヘッドマーク編成です。

後追いですが、初めて撮ることができました。

山陽電鉄110周年ラッピング車が来ません

撮影日記7月14日(金)その3、阪神電鉄・出屋敷

阪神電鉄・出屋敷駅で山陽電鉄ラッピング車の撮影が続きます。

「台湾」ラッピングを撮った後、次は「山陽電鉄110周年」ですが、
待てど暮らせど・・・


172778_1.jpg

阪神電鉄・出屋敷駅

下りホームを三ノ宮寄りから梅田寄りへ移動しました。

「台湾」ラッピングの折り返しを待ってみます。


172779_1.jpg

初めて5500系リニューアル車に出会えました。

5700系のようなデザインになりました。

馬子にも衣装といったところでしょう。


172780_1.jpg

毎週のように撮っている近鉄電車ですが、
あえて、ここで撮らなくてもいいのですけどね。


172781_1.jpg

「台湾」折り返しが来ないので三ノ宮寄りホーム端に戻りました。

この次の直通快速が110周年ラッピング車のはずですが・・・


172782_1.jpg

リニューアル前の5500系、
更新のスピードは分かりませんが、いずれ絶滅するはずです。

リニューアルしなくても美しい車体だと思うのですけど。


172783_1.jpg

今日は何度も阪神電車を撮りました。

近鉄だったら、とっくに飽きているんですけど。


172784_1.jpg

あら、「台湾」ラッピングが折り返してきました。

もうちょっと粘ればよかった。


172785_1.jpg

「110周年」ラッピングのはずだったのですが、普通の編成でした。

なぜ?

帰宅してから山陽電鉄のホームページを見たら、
ラッピング車のダイヤが変わっていました。

道理で来ないはずです。


先頭車両の赤帯のデザインが少し異なっているのに気が付きました。

5000番台と5600番台では形式が異なるのでしょうか。

山陽電鉄、Meet Colors 台湾ラッピングです

撮影日記7月14日(金)その2、阪神電鉄・出屋敷

山陽電鉄のラッピング車を出屋敷駅で狙います。

いつもなら尼崎駅で駅撮りするのですが、
ストレートがきれいに抜ける出屋敷駅での駅撮りです。


172776_1.jpg

阪神電鉄・出屋敷駅

山陽電鉄のホームページに掲載のダイヤどおりにラッピング車がやってきました。

「Meet Colors! 台湾」です。

台湾の観光PRですが、山陽電鉄と台湾との関係はよくわかりません。


172774_1.jpg

次のラッピング車までひたすら車両撮りを続けます。

阪神電鉄では阪神、山陽、近鉄の車両が乗り入れているので撮り飽きません。

青胴車は今のうちにしっかり撮っておきたいものです。


172772_1.jpg

赤胴車から逆さオレンジになりました。

阪神電車は特急・急行と普通の車両がはっきりと分かれているので、
乗り間違うことはありません。


172771_1.jpg

出屋敷駅の下り三ノ宮向きホーム端はこんな感じの高架です。

猛暑の昼下がり、人通りはありません。

ちなみにホーム端まで屋根がかかっているので、
駅撮りは快適です。


172770_1.jpg

近鉄線乗り入れ用の阪神電車

タイガースカラーと呼んでしまうのは阪神電車だからでしょうか。

黄色と黒の縞模様はタイガースです。


172775_1.jpg

タイガースカラーは2形式あります。

同じように見えてよく見るとまったく異なった車両です。

普通に電車に乗っていると気が付きません。


172769_1.jpg

新型5700系です。

5000系は置き換えられ、5500系はリニューアルされます。

阪神電車でも時代とともに車両は変わっていきます。


172768_1.jpg

山陽電鉄110周年ヘッドマーク付きがきました。

ラッピング編成はもうすぐ来るはずですが・・・

山陽電鉄・おかげさまで110周年ヘッドマークです

今日も朝から猛暑です。

早朝に自宅を出発しないと、一日中部屋から出る気力がなくなります。

日中に鉄撮りして熱中症なるとみっともないので、
今日はエアコンの効いた自宅の部屋で休息しています。


撮影日記7月14日(金)その1、阪神電鉄・淀川

金曜日の午後、休暇を取って猛暑のなか鉄撮りです。

お目当ては山陽電鉄の台湾ラッピングと110周年ラッピングですが、
山陽電鉄のホームページのダイヤどおりに撮ることができるでしょうか。


172763_1.jpg

阪神電鉄・淀川駅

まずは淀川駅のホーム端から淀川鉄橋を渡る電車を撮影です。

さっそく、山陽電鉄110周年ヘッドマーク付きがやってきました。

今日は調子いいかも? と思っていたのですが・・・


172760_1.jpg

阪神電車の普通用車両が少しづつ置き換えが進んでいます。

乗り心地は新型のほうがはるかに良く快適でデザインも秀逸です。

ただ、ステンレス車なのが残念です。


172761_1.jpg

ダイヤ的にこの淀川鉄橋付近で離合するようです。

長い鉄橋なのでピタリと合うとは限りません。


172762_1.jpg

タイガースカラーの阪神電車が本線乗り入れかと思ったら回送でした。

阪神電鉄沿線では阪神電車はもちろん近鉄も山陽も撮れるのが楽しみです。


172764_1.jpg

赤胴車がなくなり古豪が最後の活躍です。

5500系はリニューアルされますが、5000系はこのまま廃車となるようです。


172766_1.jpg

もう一本110周年ヘッドマーク付きが来ました。

次の電車に乗って、ラッピング車は出屋敷駅で撮る予定です。


再び瑞風撮りに山陰線へ行ってきました

初運行の日以来、再び瑞風を撮りに山陰線へ行ってきました。

今回は園部~船岡のコイケヤストレートです。

この撮影地へは国鉄色381系が最後の活躍をしていたころに訪れて以来です。

猛暑のなか撮り鉄がチラホラおられましたが、
初運行のときと違って沿線にはほとんど人がいません。

鉄撮りには瑞風はあまり人気がないのでしょうか。


昼からは京都祇園祭の後祭に立ち寄ってから帰宅しました。

それにしても強烈に暑い夏です。


P7220093_1.jpg

JR山陰線・園部~船岡(2017.7.22撮影)

近鉄大阪線・関屋、チルトモニターでブツ撮りです

撮影日記7月8日(土)その2、近鉄大阪線・関屋

ロードバイクでチャリ鉄は二上山から関屋に来ました。

いつもの踏切て近鉄電車のブツ撮りです。

この踏切はフェンスがあるので踏み台か脚立が必須なのですが、
ロードバイクで持ってくるわけにいかないので、
ファインダーを見ないでチルトモニターで撮影です。

便利なものです。


172730_1.jpg

近鉄大阪線・関屋~大阪教育大前

関屋駅近の踏切ポイントではサイドに光が当たりません。

天気予報では曇りだったのでブツ撮りにちょうど良いかと思ったのですが、
空は快晴です。

架線の影も出るので車両撮りには向かない天気です。

贅沢な悩みです。


172732_1.jpg

アウトカーブ側は完全逆光です。

編成の後ろを入れると道路と自動車が入ります。
6両編成を越えるとお尻が切れます。

こりゃだめだわ~


172736_1.jpg

もう一か所の踏切ポイントに移動です。

先客がおられ、この方はマウンテンバイクで大阪から来られたそうです。

チャリ鉄談話をしながらまったり撮影です。


172735_1.jpg

お目当ての鮮魚列車は下り列車とかぶってしまい、後追いだけ撮れました。

先客に聞いたところでは、この場所では7割程度の確率でかぶるそうです。


172738_1.jpg

2両編成のあおぞらⅡが来ました。

先客に聞いたところでは、朝イチに「つどい」や「楽」が通過したそうです。

まっいいか


172739_1.jpg

だんだんと少なくなってきた原色ビスタです。

リニューアルへの更新はいつまででしょうか。


172740_1.jpg

普通電車は快速も急行も準急も普通もやってきます。

撮らずにはおられません。


172742_1.jpg

スラントノーズ特急3連キャンです。

まずは白いアーバンライナー


172743_1.jpg

次は赤い伊勢志摩ライナー

もう一本伊勢志摩ライナーが来るので待ってみます。


172746_1.jpg

黄色い伊勢志摩ライナーでした。

この1時間あとに「しまかぜ」が来るのですが、
猛烈に暑くなってきたので再びロードバイクに乗って撤収します。

近鉄南大阪線、二上山ふもとの田んぼです

撮影日記7月8日(土)その1、近鉄南大阪線・二上山

ツール・ド・フランスの季節が始まると、ロードバイクに乗りたくなってきます。

久ぶりにロードバイクでチャリ鉄してきました。

まずは、南大阪線の二上山バックです。


172722_1.jpg

近鉄南大阪線・当麻寺~二上神社口

おなじみ二上山バックの定番ポイントです。

ふもとの田んぼでは稲がスクスクと育っています。


172721_1.jpg

あたり一面の田んぼが緑のじゅうたんになるころは夏本番です。


172723_1.jpg

今年は新緑の季節に訪れましたが、

水鏡の季節には来ることができませんでした。

あちらを撮れば、こちらが撮れず。


172725_1.jpg

形式もカラーも新旧混合編成の特急です。

どちらの車両に乗れるかは運次第ですが、

新型がいいのか旧型がいいのか、
鉄分の多さで変わってくるのでしょう。


172726_1.jpg

今年の梅雨は雨がほとんど降りません。

田んぼの水を心配しているのですが、
いまのところたっぷり水がありそうです。

今年も豊作でしょうか。


172727_1.jpg

近鉄大阪線へと移動してみます。

せっかくロードバイクを持ち出したので、もっと走りたい気分です。



近鉄橿原線・郡山、田んぼの水鏡の夕日です

撮影日記6月19日(月)その2、近鉄橿原線・郡山

仕事帰りの近鉄撮り、日没まで夕日バックで粘りました。

この集中力を仕事に生かせればいいのですが。


172660_1.jpg

近鉄橿原線・近鉄郡山~筒井

夕日が水鏡の田んぼに映る時間です。

まだまだ日差しは強いのですが、美しい夕焼けになりそうです。


172657_1.jpg

水鏡の田んぼは、すっかり暗くなってきました。

夕日の当たらない日陰は、あっと言う間に夜を迎えます。


172663_1.jpg

架線のない非電化路線だったらもっといいのに

と、思ってしまうぐらい美しい夕焼けになってきました。


172656_1.jpg

ひっきりなしでやってくる近鉄電車ですが、

夕日が沈むタイミングで来るかどうかは運次第です。


172668_1.jpg

バックの山は矢田丘陵です。

奈良は盆地なので地平線に沈む夕日を見ることができません。


172670_1.jpg

オレンジ色からブルーへ

日没とともにグラデーションが変わってきます。


172676_1.jpg

今日も一日ごくろうさん。

たっぷり働いた人を乗せて通勤電車が走ります。

朝のラッシュと違って、少しだけ心が軽くなるのは気のせいでしょうか。


172677_1.jpg

夕日が沈みます。

エアコンの効いた涼しい我が家へ帰ります。

近鉄橿原線・郡山、いつもの田んぼで仕事帰りの一鉄です

撮影日記6月19日(月)その1、近鉄橿原線・郡山

梅雨の晴れ間の夕方、いつもの田んぼで仕事帰りの一鉄です。


172648_1.jpg

近鉄橿原線・近鉄郡山~筒井

今日は一日中、快晴でした。

美しい夕焼けが期待できそうです。

まずは、順光側から近鉄撮りです。


172650_1.jpg

白いリニューアル特急も夕日に当たってオレンジ色に染まります。

白い色はどんな色にも変わります。


172649_1.jpg

郡山付近は天理行きと橿原神宮前行きの路線が撮れる場所です。

次々と電車はやってくるのですが、意外と並ぶことはありません。


172651_1.jpg

朝から夕方までお天気の日は気持ちのいい一日です。

晩ご飯が美味しく、お風呂上りのビールも美味しい一日です。


172653_1.jpg

この日は6月19日で田植えが終わってから1週間余りです。

小さな稲の苗はあっと言う間に育ち、田んぼは緑のじゅうたんになります。


172654_1.jpg

次は逆光側に移動して、夕焼けを撮ってみます。

近鉄南大阪線・畝傍山、水鏡の季節は終わりました

京都・祇園祭の前祭が終わり、
梅雨明けはまだのようですが、天気はすでに夏本番です。

今年も山鉾巡行はテレビで見ていたのですが、

午後からの猛暑で出かける気にならず、
エアコンの快適な室内でパソコンのモニターで写真の整理をしていました。

エアコンのない昔の人は祇園祭のころをどのように過ごしていたのでしょうか。


撮影日記7月2日(日)その2、近鉄南大阪線・畝傍山

近鉄南大阪線の畝傍山バックの定番ポイントです。

水鏡の季節はすでに終わっていましたが、
わずかに残る水面を入れて「青の交響曲」を撮ってみました。

この付近の田んぼは休耕田が多くて雑草が伸びているのですが、
今年は田植えと草刈りされているので、きれいに撮影できそうです。


172720_1.jpg

近鉄南大阪線・橿原神宮西口~坊城

すっかり定着しました「青の交響曲」です。

「かぎろひ」と同じく撮影が難しい色です。


172716_1.jpg

畝傍山のふもとには田んぼが似合います。

稲作が始まったころから延々と続いている日本の文化です。


172717_1.jpg

今年は雨が降らない梅雨ですが、
空模様はすっきりしない曇り空です。

撮り鉄には恨めしい空です。


172718_1.jpg

暑くなってきました。

午後からはエアコンの良く効いた部屋でお昼寝です。

戻りたくても戻れない

戻りたくても戻れない

蒸気機関車の廃止が目前に迫っていた学生時代

愛機のペトリV6と50mmレンズ、36枚撮りのネオパンSS
お小遣いで望遠レンズもカラーフィルムも買えるはずもなく
一枚一枚、大切にシャッターを押していたころ

雑誌で見た南九州の門デフC55やC57、北海道のニセコC62や二つ目9600
お小遣いで周遊券を買って学校をさぼって行けるはずもなく
心は全国各地を駆け回っていたころ

家の前を走っていた京都市電や山陰線のC57客レやD51貨物
毎日、乗るだけ見るだけでカメラを向けることもなく
心は遠くの鉄道に向いていたころ

カメラも車両も変わったけれど、鉄道を見る瞳は今も変わらない

戻れるはずはないけれど、心だけはあの頃に戻れるはず



tokaido-8_1.jpg

大阪駅、1971.5.5撮影

阪急・梅田、今夜は祇園祭宵山でコンチキチン

今年も京都祇園祭に行ってきました。

朝イチは山陽電鉄でラッピング車の駅撮りでスタートし、

阪急電鉄・梅田駅で「祇園祭」HMの駅撮り、

次に嵐電・山之内で道路併用区間の撮影、

最後に四条界隈で祇園祭の山鉾をたっぷり撮りました。

夜まで撮るつもりだったのですが、
午後3時すぎから京都市内は豪雨となりました。

朝からの撮影でヘトヘトになっていたので、
これ幸いと早々に撤収してきました。

明日の山鉾巡行はテレビで見る予定です。



P7160303_1.jpg

阪急電鉄・梅田駅(2017.7.16撮影)

JR和歌山線・御所~玉手、117系健在です

撮影日記7月2日(日)その1、JR和歌山線・御所~玉手

最近は近鉄電車の撮影が続きますので、久々にJR和歌山線に行ってきました。

狙うのは、ひそかに人気がある117系です。


172704_1.jpg

JR和歌山線・御所~大和新庄

スカイブルーの117系です。

だんだん国鉄型車両が少なくなっているので、貴重な存在です。

毎日、朝イチに和歌山から王寺にやって来ます。


172702_1.jpg

105系はラッピング車はいつの間にか消えてしまい、
春日色はすでになく、すべてスカイブルーの単色になりました。

ちょっと寂しい気分です。


172703_1.jpg

221系は勢力拡大中です。

せっかく和歌山線や桜井線で鉄撮りしても、
221系がやってくるとガッカリです。


172707_1.jpg

御所駅に立ち寄りました。

国鉄時代そのままに、ひっそりとしていますが有人駅です。


172708_1.jpg

御所~玉手

自転車で御所から玉手へとブラブラチャリ鉄します。

1時間に1本の列車が貴重な被写体です。

最近、近鉄撮りばかりなので、いつでも列車が来る感覚でいてしまいます。


172710_1.jpg

玉手~掖上

沿線の田んぼの稲はスクスクと育っています。

今年は水鏡を近鉄沿線ばかりで撮っていたので、JR線まで行くことができませんでした。

来年こそは・・・と思っているのですが。


172711_1.jpg

朝の105系4両編成です。

117系と並ぶ貴重な被写体です。

後ろの4両目が樹木に隠れてしまいました。


172712_1.jpg

後追いで。

バックに京奈和自動車道の高架ができています。

もうすぐ奈良から和歌山まで高速道路一本で行くことができるようになります。

開通したら和歌山電鉄を撮りに行こうっと。


172714_1.jpg

もうすっかり夏景色です。

まだ梅雨明けはしていませんが、今年は梅雨があったのでしょうか。


172715_1.jpg

次の列車は1時間以上待たねばなりません。

ローカル線ならではの、のんびりムードなのですが、
炎天下にジッと待つことは危険です。

近鉄沿線へと移動しながら帰路につきます。

JR東京駅、KITTEからプチ俯瞰です

撮影日記6月5日(月)その17、JR東京駅

1泊2日の横浜・鎌倉・東京遠征の最終回です。

最後は帰りの新幹線の待ち時間を利用して東京駅の撮影です。

丸の内口のKITTEの屋上展望から駅舎がプチ俯瞰できます。

今回は最初から最後まで俯瞰三昧でした。

いわゆる俯瞰症にかかったようです。


172478_1.jpg

JR東京駅

ちょっとだけの俯瞰でも、地上から見る駅舎とは違った印象です。

大東京駅の割には人が少ないのはビジネス街ではないからでしょう。


172473_1.jpg

レンガ作りの建物の向こうに新幹線ホームが見えます。

平成の時代になってもレンガの建物があることが貴重です。

コンクリートジャングルには住みたくないものです。


172476_1.jpg

東京駅の周囲はビルが立ち並んでいます。

丸の内駅舎だけが時空から取り残されたようです。


172469_1.jpg

夕方になったので、高層ビルの影が長くなってきました。

お昼時に東京駅を撮ればいいのですが、
せっかくの貴重な撮影タイムに訪れることがなかなかできません。


172462_1.jpg

明治にタイムスリップしたような建物です。

京都駅は斬新なデザインの近代的な駅ビルに生まれ変わりましたが、

逆に東京駅が時代を逆戻りしたのは不思議なものです。


172490_1.jpg

今回の遠征で初めてワイドレンズで撮りました。

駅撮りと俯瞰撮影ではワイドレンズの出番がありませんでした。


172482_1.jpg

おなじみの天井です。

ちょっと目が回りそうです。

さて、帰りの新幹線の発車時間が近づいてきました。

これで撤収です。

PS
帰りの新幹線はちょっと贅沢してグリーン車です。

リッチな気分でゆっくり寝ました。



東急世田谷線・山下、東京遠征最後の撮影地です

撮影日記6月5日(月)その16、東急世田谷線・山下

東急世田谷線に乗って三軒茶屋から山下まで来ました。

今回の1泊2日の東京・横浜・鎌倉遠征、最後の撮影地です。


172442_1.jpg

東急世田谷線・山下

110周年のラッピング車です。

そういえば、山陽電鉄も110周年で記念電車が走っています。

この時代に私鉄の開業が盛んだったのでしょうか。


172432_1.jpg

東急世田谷線は都電荒川線とともに、
線路も車両も新しくなりましたが、昔ながらの東京の雰囲気のする路線です。


172436_1.jpg

地元に根付いてこその鉄道です。

地元の人が使ってこその鉄道です。

地域の鉄道が持つ日常の景色が好きです。


172438_1.jpg

おしゃれ~な電車になりました。

レトロに人気なのは鉄の人だけで、
普段使う地元の人には快適な新型のほうが人気があるはずです。


172447_1.jpg

世田谷線の車両は全車カラーが異なります。

時々、ラッピング車もあるそうです。

今度、訪れるときはどんな車両が走っているのでしょうか。


172448_1.jpg

山下付近を望遠レンズで見てみると、勾配があります。

平坦な関東平野のようですが、意外と起伏のある地形です。


172455_1.jpg

さて、これで今回の遠征の撮影はすべて終了です。

朝イチの品川・京浜急行からスタートし、
東京の東半分をグルッと回ったことになります。

帰りの新幹線の待ち合わせ時間までに東京駅に戻らねばなりません。

小田急で新宿に出てJR中央線で東京に戻ります。




東急世田谷線・三軒茶屋、キャロットタワーの俯瞰です

撮影日記6月5日(月)その15、東急世田谷線・三軒茶屋

浜松町の世界貿易センタービルで俯瞰撮影を終えたあと、
もう一か所、俯瞰撮影地に向かいます。

おなじみ東急世田谷線・三軒茶屋のキャロットタワー展望ロビーです。

平日の午後、無料の展望ロビーではビジネスマンが休憩中でした。

お昼寝の邪魔をしてはどうかと思い、早々に撤収しました。


172396_1.jpg

東急世田谷線・三軒茶屋~西太子堂

展望ロビーから見下ろせば、小さなな電車が走っています。

大動脈の鉄道とちがってのんびりムードが広がっています。


172400_1.jpg

浜松町の世界貿易センタービル俯瞰はビルばっかりですが、

こちらのキャロットタワー俯瞰は小さな住宅地ばっかりです。

同じ東京でも街並みも雰囲気も大きく異なります。


172402_1.jpg

今回の遠征では4ヶ所の高層ビル俯瞰撮影ができました。

横浜ランドマークタワー
北トピア
世界貿易センタービル
と、ここキャロットタワーです。

それぞれ俯瞰撮影していると、眼下に広がる景色は異なることに気づきました。

では下界へ降りて世田谷線の電車に乗ります。


172417_1.jpg

東急世田谷線・三軒茶屋

ちょっと欧風のような駅ホームです。

せっかくなので、三軒茶屋から山下までちょっとだけ乗り鉄します。


172420_1.jpg

十数年前に訪れたときは東急の旧型車が走っていたのですが、
いまでは全車新型車に置き換わりました。


172429_1.jpg

2両の連接車で、車内の通路にはドアがなく広々としています。

路面電車と違って、いたって快適です。


172423_1.jpg

車中にて

複線の鉄道専用路線なので、自動車と並走することもなくスムーズに走ります。

路面電車好きとしてはちょっと物足りないところです。


172426_1.jpg

短い区間ですが、いつものように先頭車両に陣取って鉄撮りです。

お上りさんは一目を気にすることはありません。

近鉄橿原線・石見、今年最後の名残の水鏡です

撮影日記6月24日(土)その3、近鉄橿原線・石見

今年の奈良盆地は梅雨らしい雨が降りません。

時折、夕立がある程度で、シトシトと降る雨がありません。

九州のような豪雨がないだけマシなのですが、これで夏本番が乗り切れるのでしょうか。

今年、最後の最後、田んぼの水鏡です。


172695_1.jpg

近鉄橿原線・石見~田原本

田んぼの稲がだんだん大きくなってきたので、
水鏡に映る近鉄電車がぼんやりしてきました。

もうすぐ水鏡の季節は終わります。


172694_1.jpg

梅雨とは思えないいい天気です。

今年は天候に恵まれたので、
例年になくたっぷりと田んぼの水鏡を撮ることができました。


172696_1.jpg

整然と稲が植えられた田んぼは日本の文化遺産だと思います。

日本人気質なのでしょうか、
限られた土地を有効利用する知恵なのでしょうか。


172698_1.jpg

近鉄ニューカラーは一向に増える気配はありません。

新車を増備する余裕はないのでしょうか。

個人的にはこの色は好みではありませんけど。


172699_1.jpg

ビスタの後ろに従来色エースを2両増結して休日運用です。

新旧混色編成は今が一番楽しいときです。


172701_1.jpg

わずか1時間あまりで近鉄電車をたっぷり撮りました。

こんなにお手軽な撮影地が近所にあることに感謝です。


近鉄橿原線・石見、ガマの穂を見っけ

撮影日記6月24日(土)その2、近鉄橿原線・石見

名残の水鏡を撮りながらウロウロ沿線を歩いていると、
ガマの穂を見つけました。

この付近の田んぼへは何度も訪れているのですが、
まったく気が付きませんでした。


172692_1.jpg

近鉄橿原線・石見~田原本

ガマの穂を見っけ

ガマは多年生の植物で、穂の下部は雌花が集まったもので、上半分は雄花です。


172688_1.jpg

線路際の一か所の田んぼだけ群生しています。

稲を植えない田んぼだからガマが残っているのでしょうか。


172690_1.jpg

田んぼは一面に緑色の藻が広がっています。

水鏡どころか緑のカーペット状態です。


172686_1.jpg

藻が広がり過ぎると、地面の温度が下がり稲の生育に良くないそうです。

晴天が続くので、ひと雨ほしいところです。


172693_1.jpg

志摩スペイン村「パルケエスパーニャ」

子どもが大きくなると、ディズニーランドにもUSJにも行くことがありません。

おじさんには縁のない世界です。


172685_1.jpg

もう少し近鉄電車の名残の水鏡を撮っています。

近鉄橿原線・石見、名残の水鏡です

撮影日記6月24日(土)その1、近鉄橿原線・石見

奈良盆地の田植えは6月上旬に終わりました。

沿線の田んぼではスクスクと稲が育ち、水鏡の季節が終わります。

名残の水鏡を撮りにいつもの近鉄橿原線の田んぼに出かけました。


172684_1.jpg

近鉄橿原線・石見~田原本

田植えが終わって2週間が経ちました。

かろうじてリニューアルビスタの姿が田んぼに映っています。


172682_1.jpg

今年は田植え後の天気に恵まれています。

稲の生育はともなく、撮り鉄には絶好の天気模様です。


172681_1.jpg

毎年、四季折々、ここの田んぼに近鉄電車を撮りにきています。

水鏡の季節が終われば、次は青い絨毯が広がります。


172680_1.jpg

近鉄橿原線では、通常は平端駅で普通電車を特急・急行が追い越します。

急行の次は普通がやってきます。


172679_1.jpg


右から左から

シャッターを押す指が、やめられない、止まらない。

世界貿易センタービルから東京モノレール俯瞰です

撮影日記6月5日(月)その14、東京モノレール、世界貿易センタービル俯瞰

世界貿易センタービル展望ロビーでの俯瞰撮影の最後は、東京モノレールです。

あれこれと撮りたいものがたくさんあって、展望ロビーでは1時間以上粘ってしまいました。


172362_1.jpg

東京モノレール・浜松町

ソフトフォーカスのようになっているのは、ガラス窓が曇っているからです。

展望ロビーでの撮影は静かでエアコンが効いて快適なのですが、
窓越しの撮影のためヌケの良い写真が撮れません。


172366_1.jpg

JR線の上を道路が走り、その上をモノレールが走ります。

次はその上を何が走るのでしょうか。

地下にもいろいろなものが走っているはずです。


172377_1.jpg

右を向いても左を見ても、ビル・ビル・ビル・・・・

ビルのない街が懐かしくなります。


172385_1.jpg

モノレールの屋根がカラフルです。

誰が見るのでしょうか。

見えないものにもお金をかけることも良いものです。


172381_1.jpg

ビルの向こうに海が見える。

俯瞰は見納め撮り納めです。

さて、時間はたっぷりあります。
次はどこに行こうかな。




ゆりかもめ、世界貿易センタービルから俯瞰撮影です

撮影日記6月5日(月)その13、ゆりかもめ、世界貿易センタービル俯瞰

世界貿易センタービルの展望ロビーでの俯瞰撮影が続きます。

新幹線、JR在来線の次は「ゆりかもめ」です。

お台場に行ったり、ビッグサイトでイベントがあったときに乗ったことがありますが、
ちゃんと撮ったのは初めてです。

大阪南港のポートタウン線や神戸のポートライナーに似た乗り物で、
シーサイドの雰囲気たっぷりです。


172323_1.jpg

ゆりかもめ、汐留~竹芝

ビルの足元を巻くように高架線が走っています。

現代の路面電車的な雰囲気でもあります。


172324_1.jpg

高層ビルを見上げて「ゆりかもめ」が走ります。

国鉄時代に育った者にとっては近未来の鉄道です。


172326_1.jpg

ビルの谷間にも緑の公園があります。

やっぱり人は植物がなければ生きてゆけません。


172330_1.jpg

常に定時運行です。

運転手も車掌も乗っていません。

初めて乗った時は不安でしたが、慣れてくるとなんにも感じなくなりました。


172334_1.jpg

おもちゃのような車両です。

鉄道模型向きのような気がしますが、
モデルを見たことはありません。


172346_1.jpg

新幹線を横目で見ながら高架線を走ります。

形もスピードも異なりますが、
これからも人の輸送を担っていくのでしょう。


172353_1.jpg

竹芝~日の出

海のすぐ近くです。

人は海を埋め立てて土地を広げていきます。

海岸の生物たちはどこに行ったのでしょうか。


172355_1.jpg

こんなところに公園がありました。

自動車や鉄道に乗っていると気が付きません。

俯瞰撮影はすべてのものを見渡せることができます。


172356_1.jpg

海の向こうにもビルが立ち並びます。

横浜と違って潮風を感じることはありませんでした。


172372_1.jpg

船は出てゆく汽笛は残る・・・

情緒のある港の景色はなくなりました。

JR東海道線・浜松町、世界貿易センタービル俯瞰です

撮影日記6月5日(月)その12、JR東海道線/山手線、浜松町、世界貿易センタービル俯瞰

浜松町駅前の世界貿易センタービルの展望ロビーでの俯瞰が続きます。

東海道新幹線の次は東海道線/山手線です。


172318_1.jpg

JR東海道線・山手線、浜松町~新橋

ビルばっかり

展望ロビーでは大都会での俯瞰撮影のだいご味をたっぷりと味わえます。

お値段は620円なので元をとるつもりです。


172317_1.jpg

東海道本線をスーパービュー踊り子が駆け抜けていきます。

在来線で特急を見ることが少なくなりました。

新幹線ばっかりの鉄道って楽しくないです。


172322_1.jpg

何階建てのビルでしょうか。

土地の少ない日本でば、上へ上へと伸びていきます。

田舎に行けば、いっぱい土地はあるんですけどね。


172340_1.jpg

左から、山手線、東海道本線、東海道新幹線とゆりかもめ

全線並走を撮ることができるのでしょうか。


172359_1.jpg

浜松町~品川

展望ロビーの南側へ回ると海が見えます。

ビルの隙間からですけどね。


172360_1.jpg

左の高架は東京モノレールです。

個人的には、モノレールもケーブルカーも鉄道の一種と思っています。


172387_1.jpg

都会の車窓ってビルばっかりです。

俯瞰して初めてどこを走っているのか分かります。

井の中の蛙にならないようにしたいものです。


172395_1.jpg

今日は天気が良くてよかったです。

雨の日だったら展望ロビーに来ることはありません。

昨日の家族サービスのおかげでしょうか。


P6050430_1.jpg

おまけ、鉄分はありません。

東京タワーが見えました。

個人的にはスカイツリーよりも素敵なデザインです。

昭和チックなところが好みです。


P6050432_1.jpg

東京タワーの展望台に上れば俯瞰撮影ができるのでしょうか。

今度、訪れたときはタワーで俯瞰したいものです。


P6050474_1.jpg

遠くに新宿高層ビル群も見えます。

やっぱり東京は都会だなあ
と、お上り撮り鉄は思ってしまいます。

東海道新幹線、浜松町俯瞰です

撮影日記6月5日(月)その11、東海道新幹線・浜松町、世界貿易センタービル俯瞰

日暮里で「四季島」を撮ったあと、浜松町で下車

駅近くの世界貿易センタービルで俯瞰撮影です。

展望ロビーに入るのには有料ですが、
今回の首都圏の鉄撮りで訪れたい場所なので止む無しです。

ここでは東海道新幹線、JR東海道線、ゆりかもめ、東京モノレールを撮ることができます。

では、まずは東海道新幹線から撮影開始です。


172320_1.jpg

東海道新幹線・品川~東京

ビルに挟まれて線路が並走しています。

左から、JR東海道線、東海道新幹線と高架線のゆりかもめです。


172336_1.jpg

置き換えのスケジュールが発表された700系が最後の奮闘中です。

それにしてもJR東日本と違って、東海道新幹線は白い電車ばっかりです。


172343_1.jpg

高層ビルから低層ビルまで、ビルもいろいろです。

とても住みたいとは思いません。


172392_1.jpg

南側の展望からも新幹線が見えます。

左の高架線はモノレールです。

JR山手線・日暮里、「四季島」を初撮りです

撮影日記6月5日(月)その10、JR山手線・日暮里

王子・北トピア俯瞰の撮影を終えて、再びJRで日暮里駅で下車

「四季島」の初撮りです。

この日は上野発の「四季島」が撮れるので、無理矢理スケジュールに組み込みました。

首都圏で移動時間も少なく、お手軽に撮れそうな日暮里駅の跨線道から俯瞰撮影です。


172301_1.jpg

JR山手線・日暮里

ここでは下り列車を後追いで撮れます。

月曜日の昼前ですが、数名の撮り鉄が集まりました。

まだまだ東京でも人気のようです。


172298_1.jpg

ヨコを東北/高崎線が並走しています。

首都圏の通勤電車の更新は早いようで、
今度、訪れたときには置き換えになっているかもしれないので、撮っておきます。

ちなみにこの跨線道から山手線は撮れません。


172305_1.jpg

首都圏の通勤電車ではダブルデッカーが付いています。

あの通勤地獄でも座って通えるので追加料金を払っても人気があるそうです。

関西の通勤ラッシュはマシなようです。


172302_1.jpg

ヨコを常磐線が走っています。

せっかくなので一枚だけ撮っておきます。

常磐線に国鉄型が走っていたころは、取手付近に何度も通ったのですが、
車両がJR型に代わってからは、撮りに行くこともなくなりました。


172315_1.jpg

ヨコを新幹線が走っています。

あえて撮らなくてもいいのですが、ついカメラを向けてしまいます。


172316_1.jpg

粘っていても何もないので、次の撮影地へと向かいます。

今日はあと数か所で撮影の予定です。

ハードなスケジュールが続きます。


ランキングに参加しています
にほんブログ村 鉄道ブログへ
鉄道コム
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
プロフィール

yakuちゃん

Author:yakuちゃん
奈良在住の撮り鉄&チャリ鉄です。88(ハチハチ:だいたいとか、よい加減とかの意味)気分で、撮影日記を中心に(できるだけ)毎日更新しています。

最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる