都電・三ノ輪橋、フォトジェニックな路面電車です

撮影日記6月5日(月)その7、都電荒川線・三ノ輪橋

京成電鉄・荒川橋梁の撮影を終えて、
東武鉄道・牛田駅から北千住駅で再び地下鉄に乗り換えて三ノ輪駅で下車

三ノ輪橋駅から都電で町屋駅まで、ちょとだけ路面電車で乗り鉄です。

この付近の電車の路線は複雑で、どの駅からどの私鉄が出ているのか、
事前にリサーチしておかないと、お上りの撮り鉄は迷子になりそうです。


172207_1.jpg

都電荒川線・三ノ輪橋駅

撮り鉄だけでなく、一般の観光客にも超有名な三ノ輪橋駅です。

都電の撮影には何度も訪れているのですが、
三ノ輪橋まで来るのは初めてです。

同じ撮影地でも有名カメラマンのように撮れるとは思っていません。


172211_1.jpg

都電の車両の置き換えが進んでおり、ラストランで盛り上がっています。

いずれ低床式の新型車両ばかりになってしまうのでしょうね。

都内で路面電車が走っているだけでも貴重なのですけどね。


172218_1.jpg

バラの花が美しい駅ですが、目についたのは駐輪場からあふれた自転車たち

都会の駅には自転車が似合います。


172220_1.jpg

それでは路面電車に乗って町屋に向かいます。

都電の全線を乗りたいのですが、
今回も時間の都合上、ちょっとだけ乗り鉄気分を楽しみます。


172223_1.jpg

車中にて

計器類もマスコンも新しくなり、運転もしやすいようです。

乗り心地も良く、加減速もスムーズです。

良いことばかりのようですが、何かが足りない気がします。


172227_1.jpg

町屋駅

今回の都電はここまでです。

ガタガタ、ゴトゴトと、もっと乗っていたい気分です。

根っからの路面電車好きです。


172231_1.jpg

電柱が立ち並び、空には電線が張り巡らされ、路面電車が走っています。

都会の下町のムードたっぷりです。


スポンサーサイト

京成・関屋、架け替え前の荒川橋梁です

撮影日記6月5日(月)その6、京成電鉄・関屋、荒川橋梁

東武鉄道・堀切駅から荒川の土手をブラブラ歩いて京成電鉄に移動です。

やってきたのは荒川橋梁、ここで京成電鉄の車両を撮ります。

最初の計画ではどこかで駅撮りしようと考えていたのですが、
ネットで探していると荒川橋梁が来年度から架け替え工事が始まるとのことです。

せっかくの機会なので、鉄橋を渡る電車を狙ってみました。

もちろん、お目当てはスカイライナーです。


172205_1.jpg

京成電鉄・京成関屋~堀切菖蒲園

スカイライナーが撮りたくて京成電車に来たようなものです。

この撮影地は鉄橋の上流側から午後に撮るのがいいのですが、
スケジュールの都合で下流側からの撮影となってしまいます。

もっとカッコイイ撮影地があるはずですが、
限られた時間のなかでは止む無しです。


172204_1.jpg

せっかくなので、次々とやってくる京成電車を撮っておきます。

今度、いつ撮れるかわかりません。
たとえ来れたとしても、その時には置き換わっていたということが、しばしばあります。


172203_1.jpg

月曜日の朝です。

こんな曜日のこんな時間に、こんなところで電車を撮っているのは、
よっぽど暇な人か、鉄分の多い人だけです。

もちろん誰もいません。


172202_1.jpg

できれば、ちゃんとした撮影地で、ちゃんと撮りたいのですが、
一日で首都圏の私鉄を撮ろうとすることに無理があります。


172199_1.jpg

鉄橋が架け替えられるそうです。

理由は橋が低すぎて、川が増水したときは鉄橋が水没する可能性があるためだそうです。


172188_1.jpg

レトロで美しい鉄橋です。

架け替えられた橋梁はどのようなものになっているのでしょうか。

たぶんコンクリート造りなんでしょうね。


172198_1.jpg

どこの私鉄でも特急車両はカッコイイものです。

近鉄好きの撮り鉄ですが、京成もいいもんです。


172196_1.jpg

どこからでもスカイツリーが見えます。

なにげなく周りを見渡せばスカイツリーが見えます。

本当に高い塔です。


172191_1.jpg

マンション群の中を走る電車

自然のなかを走る鉄道もいいですが、首都圏の鉄道はこれでなくっちゃね。


172190_1.jpg

鉄橋の上を高速道路がまたいで通っています。

自然の残っている荒川ですが、やっぱり都会です。


東武鉄道・堀切、お上りさんの鉄撮りが続きます

撮影日記6月5日(月)その5、東武鉄道・堀切

首都圏の鉄道撮りが続きます。

品川駅からJR山手線で上野駅下車、上野からメトロで北千住駅へ、

北千住で東武鉄道に乗り換えて堀切駅で下車し、駅撮りのスタートです。


一日でできるだけ多くの鉄道を撮りたいので、駅撮りが中心となってしまいます。

とにかく電車を撮ることだけが目的です。


172169_1.jpg

東武鉄道・堀切駅

ホームの中ほどに陣取って、次々とやってくる電車を撮りまくります。

形式とか鉄道会社とかよくわかりません。

とにかく撮るだけです。


172171_1.jpg

結構、レトロな電車が走っているのですね。

東京とは思えないような車両たちです。

いずれ置き換えになって、どこかの地方鉄道で活躍するのでしょうね。


172179_1.jpg

赤い帯と青い帯の違いは何?

帰ってから調べてみようかな?


172174_1.jpg

東急の車両もここを走ります。(たぶん)


172182_1.jpg

オレンジ色の憎いやつ!

というコピーのCMが昔ありました。

何の商品だったけ。

記憶が薄れていくのは歳のせいです、認知症ではありません。


172173_1.jpg

堀切駅のホームはちょっとレトロチックです。

通勤圏でないのか、ラッシュアワーでものんびりムードです。


172176_1.jpg

ホームの端に移動して直線狙いです。

スペーシア通過

何色かの編成があるそうです。

今回は新型のリバティを撮ることができませんでした。


172178_1.jpg

メトロも地上を走ります。

私鉄も地下を走ります。

相互乗り入れで、どの列車がどこに行くのか、
お上りさんには迷うばかりです。


172180_1.jpg

それにしてもステンレス車ばっかりです。

鉄道会社のオリジナルを持とうとする矜持はないものでしょうか。


172183_1.jpg

次は京成電鉄に移動します。

まだまだ首都圏の鉄道撮りは続きます。

京急・品川、お上りさん気分で鉄撮りです

撮影日記6月5日(月)その4、京浜急行電鉄・品川

家族連れの関東遠征、2日目は家族と離れて一日中フリータイムです。

帰りの新幹線の時間まで首都圏の鉄道をたっぷり撮ることができます。

ラッシュアワーになる前、朝早くにホテルを出て、
近くの品川で京急撮りからスタートです。


172141_1.jpg

京浜急行電鉄・品川~北品川

駅近の超お手軽&定番撮影地です。

写真的にはともかく、短い時間でたっぷりと電車を撮ることができます。

京急と言えば、赤と白の電車です。


172140_1.jpg

首都圏の私鉄は乗り入れが頻繁なので、どこの鉄道の車両が来るのかわかりません。

マークから見ると都営地下鉄の車両でしょうか。


172144_1.jpg

地元の方や通勤・通学に使っている方にとっては、毎日、見慣れた電車です。

お上りさんには格好の被写体で、とっても楽しいものです。

遠くから関西に遠征されて近鉄電車を撮っておられる方も同じような気分なのでしょう。


172147_1.jpg

もともと車両形式に疎い撮り鉄なので、どこの鉄道なのかわかりませんが、

ほとんど気にならないのも、いい加減な撮り鉄です。

でも、とっても楽しいです。


172152_1.jpg

ラッシュアワーが近づいてくると、上下線から電車が頻繁にやってきます。

今日は月曜日、みなさん仕事モードなのでしょうが、
のんきに電車を撮っているのも気が引けてきます。


172159_1.jpg

北総鉄道ってどのあたりを走っているのでしょうか。

もともと京都在住だったので碁盤の目の街しか知りません。

複雑な首都圏の鉄道や道路は覚えることも難しいものです。


172160_1.jpg

撮影ポイントはこんな感じの踏切です。

線路の外側に安全地帯があるので、安心して撮ることができます。

もちろん平日なので撮り鉄はだれもいません。


172167_1.jpg

ひととおり電車を撮ったかも。

今日は数ヶ所の撮影地を回る予定なので、ジッと粘っているわけにもいきません。

ラッシュアワーになる前に電車に乗って都心から離れます。


JR山陰線・千代川、はじめましての瑞風です

撮影日記6月17日(土)その1、JR山陰線・千代川

トワイライトエクスプレス瑞風の初運行です。

千代川~八木の踏切ポイントで待つこと2時間、
ようやく瑞風がやってきました。


172606_1.jpg

JR山陰線・千代川~八木

瑞風が来るまでワイドレンズで遊んでいます。

近畿圏ならどこでも見られる223系軍団です。

あえて山陰線で撮っても仕方ないのですが。


172607_1.jpg

前2両は福知山行きで、後ろの221系は園部止まりです。

園部からは単線となり、一気にローカル色が濃くなるので、

コイケヤストレートで撮っても良かったのですが、
次回の楽しみに残しておきます。


172608_1.jpg

瑞風を望遠レンズで撮ろうかと試してみたのですが、
ちょっと逆光です。

再びワイドレンズに交換です。


172612_1.jpg

4000分の1秒で止めます。

瑞風は特急並みのスピードで走って来るそうです。

上空にはヘリコプターが飛んできました。

いよいよです。


172614_1.jpg

初めましての瑞風です。

これから各地で何度でも撮ることになるのでしょう。

初撮りは感慨深いものがあります。


172618_1.jpg

JR東日本の四季島と違って、各車両のデザインはあまり変化がありません。

車内はどうなっているのでしょうか。

いずれにしても乗ることはなさそうです。


172620_1.jpg

バックショットでもう一枚。

さて、これから歩いて八木城跡へ向かいます。


JR山陰線・千代川、白い電車ばっかり

撮影日記6月17日(土)その1、JR山陰線・千代川

トワイライトエクスプレス瑞風が初運行する日でした。

東海道線の大阪~京都の撮影地が激パだろうし、
非電化区間まで遠征するわけにもいかないし、

山陰線のどこで撮ろうかと思案した結果

数年ぶりに千代川~八木に訪れました。

まずは「瑞風」が来るまでの撮影です。

それにしてもやってくる電車は白い色ばっかりです。


172596_1.jpg

JR山陰線・千代川~八木

水鏡がいいなあと、あちこち探したのですが、
瑞風10両が入るような田んぼがありません。

4両編成がピッタリです。


172593_1.jpg

数日前まで曇天の天気予報だったんですが、

今日はすっきりと晴れて、「瑞風」の門出を祝ってくれているようです。


172594_1.jpg

7両編成の特急「はしだて」+「まいづる」

分割併合のは今も昔も変わりません。

ただ、国鉄色から白いJR色に変わりました。


172598_1.jpg

「瑞風」の田んぼ水鏡をあきらめて、踏切ポイントへ移動します。


172599_1.jpg

踏切ポイントへ来ました。

しばらくアウトカーブからワイドレンズで狙ってみます。

「瑞風」通過まで時間があるので、あれこれ試写できます。


172600_1.jpg

普通も快速も221系ばっかりです。

山陰線に足が遠のくのは、やむを得ないことです。


172602_1.jpg

白いボディでは線路といっしょに通る電線の影が気になります。

天気が良すぎるのも困ったものです。


172604_1.jpg

車両を止めるのに4000分の1秒です。

スローシャッターで流し撮りすればよいのですが、
一発勝負の「瑞風」でそんなテクニックは持ち合わせていません。

しっかり三脚を立てて、秒9コマの連写に頼ります。


撮影地ガイド・近鉄南大阪線

撮影地ガイド・近鉄南大阪線

近鉄南大阪線は、阿部野橋から橿原神宮まで、大阪と奈良を結ぶ路線です。

大阪と奈良を結ぶ路線は、奈良線と大阪線もあります。

南大阪線は大阪府内は通勤路線ですが、
穴虫峠を越えて奈良県に入ると一気にローカルムードになります。


線路幅は狭軌なので、吉野線とは直通で乗り入れていますが、
ほかの路線には入ることができません。

特急列車も走っており、山あり田んぼありの
四季折々の景色が楽しめる撮り鉄向きの路線です。


171865_1_20170625074655b54.jpg

ポイント:橿原神宮前~橿原神宮西口(2017.5.14撮影)

アクセス:
橿原神宮前中央口から南大阪線沿いの道路を歩いていくと、
右側に橿原神宮、左側に久米寺に挟まれて線路があります。

久米寺前の踏切を越えて線路際に出たところが撮影ポイントです。

午前中順光ですが、周囲が林に囲まれているので光線状態は不安定です。

自動車は橿原神宮の有料駐車場に止めることができます。


170194_1_20170625074649966.jpg

ポイント:橿原神宮前~橿原神宮西口(2017.1.15撮影)

アクセス:
上の写真の撮影ポイントへ行く途中、久米寺前の踏切です。

久米寺を入れて撮るには超ワイドレンズが必須です。

参道を入って久米寺の中からも少しだけ近鉄が見えます。


170034_1_20170625074647660.jpg

ポイント:橿原神宮西口~坊城(2017.1.1撮影)

アクセス:
おなじみの畝傍山バックの撮影ポイントです。

橿原神宮西口から歩いて15分ぐらいです。

線路際の行き止まりの道路に自動車を止めることができます。
線路の反対側の運動公園にも駐車できます。

撮影キャパは広く臨時列車のときは賑わいます。

午後順光です。

ちなみに、大和三山とは「畝傍山」、「耳成山」、「香久山」のことですが、
近鉄電車と一緒に撮ることができるのは、ここ南大阪線の畝傍山と大阪線の耳成山です。


171872_1_20170625074656536.jpg

ポイント:橿原神宮西口~坊城(2017.6.6撮影)

アクセス:

上の写真の撮影ポイントから坊城寄りの歩行者専用の踏切です。

歩いてもすぐ近くなので、畝傍山バックの写真と車両写真を掛け持ちできます。


171564_1_20170625074650ee5.jpg

ポイント:尺土~磐城(2017.5.3撮影)

アクセス:

尺土駅から線路沿いに歩いて10分程度で、ほとんど駐車スペースはありません。

アウトカーブから撮りますが、4両編成が限界です。

ここも臨時列車のときは賑わいます。

この撮影ポイントから磐城寄りのアウトカーブに田んぼが広がる撮影ポイントもあります。


164470_1_20170625074646a95.jpg

ポイント:尺土~磐城(2016.10.23撮影)

アクセス:

上の写真の撮影ポイント近く、道路を跨いで立つ鳥居です。

西側にある長尾神社の参道入口にあたるようです。

鳥居の周囲には住宅が立ち並んでおり、
鳥居だけをしっかり撮るにはポジションとワイドレンズが必須です。


171569_1_20170625074652a49.jpg

ポイント:当麻寺~二上神社口(2017.5.4撮影)

アクセス:

おなじみ二上山バックの撮影ポイントです。

当麻寺と二上神社口のほぼ中間地点、西側を走るバイパスから線路を越えたところです。

周辺の道路は狭いので駐車できませんので、
少しはなれた道の駅や跨線道の下に置くことができますが、
景色のよい場所なので、駅からハイキングがてらに歩いてもいいものです。

線路際から二上山を撮ってもいいですが、
少しはなれて東側にあるため池付近から望遠で撮ってもいい感じです。

春は新緑、秋は紅葉

周辺の田んぼは春の水鏡から秋の黄金色まで

四季折々に撮影が楽しめる場所です。


150527_1_20170625074643e3f.jpg

ポイント:当麻寺~二上神社口(2015.1.12撮影)

アクセス:

二上山のふもとにある道の駅「ふたかみパーク當麻」から二上山ふるさと公園に入って、
二上山に登る石段をひたすら歩けば展望台に出てきます。

田んぼも住宅地も、奈良盆地も遠く若草山まで見渡せます。

足元には南大阪線が走っており、大阪線も少しだけ見えます。

小さな展望台なので場所を占拠です遠慮しながら、撮影が終われば早々に撤収すべきです。

午後順光です。最近は周囲の樹木が伸びてきたので撮影できるポイントが少なくなっています。


154530_1_20170625074645216.jpg

ポイント:二上山~上ノ太子(2015.7.20撮影)

アクセス:

南大阪線が奈良から大阪へ越える峠です。

峠を越えた付近に歩行者専用の小さな踏切があります。

近くを走る道路から踏切がほとんど見えませんので、
線路の反対側の池と観光農園を目印に線路の土手を登る地道の先に踏切があります。

周辺には駐車スペースがほとんどありません。

両駅の中間地点で上ノ太子駅のほうが少し近いようですが、
駅から歩くには体力と気力が必要です。

東向きではアウトカーブの車両を乗せて撮ることができます。


171600_1_2017062507465306e.jpg

ポイント:二上山~上ノ太子(2017.5.4撮影)

アクセス:

上の写真を西側に向いて撮ったものです。

踏切の左右どちらからでも撮ることができますが、
光線状態には注意です。

南海高野線・紀ノ川鉄橋、近鉄もいいけど南海もいいよ

撮影日記5月21日(日)、南海電鉄高野線・紀ノ川鉄橋

今年は春から近鉄ばかり撮っているような気がします。

安近短でお手軽な撮影なのですが、ちょっと自動車で遠出をしました。

といっても、南海高野線の紀ノ川鉄橋です。

奈良から京奈和自動車がほぼ開通しているので、1時間足らずで着きます。

便利な時代になったものです。


171967_1.jpg

南海電鉄高野線・橋本~紀伊清水

早朝の紀ノ川鉄橋を南海電車が渡ります。

近鉄もいいねど南海もいいね


171970_1.jpg

雨のあとの濁流がウソのように静かな流れの紀ノ川です。

奈良県内では吉野川ですが、和歌山県に入ると紀ノ川になるそうです。

名前は変わっても川の流れは変わりません。


171972_1.jpg

橋脚の真下に来ました。

コンクリートにはない歴史の重みがあります。

轟音を響かせて電車が渡っていきました。


171973_1.jpg

スカッと青空を期待したのですが、薄曇りです。

せっかく早起きして朝の澄んだ空気のなかで撮影したのですが、
移り気な天候には敵いません。


171975_1.jpg

真夏の入道雲のほうが面白そうです。

秋のイワシ雲もいいですが、やっぱり雲の形は夏が一番だと思います。


171976_1.jpg

真田丸が終わってしまったので、南海電車は普段どおりです。

南海本線でもラッピング車がないのですが、
最近の南海電鉄はやる気がなくなったのでしょうか。


171979_1.jpg

「天空」を撮らねば帰れません。

美しい車窓を見ながら急こう配を登り、ケーブルカーに乗り継げば山頂です。

夏の避暑には最適ですが、高野山は仏門の世界です。


171980_1.jpg

このときは田んぼに水が入っていませんでした。

現代版ズームカーが駆け抜けていきます。

この車両もいつの日か大井川鉄道や一畑電鉄に行くのでしょうか。


171981_1.jpg

田んぼに花が咲き乱れています。

花の名前は知らないのですが、
美しければ名前なんでなんでもいいような気もします。



リニューアル車で一句

近鉄特急のリニューアル車が次々と増えています。

次々と新型車両に置き換えている鉄道会社と違って、
経営の厳しい鉄道会社では、
車両の更新でなんとか延命策を図ろうとしています。

伝統的なデザインやカラーがなくなっていくのは寂しいのですが、
これも時代の移り変わりなのでしょう。

撮れるときに撮っておかねばなりません。



寿ぎに お色直しの リニューアル



171836_1.jpg

近鉄橿原線・石見~田原本(2017.5.11撮影)

近鉄大阪線・室生口大野、お立ち台俯瞰は木が伸びました

撮影日記6月3日(土)その4、近鉄大阪線・室生口大野

近鉄大阪線の鉄撮り、最後は室生口大野駅を俯瞰撮影できるポイントです。

毎年、春の桜の季節に訪れるのですが、今年は来ることができませんでした。

久しぶりにお立ち台にやってきたのですが・・・


172065_1.jpg

近鉄大阪線・室生口大野~榛原

お立ち台から近鉄大阪線を俯瞰すると、
周辺の樹木が大きくなっていました。

三脚をもって抜けるピンポイントを探したのですが、
すっきりと路線が見える場所がありません。


172067_1.jpg

風で木の枝が揺れ動くと画面に入ってしまいます。

夏になると、もっと樹木は茂ってくるのでしょう。

誰かが木々を切ってくれないと、この撮影地は終わってしまったようです。


172069_1.jpg

せっかく来たので何本か撮ってみます。


172071_1.jpg

近くの木は赤く紅葉しているように見えますが、枯れ始めています。

あ~、残念です。



近鉄大阪線・榛原、田植え後の稲はスクスク育っています

撮影日記6月3日(土)その3、近鉄大阪線・榛原

近鉄大阪線、宇陀地域の田んぼの稲はスクスク育っています。


172074_1.jpg

近鉄大阪線・榛原~室生口大野

リニューアル特急は当たり前、
1年前には狙わなければ撮れなかったのですが、
あっと言う間に増備されました。


172077_1.jpg

5月の連休に訪れたときは「鯉のぼり」が風に舞っていました。

あっと言う間に景色は夏模様になってきました。

時が過ぎるのは早いものです。


172079_1.jpg

田んぼの稲はスクスク育っています。

今年の梅雨は一向に雨が降らないですが、
少しは恵の雨がほしいところです。


172084_1.jpg

お天気です。

鉄撮りには良いのですが、
季節の移ろいを考えると、梅雨のときは雨が降ってほしいものです。


172085_1.jpg

今年の鉄撮りは近鉄沿線が多いようです。

はるばる遠征しなくても、近くの沿線で撮りたいものがあるのはありがたいことです。


172080_1.jpg

近鉄特急を三連ちゃん

まずは白いアーバンライナー


172082_1.jpg

次はリニューアルしたエース


172083_1.jpg

最後は赤い伊勢志摩ライナー

近鉄特急って楽しいものです。


172081_1.jpg

まだ撮りたいない気分です。

もう一ヶ所、撮影ポイントを回ってみます。


近鉄大阪線・赤目口、田んぼの中ゆく「鮮魚列車」です

撮影日記6月3日(土)その2、近鉄大阪線・赤目口

近鉄大阪線・赤目口ストレートでの撮影が続きます。


172056_1.jpg

近鉄大阪線・赤目口~三本松

今日は特にお目当ての列車はないのですが、

朝イチの「鮮魚列車」は外せません。

今日も定時運行ですが、ガラガラの車内だけが気がかりです。


172051_1.jpg

田植えとともに線路際の雑草が刈られているのですが、
微妙な位置に少し残っています。

こんなことに気になってしまうのが撮り鉄の性分です。


172053_1.jpg

8連アーバンライナー

ちょっとリッチな気分で通勤したいものです。


172058_1.jpg

天気はいいのですが、まばらに動く雲に太陽が出たり入ったり

移り気な空に露出設定が右往左往してしまいます。


172061_1.jpg

ここは特急街道です。

一日いても飽きません。


172063_1.jpg

流し撮りで田んぼをブラして電車を止めればいいのですが、

電車のほうをブラしてみました。

今日の主役は田植え後の田んぼです。


172064_1.jpg

天気がいいので、あと数か所、大阪線沿線の撮影ポイントを回ってみます。

近鉄大阪線・赤目口、田んぼの水鏡は終わっていました

撮影日記6月3日(土)その1、近鉄大阪線・赤目口

近鉄大阪線の田んぼの水鏡を撮ろうと、
自動車で榛原から赤目口をウロウロしました。

すでに時期が遅かったようで、
田んぼの稲はスクスクと伸びており、水鏡のときは終わっていました。


172039_1.jpg

近鉄大阪線・赤目口~三本松

早朝に自宅を自動車で出発して赤目口のストレートに来ました。

すでに太陽は昇っていますが、田んぼを渡る涼しい風が吹いています。

異形式、新旧混色の8両編成です。

近鉄特急って楽しいものです。


172042_1.jpg

普通電車ですが、中間車両はラッピング車です。

何かな?と、アップで撮ってみたら・・・


172043_1.jpg

「三重県明和町 日本遺産の町」です。

せっかくのラッピングが編成の真ん中では、もったいないです。


172044_1.jpg

朝の10両編成、快速急行です。

単行列車もいいけど、長大編成もいいです。

ただ、10両で長大と呼ばねばならないのが残念です。


172045_1.jpg

田んぼの水鏡の時は少し過ぎていました。

今年は梅雨に入っても雨が降りませんが、稲は順調に育っているようです。


172046_1.jpg

夕焼け空の撮影もいいけど、やっぱり鉄撮りは朝がいいです。

青い空を見上げれば気分爽快です。


172048_1.jpg

架線柱の間隔で車両2両分と計算すればいいのですが、
なかなかピッタリと収まりません。

非電化区間でディーゼルカーを撮るときは、何も目安になるものがないので苦労します。

昔、SLを撮っていたころはどんな感じだったのでしょうか。


172049_1.jpg

何度も何度も撮っている
何回も何回もブログにアップしている
「特急色」です。

名残惜しさがだんだんと増えてきました。


172050_1.jpg

まだまだ時間はたっぷりあります。

もう少し赤目口のストレートで粘ってみます。

江ノ島電鉄・鎌倉から江ノ島へ、鉄分少な目です

撮影日記6月4日(日)その3、江ノ島電鉄・鎌倉~江ノ島

家族といっしょに横浜から鎌倉へ移動です。

その前に、鶴岡八幡宮にお参りしてから、
鎌倉から江ノ島へ江ノ島電鉄に乗ります。

今日は、ほとんど鉄撮りできる状況にはありません。

今日は家族サービス第一に心がけているので、イライラもありません。


172128_1.jpg

江ノ島電鉄・鎌倉駅

江ノ電は観光客で超満員です。

数年前に鉄撮りで訪れたときは学生以外は誰も乗っていませんでした。

ゴールデンウィークの時には1時間待ちの状態もあったそうです。

地元の方にとってはちょっと迷惑なんでしょうね。


172130_1.jpg

「鎌倉といえば鳩サブレ」だそうです。

家族はお土産に何を買おうかと悩んでいるようですが、

鉄撮りで各地に遠征してもまったくお土産を買うことがありません。


それにしても人の多いこと。
のんびり電車を撮っていたら、乗り損ねてしまいそうです。


172131_1.jpg

江ノ島電鉄・長谷駅

長谷駅で下車して、鎌倉大仏に歩いて向かいます。

鶴岡八幡宮も鎌倉大仏も、道路は自動車と人でいっぱいです。

久しぶりに普通の観光客になった気分です。


P6040092.jpg

鎌倉大仏です。

門を入ればポツンと大仏さんが鎮座しているだけです。

入場料200円、ぼったくりです。騙された気分です。


ひいき目で見ても、奈良の東大寺の大仏のほうがいいです。


172135_1.jpg

江ノ島電鉄・江ノ島駅

再び江ノ電に乗って、海岸線を車窓から眺めながら江ノ島で下車

車内はラッシュアワーのような状態でした。


172136_1.jpg

江ノ島の名前を聞くと何かいい気分になりそうですが、
特に何もありません。

これから江ノ島に向かってブラブラ歩いていきます。


今日は一日中歩き回ったので、江ノ島に渡る橋まで来たところでリタイヤです。


172138_1.jpg

小田急電鉄・片瀬江ノ島駅

今日の宿泊は安いビジネスホテルではなく、ちゃんとした品川のホテルです。

江ノ島から小田急に乗って新宿へ向かいます。

今日の鉄撮りは以上、まともな写真はほとんど撮っていません。

明日は個人行動なので、朝イチから首都圏の鉄道を撮りまくる予定です。


横浜ランドマークタワーでの俯瞰撮影が続きます

撮影日記6月4日(日)その2、横浜ランドマークタワー展望台

横浜ランドマークタワー展望台での俯瞰撮影が続きます。

この展望ロビーからは、JR根岸線、東海道線と京浜急行を撮ることができます。

ビルの谷間から少しだけ鉄道が見える程度ですが、
ほかに鉄分のありそうなものがありません。

家族が展望ロビーでウロウロしている間に一生懸命撮りました。


172108_1.jpg

JR東海道線・平沼橋~西横浜

ビルとビルの間から東海道線の列車が見えます。

画面の下には京浜急行の駅も見えます。

ガスタンクのほうが目立ってしまうのは仕方ありません。


172111_1.jpg

ビル群をデジタル加工してみました。

たくさんあるビルは同じように見えても、大きさも高さもデザインも異なります。

みんな違うんですね。


172115_1.jpg

赤い屋根の成田エクスプレスが見えます。

当初は東京と成田の往復だけだったのが、
今では各地まで出稼ぎに出ています。

電車の世界でも安楽椅子に座っているわけにはいきません。


172117_1.jpg

京浜急行・日ノ出町

赤とクリーム色の電車は京急です。

鉄道会社のメインカラーって大切だと思います。

ステンレスむき出しの車両が多い中で、京急の車両はとても目立っています。


172121_1.jpg

タテに伸びる道路は国道1号線

一瞬だけ京急の電車が渡っていきます。

展望ロビーの窓にへばりついて熱心にカメラを構えているおじさんです。


172126_1.jpg

横イチでもう一枚

すでに家族が待ちくたびれた様子です。

これから鉄から離れて、横浜をブラブラしてみます。


P6040001.jpg

海側の景色も俯瞰撮影しています。

景色はいいですが、塩分はあっても鉄分が全くありません。


P6040002_1.jpg

遠くにスカイツリーも見えました。

横浜からでも見えるんですね。

明日は、ツリーのお膝下で鉄撮りする予定です。


P6040033.jpg

では、高速エレベーターで下界へと降りていきます。

お昼はお決まりの中華街です。


P6040063.jpg

横浜の港町は美しい公園でした。

「フェンスの向こうのアメリカ」はなく、
「海の見える丘」に吹く風もなく、
「ハマの香り」もなく、

柳ジョージ&レイニーウッドの世界はどこにもありません。






首都圏遠征は横浜からスタートです

撮影日記6月4日(日)その1、JR根岸線・横浜

1泊2日の首都圏遠征は、横浜ランドマークタワー展望台から撮影開始です。

早朝の新幹線「のぞみ」で新横浜で下車し、
横浜界隈をブラブラ観光して中華街で昼食という家族旅行定番のコースです。

この計画ではまったく鉄分がないので、展望台からわずかに見える鉄道を俯瞰撮影しました。

まずは、JR根岸線です。


172095_1.jpg

JR根岸線・横浜~桜木町

見渡す限りビルばっかり

都会だなあ~ とお上りさんの実感です。

手前にJR根岸線が走っています。


172088_1.jpg

下を見てアップにすると、両側を道路に挟まれて根岸線の電車が走っています。

せっかく1000円を払って上った展望台なので、
景色をみるだけでなく、しっかり鉄も撮っておきます。


172086_1.jpg

ビルのほとんどがマンションなのでしょうか。

たくさんの人が住んでいます。

地方に行くと、ほとんど人が住んでいない過疎の町もありません。

どこに住んでも厳しい時代です。


172090_1.jpg

ビルの屋上はヘリポートだったんですね。

緊急用なのでしょうが、使うことがないほうが良いはずです。

先日、大火災のあった外国のタワーマンションはどうなっていたのでしょうか。


172092_1.jpg

デジタル加工してみました。

こうしてみると人工的なビル群はデジタルが向いていますし、
自然豊かな景色はアナログが向いているような気がします。


172098_1.jpg

北東向きに遠く山々が見えます。

横浜も関東平野の一画なのでしょう。

盆地に住んでいる者にとっては広い土地がうらやましい限りです。


172100_1.jpg

せっかく登ったランドマークタワーなので、
もうしばらく展望ロビーをウロウロしてみます。



「瑞風」初撮りに行ってきました

今日は「瑞風」の初運行の日です。

最近は近鉄沿線で田んぼの水鏡ばかり撮っていたので、
久しぶりに「瑞風」を撮りにJR線へ行ってきました。

今日は山陰線を下っていくので、千代川~八木の直線・アウトカーブにしました。

たぶん山崎のサントリーカーブは激パだったのでしょうが、
ここでは数名の撮り鉄だけで、まったりと撮影できました。


これからも、あちこちで何回も撮るはずですが、
最初の一枚には印象深いものがあります。

このあと八木城跡に登って俯瞰撮影もしてきました。


P6170215_1.jpg

JR山陰線・千代川~八木(2017.6.17撮影)

近鉄橿原線・郡山、仕事帰りに日没まで鉄撮りです

撮影日記5月18日(木)、近鉄橿原線・郡山

夏に向かって、夕暮れが遅くなってきます。

定時に仕事が終わって帰宅しても、十分に鉄を撮る時間があります。

sスーツを脱いでネクタイをほどいて、近くの近鉄沿線で日没まで粘ってみました。


171876_1.jpg

近鉄橿原線・近鉄郡山~筒井

夕暮れまでたっぷり時間があるので、まずは順光側から撮影開始です。

夕日がギラリとリニューアル特急に当たってくれました。


171879_1.jpg

ギラリをもう一枚

狙った場所で光ってくれるかどうかは、架線のひかり具合で見当をつけます。

前後左右に動きたいのですが、後ろも前も田んぼです。


171880_1.jpg

夕日がだんだんと沈んできました。

逆光側に回ってシルエット撮影にします。


171882_1.jpg

良い位置に夕日が沈んでくれそうです。

電車のオデコがピッカリと


171886_1.jpg

車両の窓に夕日が当たり位置にきました。

このチャンスで電車が来るかどうかは運次第です。


171893_1.jpg

連写をすれば、どれかの窓から夕日が顔を出してくれます。

パンタグラフと一緒にカットしました。


171898_1.jpg

バックの生駒山に夕日が沈もうとしています。

一日でもっとも空が美しい時間です。


171902_1.jpg

あと数秒で夕日が沈みます。

日没までアッと言う間に過ぎてしまいます。

今日は電車と夕日がいい具合に合ってくれました。

171906_1.jpg

さて、次の電車で帰宅します。

近鉄吉野線・大阿太、新しい撮影地を探しましたが

撮影日記5月20日(土)、近鉄吉野線・大阿太

お天気の良い休日、久しぶりにロードバイクを持ち出してチャリ鉄してきました。

いつも同じコースばかりなので、
新しい撮影地を探して近鉄吉野線の山の中をウロウロしました。

急坂を登ったり下りたりしてみたのですが、
結局、良い撮影ポイントが見つかりませんでした。


171961_1.jpg

近鉄吉野線・大阿太~福神

山の中をウロウロしていたら、近鉄の踏切に出てきました。

しばらく、ここで撮影してみます。

線路際の雑草は伸びているし、吉野の山の雰囲気もありません。

やっぱり線路に近づきすぎないほうがよさそうです。


171959_1.jpg

せっかく特急が来たので、逆光にもめげずに撮影です。


171962_1.jpg

吉野行き急行

山の中で撮ると、普段、市尾や飛鳥で撮っている電車と同じなのですが、
個人的には違った印象になります。


171964_1.jpg

近鉄吉野線・大阿太~下市口

結局、これといった撮影ポイントが見つからず、吉野川まで山を下りてきました。

仕方なく、線路際の駐車場から自動車や建物を隠して撮影です。

なんとなくストレスの溜まるチャリ鉄でした。


171958_1.jpg

JR和歌山線・吉野口~掖上

おまけです。

今でもJR和歌山線では117系が走っています。

朝の430Mです。

今度はちゃんと撮りに来るつもりです。



近鉄吉野線・市尾、蕎麦の花が満開です

撮影日記6月10日(土)その3、近鉄吉野線・市尾

近鉄橿原線の田んぼの水鏡を撮った後、吉野線市尾の田んぼに来ました。

まだ田植えが終わったばかりで、田んぼは水鏡でありませんでした。

しかも稲を植えていない休耕田が増えていました。


172546_1.jpg

近鉄吉野線・市尾~壺阪山

わずかな面積ですが、蕎麦の花が満開です。

蕎麦は高原地方のほうが良いものができるそうで、
奈良盆地で蕎麦はほとんど作られていません。


172545_1.jpg

田んぼの水鏡もいいけど、白い蕎麦の花もいいね


172544_1.jpg

雑草まみれの休耕田が目立ってきましたが、
今年も棚田に稲が植わっています。

手間をかける割には儲からないのですが、農家の心意気でしょうか。


172543_1.jpg

田んぼの水が少し濁っていたので、すっきりとした水鏡にはなりません。

橿原線の水鏡で運を使い果たしたようです。


172547_1.jpg

いつ、どんな季節に来ても、美しい景色を見せてくれる吉野線市尾です。

今年も稲の成長とともに訪れることでしょう。


172551_1.jpg

空は快晴、

朝イチは空気が澄んでいるので葛城山も金剛山もしっかりと見えます。


172554_1.jpg

近鉄吉野線・壺阪山~飛鳥

飛鳥の田んぼの水鏡はどんな感じかなあと立ち寄ってみましたが、
まだ田植えが始まっていませんでした。

代搔き後、田植え前の水鏡です。


172556_1.jpg

今年は吉野線沿線の田植えが遅れているようです。

来週あたりがピークのようです。

近鉄橿原線・ファミリー公園前、こちらの田んぼも水鏡です

撮影日記6月10日(土)その2、近鉄橿原線・ファミリー公園前

近鉄橿原線沿線、田んぼの水鏡めぐりです。

郡山のあとは定番のファミリー公園前の田んぼです。

ここの田植えは少し早かったので、田んぼの水面に藻が出始めていました。


172535_1.jpg

近鉄橿原線・ファミリー公園前~結崎

田んぼの畦を外してきれいに水鏡となりました。

なんとなく撮っているようですが、微妙な立ち位置を探しています。


172533_1.jpg

土手の草は綺麗に刈り取られています。

夏になるころには雑草が覆い茂っていることでしょう。


172536_1.jpg

空が青いと田んぼの水面も輝きます。

太陽の光をいっぱい受けて田んぼの稲はスクスクと育っていきます。


172538_1.jpg

期間限定の混色編成がやってきました。

水鏡とのコラボは今年限りかもしれません。


172540_1.jpg

異形式編成、混色編成は近鉄の得意とするところです。

どんな車両でも連結できるところはすごいです。

ただし、南大阪線と吉野線は軌道幅が違うので乗り入れできません。


172542_1.jpg

このあと、もう一か所、田んぼの名所である石見~田原本に立ち寄ったのですが、
田植えはまだ始まっていませんでした。

予定を変更して吉野線の市尾に向かうことにします。

近鉄橿原線・郡山、田んぼは水鏡です

先週の土日で奈良盆地の田んぼの田植えがほぼ終了しました。

今年は雨が少なかったので田んぼの水も少なめのようです。

田んぼの水鏡のときですが、桜の開花より撮影チャンスは少なく、

田植えの翌日の田植えで濁った田んぼの水が澄んだとき、

天気の良い日で風のない午前中、

さらに休日であること、

など、撮影チャンスの条件が厳しいです。


撮影日記6月10日(土)その1、近鉄橿原線・郡山

近鉄橿原線沿線の田んぼの水鏡を撮ってきました。


172519_1.jpg

近鉄橿原線・近鉄郡山~筒井

早朝、快晴の空の下、最高の水鏡です。

こんな条件で原色ビスタが撮れるとは思っていませんでした。


172522_1.jpg

昨日、田植えが終わったようです。

濁っていた田んぼの水が美しく澄んでいます。

数日後には、藻が繁殖して水が緑色になってきます。


172523_1.jpg

朝7時前、農家の仕事は早く、すでにさし苗の作業に入っています。

早起きして来た甲斐がありました。


172527_1.jpg

現物も虚像も同じ形と色です。

当たり前ですが。


172529_1.jpg

何度も訪れている場所ですが、こんな天気と田んぼは初めてです。

年に一度の幸運です。


172530_1.jpg

せっかく良い条件なので、橿原線沿線の田んぼをあちこち回ってみます。

近鉄大阪線・河内国分、しまかぜと鮮魚、夕方はゴールデンタイム

撮影日記5月19日(金)その3、近鉄大阪線・河内国分

近鉄大阪線・河内国分駅近くの大和川鉄橋での撮影が続きます。

夕方は「鮮魚列車」、「しまかぜ」と人気の電車がやってくるゴールデンタイムです。


171942_1.jpg

近鉄大阪線・河内国分~安堂

河内国分寄りで下りの「鮮魚列車」を待ちます。

こちら側は半逆光のうえ、道路が狭くて撮影スペースがあまりありません。

後ろを走る自動車に注意しながらの撮影です。


171944_1.jpg

電車の西側の窓はすべてブラインドを下しています。

ところで先日、東京で小田急電車に乗ったのですが、
窓にブラインドがありませんでした。

窓は少し遮光されているようですが、直射日光には眩しすぎます。

乗客からクレームはないのでしょうか。


171945_1.jpg

アーバンライナーに乗って通勤できたらなあ~

帰りの近鉄電車では、特急料金を惜しんで急行に乗っています。


171948_1.jpg

リニューアル色のビスタとエースの8両編成

近鉄特急がすべてこの色になるのはもうすぐです。


171950_1.jpg

「鮮魚列車」が定時運行で来ました。

いつ見てもお客さんはほとんど乗っていないのですが、
廃止になる噂はありません。

近鉄の心意気でしょうか。


171951_1.jpg

橋を渡って対岸に移りました。

こちら側で上りの「しまかぜ」を待ちます。


171954_1.jpg

特急、急行、準急、普通と近鉄電車は次々とやってくるのですが、
写真をアップするのは特急ばかりです。

やっぱり優等列車には何とも言えない魅力があります。


171955_1.jpg

「しまかぜ」通過

今でも人気があってチケットをとることが難しいそうです。

日没まで粘らずにラッシュにもまれながら帰宅します。

近鉄大阪線・河内国分、大和川の土手でのんびり鉄撮りです

撮影日記5月19日(金)その2、近鉄大阪線・河内国分

JR大和路線の撮影のあと、ぶらぶら歩いて近鉄大阪線へやってきました。

JR線と近鉄線は意外と近く、歩いて掛け持ちできますが、
JR高井田駅前にはレンタサイクルもあるようです。


171924_1.jpg

近鉄大阪線・河内国分~安堂

土手に座って、鉄橋を渡る近鉄電車をのんびり撮影です。

ただ、雑草の花粉の影響からか鼻がむずむずしてきます。


171925_1.jpg

鉄橋を渡る近鉄電車

以前はここまでロードバイクで来たこともあったのですが、
最近では長距離は電車か自動車です。

年齢のせいか体力、気力とも落ちているのを実感しています。


171926_1.jpg

土手の雑草は何度か刈り取られたあとも伸び始めています。

生命力の旺盛な雑草ですが、もちろん名前はあるはずです。


171931_1.jpg

都会の騒音はすぐ近くまで響いているのですが、

川沿いの土手に座っていると、心なしか聞こえなくなってきます。


171932_1.jpg

天気の良い平日の夕方

仕事を抜け出してのんびり鉄撮り

心の洗濯です。


171936_1.jpg

天高いのは秋だけでなく春の空も同じです。

見上げれば宇宙のかなたまで見通せそうな気します。


171938_1.jpg

近鉄に沿って通る道路橋から川面を見るとキラキラと

バックの山のために電車が抜けないのが残念です。


171939_1.jpg

太陽はまだ高い位置にあります。

夕焼けまでまだまだ時間あるのですが、
いつまで粘っていようかな


JR大和路線・高井田、新緑と鉄橋のお立ち台です

今日も近鉄沿線をブラブラしていたのですが、
今週末は奈良盆地の田んぼが田植えの最盛期です。

水鏡のときはアッと言う間に終わってしまうのですが、
明日はあいにくの空模様です。


撮影日記5月19日(金)その1、JR大和路線・高井田

今年も新緑の山と鉄橋を撮りにJR大和路線のお立ち台にやってきました。

奈良からJR線で王寺で乗り換えて高井田駅で下車、
意外と近いものです。


171911_1.jpg

JR大和路線・高井田~河内堅上


山々は新緑の季節です。

山と川と鉄橋と電車があれば何もいりません。


171910_1.jpg

奈良から大阪へと流れる大和川に沿って大和路線が走っています。

渓谷沿いの景色は良く、通勤路線にするにはもったいないぐらいです。

もっとも満員のラッシュ時にはそんな余裕はなさそうですが。


171908_1.jpg

白い221系が増殖中ですが、ウグイス色の201系はまだまだ健在です。

新緑の山に映える色です。


171909_1.jpg

タテたり、ヨコにしたり

手を変え品を変え

お立ち台での撮影は意外と難しいものです。


171914_1.jpg

大和路線はやたらと線路沿いに電線が多い区間です。

鉄撮りには目障りなだけですが、いかんともできません。


171916_1.jpg

撮り飽きてきたので、ブラブラ歩いて踏切ポイントへ移動します。


171918_1.jpg

いつもは置きピンですが、AF-Cを使ってどの程度ピントが合うか試してみました。

非力なE-M1ですが、意外とピントが合ってくれます。


171920_1.jpg

221系はいい電車なんですけど、なぜか人気がありません。

国鉄車両の生き残りでもあるんですけどね。


171922_1.jpg

大和路線が近畿圏内での201系最後の牙城となるのでしょうか。


近鉄橿原線・新ノ口、近鉄沿線は麦秋です

撮影日記5月28日(日)その2、近鉄橿原線・新ノ口

奈良盆地の近鉄沿線では田植えの真っ最中ですが、
チラホラと点在する麦畑も収穫間際です。


172020_1.jpg

近鉄橿原線・新ノ口~笠縫

奈良県内の近鉄沿線で唯一(?)麦畑と近鉄電車が撮れるポイントです。

毎日、通勤電車の車窓から見ているのですが、
今が麦畑の最も美しいときです。


172022_1.jpg

今年の麦は雨が少なかったからか豊作のようです。

たっぷり膨らんだ麦の穂がたわわに実っています。


172023_1.jpg

ここの撮影地は午後が順光、サイドからの撮影しかできません。

今年は休日の午後に天気に恵まれました。


172024_1.jpg

線路沿いにフェンスがあるのがネックです。

電車の足元を麦で隠すのがポイントです。


172026_1.jpg

小麦色ってこんな色のことを言うのですね。

自然界の色は、なかなか見ることができないものです。


172029_1.jpg

突然、「楽」がきました。

ちょっと慌ててしまいました。


172035_1.jpg

来年の麦の季節には特急色も変わっていることでしょう。

麦秋の近鉄特急、これも一期一会です。


172036_1.jpg

おまけで、跨線道の上から俯瞰撮影です。

奈良盆地で一面に広がる麦畑を期待するのは無理です。

近鉄大阪線・大福、苗代の稲はスクスク育っています

今週から来週にかけて奈良盆地の田植えが最盛期です。

水鏡の時期でもありますが、梅雨入り後の曇天が続きます。

スカッと晴れた水鏡の田んぼを撮りたいものです。


撮影日記5月28日(日)その1、近鉄大阪線・大福

近所の田んぼの状況を見ながら近鉄撮りです。

この時は田植えにはまだ早く、田んぼに水が入っていませんでした。


172015_1.jpg

近鉄大阪線・大福~桜井

手前の緑の植物は田植え前の稲の苗です。

苗代(なわしろ)といい、少し大きくなってから田植えになります。

スクスクと順調に育っているようです。


172012_1.jpg

手前の白いカバーは苗代を保温するためのものです。

苗が大きくなったころに外されます。

米作りは手間のかかる作業です。


172016_1.jpg

田んぼには緑の少ない季節ですが、
もう少しすると田んぼ一面が水鏡となります。


172009_1.jpg

田んぼにはまだ水が入っていません。

田植えの準備もまだでした。

冬景色から少しづつ緑が増えてきたような気がします。


172011_1.jpg

水鏡の時にもう一度来るつもりですが、
天候次第でどうなるかわかりません。

自然に逆らえない鉄撮りです。


172010_1.jpg

矢印の向こうには三輪山が見えます。

山は大神神社のご神体なので、
ここから拝んでおいてもご利益があるかもしれません。


172014_1.jpg

JR桜井線・桜井~香久山

近鉄大阪線と並走するようにJR桜井線が走っています。

数分間隔でやってくる近鉄と違って1時間に1本です。

JR線は近鉄と競争することもなく、のんびりしたものです。


172018_1.jpg

5月下旬になると朝でも太陽の光が北側から当たるようになります。

南側のサイドが影になってしまいました。

時刻によって撮影ポイントを変えていかねばなりません。

近鉄南大阪線、青の交響曲をちゃんと撮り

奈良でも今日から梅雨入りとなりました。

一日中、雨です。
しとしと降る雨は恵の雨です。

撮り鉄には憂鬱な雨ですが、田植えの季節には欠かせない雨です。


撮影日記5月14日(日)その2、近鉄南大阪線・橿原神宮西口

近鉄沿線ブラブラとチャリ鉄、鉄分補給が足りなくて、南大阪線へ来ました。


171872_1.jpg

近鉄南大阪線・橿原神宮西口~坊城

「青の交響曲」は何度も撮っているのですが、ちゃんと撮ったのは初めてです。

ネタ車の面影はありません。

乗る機会はなさそうですが、車内はどうなっているのでしょうか。


171871_1.jpg

南大阪線は2両編成の普通電車がやってくると、一気にローカルっぽくなります。

トコトコ走っているわけではなくて、結構、スピードはでています。

171869_1.jpg

もう少し鉄分補給に久米寺前に行ってみます。


171867_1.jpg

近鉄南大阪線・橿原神宮西口~橿原神宮前

橿原神宮の杜も新緑の季節です。

お正月に「初詣臨」を撮ったのが遠い昔のように思い出します。

時間が過ぎるのが早く感じる年齢になってきました。


171865_1.jpg

リニューアルしつつも行先表示版はアナログのままです。

液晶では味気ないものです。


171864_1.jpg

最後はいつものように久米寺前の踏切をワイドで


171863_1.jpg

鉄分満腹になりました。

時刻は午前11時ですが帰宅します。


近鉄大阪線・吉野線、いつものように近鉄電車撮りです

遠征翌日の今日は、いつものように通勤電車に乗って職場です。

いまだ心も体も社会復帰していなのですが、
たっぷり溜まった仕事をこなしています。

東京遠征では首都圏の私鉄を撮っていたのですが、
地元の方にとっては毎日見慣れた電車でも、遠方の者にとっては目新しく映ります。

いつものように朝の通勤電車に乗っていて、改めて近鉄電車の良さを再認識しました。


撮影日記5月14日(日)その1、近鉄大阪線・大和八木、吉野線・壺阪山

特に用事のない日曜日、近所の近鉄沿線で電車撮りです。

いまだに飽きないものです。


171847_1.jpg

近鉄大阪線・大和八木~真菅

いつもの築堤でスタンバイ

さっそ原色特急8両編成がきました。

今は「原色」と言わねばならない時代となりました。


171848_1.jpg

築堤の雑草がだんだんと伸びてきました。

夏に向かって鉄撮りが難しくなってきます。

近鉄に草刈りの予算はあるのでしょうか。


171849_1.jpg

いつもの近鉄電車

レア車やネタ車が走らなければ誰も見向きもしませんが、
やっぱり近鉄電車っていいものですね。

と、遠征から帰ってから痛感しました。


171851_1.jpg

近鉄特急もかっこいいでしょ。

東武や小田急にも負けていないと思います。

地元ひいきの引き倒しです。


171852_1.jpg

「かぎろひ」4両編成は、すでに終わった「伊勢お菓子博」の臨時列車です。

電車は何度も撮ったのですが、結局お菓子博には行けませんでした。

このまま帰っても、ちょっと充電不足なので、もう一ヶ所回ります。



171856_1.jpg

近鉄吉野線・壺阪山~飛鳥

大和八木から自転車で吉野線へ移動してきました。

いつもの築堤です。

こちらは綺麗に草刈りされています。

路線の管理状況では、どちらがローカル線がわかりません。


171857_1.jpg

KIPSラッピング編成

東京遠征の首都圏での移動はICカードをフル活用しました。

KIPS+ICOCAでも首都圏のJRも私鉄も利用できます。

便利な時代になったものです。


171855_1.jpg

東京では踏切を見ることは、ほとんどなかったかも?

駅撮りと俯瞰撮影ばかりで、のんびり線路端の雰囲気ではありませんでした。


171860_1.jpg

リニューアル色も結構気に入っています。

これからの鉄の子供たちはこのカラーが標準になるのでしょう。

もしかしたら十数年後に復古色として現在の特急色が話題になるかもしれません。


171859_1.jpg

まだまだ、鉄分が足りません。

もうちょっと、回ってみます。

ただいま東京遠征から帰ってきました

ただいま、1泊2日の東京遠征から帰ってきました。

予定どおり、初日は家族サービスのため、
横浜から鎌倉、江ノ島と観光地めぐりのため、ほとんど鉄撮りはできませんでしたが、

2日目の今日は一日中たっぷりと撮ってきました。


京急、東武、京成、都電、東急世田谷線と首都圏の私鉄

北トピア、世界貿易センタービル、三軒茶屋キャロットタワーと展望台俯瞰

さらに、「四季島」も撮ってきました。

超充実した一日でした。


今日は月曜日の平日で、あわただしく仕事に駆け回るサラリーマンを横目で見て
鉄撮りするのはちょっと罪悪感があります。

それにしてもJR線も私鉄も超満員、東京って人が多い町なんですね。


P6050171_1.jpg

JR山手線・日暮里(2017.6.5撮影)

ランキングに参加しています
にほんブログ村 鉄道ブログへ
鉄道コム
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
プロフィール

yakuちゃん

Author:yakuちゃん
奈良在住の撮り鉄&チャリ鉄です。88(ハチハチ:だいたいとか、よい加減とかの意味)気分で、撮影日記を中心に(できるだけ)毎日更新しています。

最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる