撮影地ガイド・近鉄天理線

撮影地ガイド・近鉄天理線


近鉄天理線は、橿原線の分岐駅・平端と終点の天理を結ぶ盲腸線です。

平端、二階堂、前栽、天理の各駅だけですが、
天理教のイベントや近隣の高校の通学のために複線となっています。

列車は、平端と天理の往復だけでなく、京都からの直通急行もあります。


撮り鉄としては、JR桜井線の天理臨が壊滅状態のなか、
天理教の月例祭の臨時列車がお目当てとなります。

沿線には、とりたてて撮影ポイントはないのですが、
少しでも絵になる場所を探しました。

いずれの撮影地も、ほとんど自動車を止めるスペースはありません。


117191_1.jpg

ポイント:平端~二階堂(2011.12.4撮影)

アクセス:
左奥に見える平端駅の近く、橿原線と分岐する三角地帯ですが、
駅から歩くには遠回りしなけらばなりません。

橿原線の電車いっしょに撮ることができます。


156152_1_20151024182342585.jpg

ポイント:平端~二階堂(2015.10.7撮影)

アクセス:
平端駅から東に京奈和道の高架が見えます。
その高架道路の手前、アウトカーブする場所です。

線路は少し築堤上にあるので、脚立があったほうが便利です。

写真は平端向き、反対側を向くとS字カーブになります。


156133_1_20151024182341da3.jpg

ポイント:二階堂~前栽(2015.10.7撮影)

アクセス:
線路を跨ぐ国道24号線の歩道から俯瞰撮影ができます。
フォンスと樹木が邪魔をするので、撮影アングルは限られます。

平日の朝夕は駅を乗降する高校生で賑わいます。

奥に見えるのが二階堂駅です。
その向こうに見える高架道路が京奈和道です。


156140_1.jpg

ポイント:二階堂~前栽(2015.10.7撮影)

アクセス:
両駅の中間地点。
沿線で唯一、田んぼに囲まれた場所です。

線路の横を狭い道路(自動車の通行は困難)と柵があるので、
車両撮りのほうがよい場所です。


156146_1_2015102418234569d.jpg

ポイント:二階堂~前栽(2015.10.7撮影)

アクセス:
上の撮影地から南側に少し離れて、ため池の堰堤から撮影します。

わずか2メートル程度高くなるだけでも、俯瞰の雰囲気がでます。

なお、堰堤は草刈りされているときには、入ることができますが、
夏場、雑草が繁茂していると難しいです。


スポンサーサイト

撮影地ガイド、近鉄大阪線その3

撮影地ガイド、近鉄大阪線その3

地元の近鉄は、少しの時間と気力があれば気軽に撮ることができます。

撮影ポイントは撮りつくした気がしていても、探せば、まだまだたくさんありそうです。

さらに、四季折々の風景の変化も見逃せません。

近鉄撮りに終わりがありません。


140994_1_2015050906594291f.jpg

近鉄大阪線・榛原~室生口大野(平成26年2月22日撮影)

アクセス:
R165線の「緑川」交差点から南に少し入った歩行者専用の小さな踏切です。
「榛原18号踏切」です。
キャパシティは数名が限度です。

自動車が入れる場所ではありません。
国道の交差点から北に入った道路際の空きスペースに駐車するか、
室生口大野駅から歩いて15分程度です。

写真は西側に向いたストレートで、午前中が順光です。
お手軽に編成写真が撮れます。

反対側のアウトカーブは午後が順光ですが、
大カーブなので望遠レンズが必須です。



145224_1_201505090659436ec.jpg

近鉄大阪線・長谷寺~榛原(平成26年9月6日撮影)

アクセス:
有名な「長谷の棚田」ポイントから、榛原方面へ行く途中にも国道の南側に棚田が広がっています。
国道沿いの歩道からでも、旧道に入った集落の中からでも撮れます。

自動車は国道の西行き車線の道路脇に1ヶ所だけ駐車スペースがあるので、そこに置いてブラブラ歩き撮りします。

南側向きの撮影なので、春から夏以外は逆光です。



152394_1_20150509065944644.jpg

近鉄大阪線・三本松~赤目口(平成27年4月18日撮影)

アクセス:
三本松駅から東へ500m。
近鉄線と国道と旧道(初瀬街道)、川が並走しています。
集落の中を抜け橋を渡って、少し高台に登ると、俯瞰撮影できます。

狭い道で自動車を置くスペースはありません。
近くに道の駅に置くか、三本松駅から歩いて15分程度です。

南側向きの撮影なので終日順光です。



152757_1.jpg

近鉄大阪線・大和朝倉~長谷寺(平成27年4月49日撮影)

アクセス:
両駅の中間、「出雲」という集落の北側の中腹から俯瞰撮影です。
国道から北側の旧道から急坂を登り、畑のなかの道路から近鉄が見えます。

自動車を置くスペースはありません。
両駅から歩いても遠いので、自転車かバイクが便利です。

南側向きの撮影なので春から夏以外は逆光です。

撮影地ガイド・近鉄吉野線その2

撮影地ガイド・近鉄吉野線その2

奈良県内の近鉄沿線はロードで走りながらの撮影で、いわゆる「チャリ鉄」です。

自動車や電車では見つけることができない撮影スポットでも、
自転車の目線とスピードだと思わぬ発見があります。

メジャーなお立ち台もいいけど、
地元ならではのマイナーな撮影地を探していきたいと思っています。


135303_1_20150201081616abb.jpg

ポイント:福神~薬水(2013.4.29撮影)

アクセス:
近鉄吉野線は薬水駅をすぎると、山を越えて吉野川へと向かいます。
福神駅の手前まで、高く長い築堤の上を走っています。

福神駅の東側の道路から築堤を登ってくる電車が撮れます。

築堤の下を走る道路の電柱が目障りなのが弱点です。

午前中が順光です。
駐車スペースは駅周辺にあります。



137891_1_20150201081618545.jpg

ポイント:薬水~福神(2013.8.4撮影)

アクセス:
薬水駅を過ぎると煉瓦造りのアート橋を渡ります。
橋をアップで撮ってもよいのですが。


143087_1.jpg

ポイント:薬水~福神(2014.6.1撮影)

アクセス:
橋の下は道路です。

道路を避けつつ電車を撮ろうとすると、アングルに悩まされます。

電車は2両編成か4両編成です。
電車の長さに合わせて構図を決めたほうがよさそうです。

午前中が順光です。
駐車スペースは駅周辺にあります。



142781_1_20150201081619c60.jpg

ポイント:薬水~福神(2014.2.1撮影)

アクセス:
煉瓦アーチの下をくぐる道路の脇から小高い丘に登る道があります。
十数メートる登ると薬水駅がプチ俯瞰できます。

左上が薬水駅です。
電柱が目ざわりなので、手前の家を入れてみました。



145095_1_201502010816222ee.jpg

ポイント:吉野口~薬水(2014.8.16撮影)

アクセス:
吉野口と薬水の中間あたり、お寺に入る小路の手前です。
地図で「浄土寺」で探せば、おおよその場所が分かると思います。

周辺は軽自動車がかろうじて通れる道路なので、
駐車スペースはありません。

広い道路に止めて歩いたほうがよいです。



140691_1_20150201081638eb5.jpg

ポイント:吉野口~葛(2014.2.1撮影)

アクセス:
葛と吉野口の中間、線路が大きくカーブし川と道路を跨ぐ鉄橋です。
鉄橋を渡るとJR和歌山線に近づき、吉野口駅へと進入します。

お屋敷の生け垣と土蔵がポイントです。
お屋敷の前の道路は昔ながら街道筋であり、よい雰囲気の街並が続きます。

午前中が順光です。
この周辺も道路が狭く駐車スペースはありません。



140703_1_20150201081640105.jpg

ポイント:吉野口~葛(2014.2.1撮影)

アクセス:
吉野口駅の手前にある小さな神社です。
「大倉姫神社」といいます。

沿線を探せば、地元の小さな祠があります。
吉野の雰囲気をたっぷり味わいながら、鉄を散策するのも良いと思います。

撮影地ガイド・JR大和路線

鉄道写真撮影地ガイド・JR大和路線(奈良~王寺)

奈良市から王寺を経て大阪天王寺までを結ぶ路線です。
正式には関西本線の一部区間ですが、木津以東の無電化区間とは別ダイヤです。
奈良から大阪へは近鉄電車のほうが便利ですが、
大和路線も以外と早く、「大和路快速」として通勤通学で混雑します。
長い間ウグイス色の103系が活躍していましたが、近年は201系へ置き換え中です。
221系が全盛ですが、223系や207系などへ車両が変わりつつあります。。
奈良県内は水田の広がる地帯で、大和川を越え大阪府に入ると市街地を走ります。

102415_11.jpg

ポイント:奈良~郡山(平成22年6月撮影)
アクセス:郡山駅から徒歩20分程度。道路が線路を越えるところです。
道路上からは線路が俯瞰できるのですが、歩行者は禁止のため、線路脇からの撮影です。
バックに焼却場の煙突が目立ちますので、架線中で隠すのがポイントです。
駐車スペースは付近に少しあります。
午前中が順光です。
水田の広がる写真となるので、例年、田植えは6月中旬、稲刈りは10月中旬です。

102410_11.jpg

ポイント:奈良~郡山(平成22年6月撮影)
アクセス:郡山駅から徒歩15分、上のポイントへ行く途中の小さな踏切から撮影。
写真のバックに見えるのが郡山駅です。
午前順光です。
駅を出発してややアウトカーブなので6両編成は入りません。
写真の「まほろば」は平城遷都1300年記念の平成22年期間限定の臨時特急でした。

101761_11.jpg

ポイント:大和小泉~郡山(平成22年5月撮影)
アクセス:両駅のほぼ中間地点です。
列車が郡山を出て近鉄橿原線を越えると水田地帯が広がります。
午前中順光です。
大和小泉駅がもよりの駅ですが、徒歩だと30分以上かかります。
周辺には駐車スペースがありません。

101471_11.jpg

ポイント:大和小泉~郡山(平成22年4月撮影)
アクセス:上のポイントの大和小泉寄り。大和中央道の高架下をくぐる手前の踏切から撮影。
インカーブか5から6両編成がぴったりと入ります。
駅撮りのポイントとしては、大和小泉駅のほうが撮りやすいのですが、臨時列車のときは非常に混みます。
写真のカンは平成22年の平城遷都1300年祭のときのものです。

101555_11.jpg

ポイント:法隆寺~大和小泉(平成22年5月撮影)
アクセス:法隆寺駅より徒歩10分。
駅を出て富雄川の土手を登っていく築提です。
線路の南側の小道から撮影。
自転車道の区間になっていますが、地道も混じり自転車はあまり走っていません。
駐車スペースはありません。
東西で一日中順光です。
インカーブでカントが付いていますので、奥側の線路は足元が隠れます。

113118_11.jpg

ポイント:法隆寺~王寺(平成23年5月撮影)
アクセス:両駅のほぼ中間。線路が大和川を越える鉄橋です。
川の土手の道路から撮影できます。また河原へ降りても撮影可能です。
道路には駐車できませんので、少し離れた空き地に止めて歩きます。
終日順光です。
春は菜の花がきれいなところです。

101256_11.jpg

ポイント:王寺駅(平成22年4月撮影)
アクセス:王寺駅は大和路線と桜井線の乗換駅で、近鉄田原本線、生駒線も乗り入れています。
実際は通過駅なので閑散としていますが、構内は広くホームも長く、昔の面影があります。
午前中のほうが光線はよいです。
ホームの間には通過線があり、ホーム屋根さえ気にしなければ車両写真が撮れます。
大阪から進入する列車を望遠レンズで撮ることも可能です。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

撮影地ガイド、JR和歌山線

鉄道写真撮影地ガイド:JR和歌山線(大和高田~五条)

奈良県の大和高田から五条を経て和歌山まで走る長いローカル線です。
大和高田から王寺までは桜井線となります。
奈良と和歌山を結ぶ唯一の路線ですが、実際は大阪回りで近鉄や南海を使ったほうが早いです。
2両編成の105系が全線単線の区間をのんびりと走っています。

113268_11.jpg
ポイント:大和新庄~御所(平成23年5月撮影)
アクセス:大和新庄駅から徒歩30分程度。
国道24号線と並行して東側に線路が走っています。
大型電気店の横に広がる水田です。
自動車は駐車場に止めることになります。
歩道はありませんので自動車に注意してください。
午前中が順光です。

110006_11.jpg
ポイント:御所~玉手(平成23年1月撮影)
アクセス:玉手駅から西へ徒歩5分程度。
線路の南側の水田から撮影。
駅の西側に水田地帯が開けています。
自動車は駅前の空き地に置けます。
バックには葛城山が見えます。
午前中が順光です。
ワイドで水田を入れても、望遠で山々を引きつけて撮っても絵になります。

110001_11.jpg
ポイント:玉手~掖上(平成23年1月撮影)
アクセス:玉手駅から東へ徒歩5分程度。
掖上駅へ向かって山中へ入る手前の水田です。
小さな踏切から撮影。自動車は駅前に置いて歩いたほうがよいでしょう。
インカーブから4両編成が限界です。
午後が順光です。

070178_21.jpg
ポイント:玉手~掖上(平成17年1月撮影)
アクセス:上のポイントから、さらに東へ移動し道路が行き止まりとなり、
山のなかへ入っていく地点です。
築提の上を走る列車がきれいに撮れます。
午後が順光です。

113809_11.jpg
ポイント:吉野口~北宇智(平成23年6月撮影)
アクセス:吉野口と北宇智の中間地点。JRの駅から歩くよりも近鉄吉野線の葛駅からすぐです。
付近の道路は狭くて駐車できませんが、葛駅前には少しスペースがあります。
午前中が順光です。
道路がやや線路の上を通っていますので俯瞰ぎみに撮影できます。

092039_21.jpg
ポイント:吉野口~北宇智(平成16年6月撮影)
アクセス:北宇智駅から徒歩30分程度かかります。
国道24号線から京奈和自動車道へ入るバイパスが線路を越える地点です。
写真の奥に北宇智駅が見えます。
バイパスには自動車は置けませんが付近を探せはスペースはあります。
南向きの撮影のため終日逆光ですが、曇りの日には広がりのある絵づくりができます。

080635_21.jpg
ポイント:大和二見~隅田(平成17年4月撮影)
アクセス:両駅のほぼ中間地点です。
国道24号線が線路を越える歩道から俯瞰気味に撮影します。
自動車は近くの運動公園に止めて歩いてもよい距離です。
やや南向きの撮影のため終日ほぼ逆光です。
周辺の住宅や小屋をどのように避けるかがポイントです。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

ランキングに参加しています
にほんブログ村 鉄道ブログへ
鉄道コム
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
プロフィール

yakuちゃん

Author:yakuちゃん
奈良在住の撮り鉄&チャリ鉄です。88(ハチハチ:だいたいとか、よい加減とかの意味)気分で、撮影日記を中心に(できるだけ)毎日更新しています。

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる