FC2ブログ

和歌山交通公園、南海軌道線モ217です

撮影日記7月21日(土)その5、和歌山交通公園

和歌山での撮影、ラストは和歌山電鉄・交通センター前駅ヨコにある和歌山交通公園です。

南海軌道線のモ217が保存されています。

真夏の昼間、だれもいない公園で、ひとり動かない電車を撮影しています。


183218_1.jpg

和歌山交通公園

公園の隅っこにひっそりと保存されています。


183219_1.jpg

グルッと回りながら撮影開始です。

意外と保存状態は良さそうです。


183220_1.jpg

横イチ、縦イチ


183221_1.jpg

アップと手を変え品を変えて、ひたすらシャッターを押しています。


183222_1.jpg

とにかく暑い!

誰もいないいので、一層、暑い!


183223_1.jpg

このモ217は南海電鉄軌道線の平野線用となっていたモ205形の一両です。

昭和12年製ですが、もう動くことはありません。


183224.jpg

車内に入ることができます。

荒れることなくきれいに保存されています。

もちろん車体も床も木製です。


183228_1.jpg

木にはモノクロが似合います。

軋む音が聞こえてきそうです。


183231_1.jpg

部品を盗まれないのはうれしいことです。

いつまでも大切に扱ってほしいものです。


183236_1.jpg

ひととおり撮ったのですが、いまだ立ち去りがたく。


183239_1.jpg

次の電車に乗って和歌山市内に戻ります。

これにて本日の撮影終了となりました。


スポンサーサイト

和歌山電鉄・交通センター前、沿線の田んぼで撮影です

撮影日記7月21日(土)その4、和歌山電鉄・交通センター前

和歌山電鉄の撮影です。

いつもは大池遊園で撮影することが多いのですが、
今回は初めて交通センター前の田んぼで撮影しました。

沿線には住宅が増えて、道路も広がっているので、
数年後には田んぼのなかで撮影できなくなるかもしれません。


183205_1.jpg

和歌山電鉄貴志川線・交通センター前~岡崎前

田んぼ側で撮りたいのですが、土手の上側が順光なので、無理な体勢で撮りました。

「うめぼし電車」です。


183206_1.jpg

続けて白い「いちご電車」です。

今日は「たま電車」はお休みです。


183208_1.jpg

田んぼ側に移動です。

「おもちゃ電車」です。

夏の雲です。

日陰がないので無茶苦茶に暑いです。


183209.jpg

振り向いて後追いでもうワンカット。

30分に1本のダイヤなので、できるだけたくさん撮っておきます。


183210_1.jpg

逆光にもめげずに田んぼで撮影です。

やっぱり自然のなかを走る鉄道が好きです。


183211.jpg

自宅のパソコンでデジタル加工して魚眼風にしました。

魚眼レンズは持っていません。


183212_1.jpg

交通センター前~篭山

交通センター前駅を越えて和歌山側のたんぼに移動です。


183213.jpg

あえて画角の四隅にレンズ補正を外しました。

デジタル加工も楽しいものです。


183215_1.jpg

1本の「いちご電車」をしつこく追いかけています。

ズームレンズを使って3カット目です。


183217.jpg

もっと撮っていたいのですが、やってくる電車は同じです。

熱中症になる前に駅に戻ります。


和歌山電鉄、おもちゃとうめぼしの電車です

撮影日記7月21日(土)その3、和歌山電鉄・和歌山

南海電鉄加太線の「めでたい電車」を撮った後、和歌山電鉄に来ました。

今日は、「おもちゃ電車」と「うめぼし電車」と「いちご電車」が運用についていました。

「たま電車」は運休でした。


183195_1.jpg

和歌山電鉄貴志川線・和歌山駅

「おもちゃ電車」です。

車内を撮りながら乗り鉄します。


183196_1.jpg

吊り広告も「おもちゃ電車」です。

いったい誰が思いついたのでしょうか。


183199_1.jpg

ショーケースにおもちゃが入っています。

揺れる車中ではゆっくり見ている余裕はありません。


183201_1.jpg

「おもちゃ電車」を略して「おもでん」です。


183200_1.jpg

車内にガチャポンがあります。

摩訶不思議な電車です。


183249_1.jpg

「うめぼし電車」です。

梅干しではなくて梅星です。


183240_1.jpg

車内は木をふんだんに使ってレトロチックです。


183245_1.jpg

電車の窓だとは思えません。


183244_1.jpg

床から天井まで丁寧に仕上げています。

和歌電の意気込みが感じられます。


183252_1.jpg

梅星ですが、「南高梅」です。


183254_1.jpg

地元の人は普通に通勤通学に使われています。

喜んでカメラを向けているのは撮り鉄と観光客だけです。


南海電鉄加太線、「めでたい電車」に乗って

撮影日記7月21日(土)その2、南海電鉄加太線

南海電鉄加太線で青と赤の「めでたい電車」を沿線で撮ってから、
加太駅から赤い「めでたい電車」に乗って和歌山市に戻ります。


183181_1.jpg

南海電鉄加太線・加太駅

小さな駅は乗降客でいっぱいです。

夏休みだからでしょうか。
インバウンドの効果でしょうか。

「めでたい電車」のおかげでしょうか。


183180_1.jpg

赤い「めでたい電車」に乗って和歌山市に戻ります。

プチ乗り鉄気分です。


183182_1.jpg

2両編成の電車の車内はお楽しみがいっぱいです。

赤い「タイ」がお出迎えです。


183184_1.jpg

海沿いに走る加太線ですが、磯ノ浦付近では少しだけ海が見えます。

今日は乗り鉄なので車窓から海を眺めることにします。


183185_1.jpg

大私鉄の単線のローカル線です。

廃線にならずに頑張っています。


183186_1.jpg

八幡前駅で離合します。

青い「めでたい電車」が待っています。


183188_1.jpg

ドア超しの青い「めでたい電車」。

この駅で粘っていれば、青と赤の並びが撮れたのですが。


183190_1.jpg

紀ノ川鉄橋を渡ると和歌山市はもうすぐです。

長い鉄橋を渡ります。


183191_1.jpg

車窓から見ていてもレトロな鉄橋も魅力たっぷりです。


183193_1.jpg

和歌山市駅に到着です。

これから和歌山電鉄と撮りに行く計画です。

南海電鉄加太線、めでたい電車です

撮影日記7月21日(土)その1、南海電鉄加太線・加太

南海電鉄加太線の「めでたい電車」に青い電車がデビューしています。

なかなか撮影に行く機会がなかったのですが、
猛暑の中、エアコンの効いた南海電車に乗って出かけてきました。

めでたい電車の運用ダイヤは南海電鉄のホームページにアップされているので、
青も赤も撮れる日を選んで効率的に撮りました。


183170_1.jpg

南海電鉄加太線・加太~磯ノ浦

加太駅から歩いて15分、いつもの撮影ポイントです。

ダイヤどおり赤い「めでたい電車」が来ました。

「さち」という愛称です。


183171_1.jpg

加太駅からの折り返しを順光で正統派に撮りました。


183172_1.jpg

次は青い「めでたい電車」です。

愛称は「かい」です。


183173_1.jpg

同じように加太駅からの折り返しを順光で撮ります。

ところで、赤い電車は「タイ」なら、青い電車は「サバ?」でしょうか。


183169_1.jpg

南海電車カラーも走っています。

運用日によっては2本とも「めでたい電車」が撮れない日や時間帯があるので注意が必要です。


183174_1.jpg

加太駅に戻ってきました。

海の香りがするような駅ですが、海から離れています。


183175_1.jpg

以前に来たときは赤だけだったのが、青も加わっています。

もう一色どうでしょうか。


183176_1.jpg

ホームの手すりは何のデザインかと思ったら、お魚でした。

どこまでも魚にこだわる加太線です。


183177_1.jpg

「めでたい電車」入線。

一気に駅が活気づきます。


183179_1.jpg

「めでたい電車」に乗って和歌山市に戻ります。

ランキングに参加しています

鉄道コム
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カウンター
プロフィール

yakuちゃん

Author:yakuちゃん
奈良在住の撮り鉄&チャリ鉄です。88(ハチハチ:だいたいとか、よい加減とかの意味)気分で、撮影日記を中心に(できるだけ)毎日更新しています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる